busとは? わかりやすく解説

bus

別表記:バス

「bus」の意味

「bus」は、一般的に公共交通機関一種である「バス」を指す言葉である。バスは、多く人々を運ぶために設計され大型自動車で、定期的なスケジュール運行されることが一般的である。また、「bus」は、コンピュータ電子回路において、データ電源複数部品間で共有するための経路を指すこともある。

「bus」の発音・読み方

「bus」の発音は、IPA表記では /bʌs/ であり、カタカナ表記では「バス」となる。日本人発音する際のカタカナ英語では「バス」と読む。

「bus」の定義を英語で解説

A ""bus"" is a large motor vehicle designed to carry many passengers, typically operating on a regular schedule as a form of public transportation. In the context of computer electronics, a ""bus"" can also refer to a pathway that allows for the sharing of data and power among multiple components.

「bus」の類語

「bus」の類語としては、「coach」や「omnibus」が挙げられる。「coach」は、より長距離移動観光目的使用されるバスを指すことが多い。一方、「omnibus」は、古風な言い方であり、現代ではあまり使用されない

「bus」に関連する用語・表現

「bus」に関連する用語表現として、「bus stop」(バス停)、「bus route」(バス路線)、「bus driver」(バス運転手)、「school bus」(スクールバス)などがある。これらの表現は、バス関連した様々な状況場面で使用される

「bus」の例文

1. I take the bus to work every day.(毎日バス仕事に行く。)
2. The bus was late due to heavy traffic.(交通渋滞のため、バス遅れた。)
3. She waited at the bus stop for 20 minutes.(彼女はバス停20待った。)
4. The bus driver helped the elderly passenger board the bus.(バス運転手は、高齢乗客バス乗るのを手助けした。)
5. The school bus picks up the children every morning.(スクールバス毎朝子供たちを拾う。)
6. The bus route was changed due to construction.(工事のため、バス路線変更された。)
7. He missed the last bus and had to take a taxi.(彼は終バス逃してタクシーに乗らなければならなかった。)
8. The bus was crowded during rush hour.(ラッシュアワーにはバス混雑していた。)
9. She got off the bus at the wrong stop.(彼女は間違ったバス停降りた。)
10. The bus fare increased due to rising fuel costs.(燃料費の上昇により、バス運賃上がった。)

バス【bus】

読み方:ばす

大型乗り合い自動車多数の人を一定の路線・運賃で運ぶ。「路線—」「観光—」「終—」

コンピューター内部で、各装置を結ぶ信号路。CPU内部内部バスCPU外部装置を結ぶ外部バスがある。


BUS


バス [bus]

信号やり取りをする共通の経路のこと。ミキサーのバスは、任意のチャンネルまたは全てのチャンネル送信可能な出力部の配線を指す。バスの例としてステレオミックス、サブミックス、モニターバス、AUXセンド等がある。

バス

【英】bus

バスとは、システムモジュール間で、データ制御情報などをやり取りするための専用通信路のことである。

コンピュータにおける各装置は、バスを通じて結合され、バスを通じてデータやり取りしている。例えば、CPU中央処理装置)も、その他の周辺モジュールとの間はバスで結合され情報やり取りしている。バスはその機能に応じてデータやり取りするタイプの「データバス」、制御情報やり取りする「制御バス」、アドレス情報やり取りする「アドレスバス」などと呼び分けられる。また、用いられる場所に応じてCPU内部にある「内部バス」、CPU外部にある「外部バス」、機器インターフェース増設することで接続される拡張バス」などの区分呼ばれることもある。なお、特定モジュール間でもっぱら専用設けられている通信路は、バスとは呼ばない

バスとは、乗り合いバスから来た用語で、信号伝達経路を、複数電子機器共有して利用している様から付けられたものである例えば、CPU主記憶装置グラフィックカードなどが接続された同じデータ伝送路がデータを運ぶ時、これをデータバスという呼び方をする。なお、速度電圧レベルなどが異な機器をつなぐ場合には、それぞれのバス間にインターフェース用のチップ仲立ちさせて結合する場合もある。バスには、データ複数の線を用いて並行伝送するパラレルバスと、単一の線を用いて直列伝送するシリアルバスがある。かつてはパラレル方式主流であったが、伝送速度が増すにつれて信号線間の干渉問題となり、高速場合は、シリアルバスが有利であると言われている。

情報システム分野で、SOAService Oriented Architecture)というサービス中心システム構築技法提唱されている。サービスをよりモジュラー構成にし、データバスあるいはサービスバスという概念疎結合するという方法論である。ここでは、バスとは、電気信号レベル通信路ではなく、より上位のシステムレベルでのデータサービス機能やり取りするための経路意味するこのようなバスをESBEnterprise Service Bus)と呼んでいる。

接続インターフェースのほかの用語一覧
バス:  BSB  EISAバス  EISA  バス  バス幅  フロントサイドバス  ISAバス

バス[bus]

ミキサーなどで、さまざまな信号入ってくるラインのこと。たいていのミキサースペックにはバス・ラインの数が表記されている。

バス バスのりば Bus/Bus stop

バス (画像をクリックする拡大します)  

Bus

名前 バス; ビュス

バス

(bus から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/07 08:40 UTC 版)

バスbass, bus, buss, bath




「バス」の続きの解説一覧

「bus」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「bus」の関連用語

busのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



busのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2024 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2024 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバスの記事を利用しております。
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS