ナザレのヨセフとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ナザレのヨセフの意味・解説 

ナザレのヨセフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/19 02:11 UTC 版)

聖ヨセフ(ヨゼフとも)[注 1]ヘブライ語: יוֹסֵף‎, ギリシア語: Ἰωσήφ)は、新約聖書に登場するマリアの婚約者、夫にしてイエスの養父。職業は大工であったという[3][注 2]カトリック教会正教会東方教会聖公会およびルーテル教会崇敬されている。カトリック教会では1870年教皇ピウス9世により、全教会の普遍的な守護聖人であると宣言された。祝日は3月19日[注 3]1955年には教皇ピウス12世により、5月1日が労働者聖ヨセフの日に制定された[2]。カトリック教会では「義人で忠実な人である聖ヨセフ」と呼ばれており[4]日本ハリストス正教会では「イオシフ」と呼ぶ[5]




注釈

  1. ^ 新約聖書』では「ヨセフ」として言及されるのみで「ナザレのヨセフ」という表現はない。日本聖書協会の聖書本文検索(新共同訳・口語訳)を参照。
  2. ^ 木材加工業者(佐藤研「イエス」『岩波キリスト教辞典』岩波書店、2002年、66頁)
  3. ^ カトリック教会では祭日。日曜日と重なると翌日に記念する(教皇ベネディクト十六世の2006年3月19日の「お告げの祈り」のことば 聖ヨセフについて”. カトリック中央協議会 (2006年3月19日). 2017年6月30日閲覧。)。カトリック教会の祭日は祝祭日のうちのもっとも重要なものを言う(「祭日」『オックスフォード キリスト教辞典』 E. A. リヴィングストン 編、木寺廉太 訳、教文館、2017年、324頁)。
  4. ^ なお歴代ユダ王たちとの分岐点も違い『マタイ』ではヨシア王の王位を継がなかった息子から分岐するのに対し、『ルカ』ではダビデ王の王位を継がなかった息子から分かれたとされる。
  5. ^ アルケラオスは領主としてかなり評判が悪く、最終的に紀元後6年、領地没収・ガリアへ流刑にされている(『ユダヤ戦記』第2巻、111-113節。『ユダヤ古代誌』第17巻342-343節)。
  6. ^ そもそも、ヨセフ本人がイエスの弟子たちと顔を合わせる話がない。

出典

  1. ^ カシアノ・テティヒ 1989年、15頁。
  2. ^ a b 「ハレの日の聖人たち 聖ヨセフのファジェス」『カトリック生活』ドン・ボスコ社、2018年3月号。14-15頁。
  3. ^ 『マタイ』13:55
  4. ^ 属人区長のメッセージ(2018年3月19日)」『』。2018年5月28日閲覧。
  5. ^ ダヴィド水口優明 編著『正教会の手引』日本ハリストス正教会教団 全国宣教企画委員会、2004年、2013年改訂、191頁。
  6. ^ カシアノ・テティヒ 1989年、159頁。
  7. ^ 『マタイ』1:1-16、『ルカ』3:23-38
  8. ^ 5.聖ヨセフは二度結婚したのですか?」『』。2018年4月10日閲覧。
  9. ^ 『創世記』30:23
  10. ^ 『創世記』30:24
  11. ^ ヘブライ語『創世記』49:26
  12. ^ 『マタイ』2:23
  13. ^ 「聖ヨセフあれこれ」『カトリック生活』ドン・ボスコ社、2018年3月号。12-13頁。


「ナザレのヨセフ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナザレのヨセフ」の関連用語

ナザレのヨセフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナザレのヨセフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナザレのヨセフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS