来臨とは?

らい りん [0] 【来臨】

( 名 ) スル
人がある場所へ来ることを敬っていう語。 「是非-されたし」 「弊家へいか)へ-あらん事/自由太刀余波鋭鋒 逍遥


再臨

(来臨 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/03 08:10 UTC 版)

再臨(さいりん)とは、キリスト教神学の用語。復活し、天に昇ったとされるイエス・キリストが世界の終わりの日に、キリスト教徒を天へ導き入れるため、また、世界を義をもってさばくために、再び地上に降りてくることである(『ヨハネの黙示録』を参照のこと)。




  1. ^ 岡山英雄『子羊の王国』いのちのことば社
  2. ^ アリスター・マクグラス『キリスト教神学入門』p.149教文館
  3. ^ 『キリスト教神学入門』p.762
  4. ^ 『キリスト教神学入門』p.762
  5. ^ 『キリスト教神学入門』p.764
  6. ^ ユルゲン・モルトマン『神の到来-キリスト教的終末論』新教出版社
  7. ^ 『子羊の王国』


「再臨」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「来臨」の関連用語

来臨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



来臨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの再臨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS