訪れとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 訪れの意味・解説 

おと‐ずれ〔‐づれ〕【訪れ】

訪れること。訪問。「春の訪れ

便り消息音信

「お前は何時までも次郎さんの—を待つ心算(つもり)か」〈鉄腸雪中梅


おと‐ずれ ‥づれ 【訪】

〔名〕 (動詞おとずれる(訪)」の連用形名詞化

① たずねてくること。たずねること。訪問来訪到来

古今(905‐914)冬・三三八「わがまたぬ年はきぬれど冬草のかれにし人はおとづれもせず〈凡河内躬恒〉」

② ある状態、時節やってくること。

談義本風流志道軒伝(1763)二「粽(ちまき)柏餠おとづれに〈略〉夏の気色を荷(にない)出す」

③ たより。手紙

古今(905‐914)冬・三二七みよし野の山のしらふみわけ入りにし人のおとづれもせぬ〈壬生忠岑〉」

雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「何時までも次郎さんの音信(オトヅレ)を待つ心算(つもり)か」

④ 人や物事動静事情

福翁自伝(1899)〈福沢諭吉雑記「釜次郎は〈略〉糺問の手に掛て居る。所が頓(とん)と音(オト)づれが分らない」

(5) 音をたてること。おとない

右京大夫集13C前)「かけひの水のおとづれ、鹿の声虫の音

(6) 声または音をたてて合図すること。また、その合図。特に茶道で、中立(なかたち)してのち、囲(かこい)にはいるときの合図をいうことがある

浮世草子好色一代男(1682)七「中立(なかたち)あっての、をとづれに、獅子踊の、三味線を弾るる」

(7) 神が恩寵与えること。

*こんてむつすむん地(1610)二「あにまのいつはりたるじゆうと 身を大きにたのむ事は、天よりの御をとづれにたいかんする也」

(8) 贈り物

宗長連歌自註興津藤兵衛尉宛(1517頃)「大方にえやは思はん年の暮 爪木今日のおとつれ」


訪れ

読み方:おとずれ

ラ行下一段活用動詞「訪れる」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

訪れ

作者渡辺淳一

収載図書死化粧
出版社文芸春秋
刊行年月1986.5
シリーズ名文春文庫

収載図書渡辺淳一全集 第1巻 死化粧 光と影
出版社角川書店
刊行年月1996.11

収載図書渡辺淳一自選短篇コレクション 第1巻 医学小説1
出版社朝日新聞社
刊行年月2006.1



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「訪れ」の関連用語

訪れのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



訪れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS