エルサレムとは? わかりやすく解説

エルサレム

作者涼元悠一

収載図書planetarianちいさなほしのゆめ
出版社ビジュアルアーツ
刊行年月2008.10
シリーズ名VA文庫


エルサレム

名前 Jerusalem

エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/20 14:15 UTC 版)

エルサレムまたはイェルサレムヘブライ語: יְרוּשָׁלַיִם Yerushaláyim; アラビア語: القُدس al-Quds)は、パレスチナにある都市。エルサレムは世界最古の都市の一つであり、エルサレムはユダヤ教キリスト教イスラム教聖市と見なされている。


注釈

  1. ^ イスラエルのネタニヤフ首相は「エルサレムは入植地ではない。我々の首都だ」との見解を示しており、入植地であること自体を認めていない[5]
  2. ^ イスラエル側は、パレスチナ人住居建設は当局の許可が必要と主張している。しかし実際にパレスチナ人の住居建設の許可が下りることは少なく、当局側は「不法」を取り締まっているというよりも、それを口実にパレスチナ人の住居を破壊している[7]
  3. ^ 反対にまわったのはアメリカの他はグアテマラホンジュラスイスラエルマーシャル諸島ミクロネシアナウルパラオトーゴであった。決定に反対する国への援助停止を米政府が表明したため、米国に経済・軍事面で依存する太平洋の島嶼国や中米、アフリカ、東欧などの一部諸国が反対・棄権・欠席に回ったと『朝日新聞』は分析している[11]

出典

  1. ^ a b c d e f “米大使館、エルサレムに移るの?-ニュースを探るQ&A”. 時事通信. (2017年1月27日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012600552&g=use 2017年1月27日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “米大使館のエルサレム移転、5月にも発表か 国際社会は警告”. CNN.co.jp. (2017年1月12日). http://www.cnn.co.jp/world/35094909.html 2017年1月27日閲覧。 
  3. ^ “ガザでの衝突を受け、外務報道官談話”. Qnewニュース. (2018年5月15日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018051508.html 2018年7月11日閲覧。 
  4. ^ 臼杵陽 2009, p. 4-5.
  5. ^ “「エルサレムは入植地ではなく首都」、イスラエル首相が言明”. AFPBB News. (2010年3月23日). https://www.afpbb.com/articles/-/2712203?pid=5527800 2020年7月8日閲覧。 
  6. ^ “バイデン米副大統領、中東和平交渉の進展を促す”. 世界日報. (2010年3月12日). オリジナルの2012年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120310160613/http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/100312-211053.html 2020年7月8日閲覧。 
  7. ^ “東エルサレムのパレスチナ人住居/イスラエルが破壊/和平交渉 再開の動き覆す/国際社会が非難”. しんぶん赤旗. (2010年7月15日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-15/2010071507_01_1.html 2020年7月8日閲覧。 
  8. ^ “【図解】エルサレムの人口比率の変遷”. AFPBB News. (2007年11月26日). https://www.afpbb.com/articles/-/2317343?pid=2396522 2020年7月8日閲覧。 
  9. ^ “トランプ米大統領、エルサレムをイスラエル首都と正式認定”. ロイター. (2017年12月7日). https://jp.reuters.com/article/trump-jerusalem-1206-idJPKBN1E02Z5?il 2017年12月7日閲覧。 
  10. ^ “「エルサレムを首都に認定」トランプ氏が正式表明”. 日本経済新聞. (2017年12月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24356420X01C17A2000000/ 2019年5月19日閲覧。 
  11. ^ “米圧力、揺れた東欧や小国 エルサレム決議に棄権や欠席”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年12月23日). https://www.asahi.com/articles/ASKDQ6DJXKDQUHBI02N.html 2020年7月8日閲覧。 
  12. ^ “Gaza: Deux Palestiniens succombent à leurs blessures infligées lundi, nouveau bilan de 61 morts” (フランス語). 20 Minutes. (2018年5月19日). https://www.20minutes.fr/monde/2274059-20180519-gaza-deux-palestiniens-succombent-blessures-infligees-lundi-nouveau-bilan-61-morts 2018年5月21日閲覧。 
  13. ^ Long Term Climate Information for Israel” (2011年6月). 2012年5月4日閲覧。
  14. ^ Record Data in Israel”. 2012年5月4日閲覧。
  15. ^ Climatological Information for Jerusalem, Israel”. Hong Kong Observatory. 2012年5月4日閲覧。
  16. ^ 笈川博一 2010, p. 223.
  17. ^ 高橋正男 2003, p. 114.



エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/04 19:10 UTC 版)

イングランドの国歌」の記事における「エルサレム」解説

詳細は「エルサレム (聖歌)を参照 ウィリアム・ブレイクの詩「古代あの足が("And did those feet in ancient time")」のもっとも知られているものは、ヒューバート・パリーによる音楽と、エドワード・エルガーによるオーケストレーションによる1922年リーズ音楽祭のための大規模管弦楽のためのものである管弦楽版を初め聞いたときにジョージ5世は『エルサレム』は国歌として『国王陛下万歳』に替わる発言していた。 『エルサレム』は『希望と栄光の国とともにBBCプロムスラストナイト演奏されるのが恒例である。この曲は労働党によって1945年総選挙で、クレメント・アトリーが「我々は『新しいエルサレム』を打ち建てであろう」とキャンペーンスローガンとして使用された。 w:Women's Institute非公式のとなっており、歴史的にNational Union of Suffrage Societiesによって使用されてきた。また保守党党大会おいても歌われてきた。 『エルサレム』は聖ジョージの日イングランド大聖堂教会と礼拝堂儀式退出時の讃美歌のひとつして歌われていた。教会中にはエルサレムの日曜日」にこの讃美歌歌っている。[要出典]「エルサレムの日曜日」とは聖地エルサレム祝福するための日のひとつ世界中英国国教会と同様アメリカ合衆国アメリカ聖公会営まれている。しかし英国国教会聖職者中には、この曲が行き過ぎた民族主義的なものであり、神への祈りではないと考えて教会での使用許可を「拒否していた」、あるいは「拒否してきた」ものもいる。上記の議員討論未定動議のように『エルサレム』に公的な地位与え呼びかけなされてきた。w:Fat Lesによる『エルサレム』の演奏のひとつが、イングランドサッカー協会によってw:UEFA Euro 2000イングランド表の公式ソング採用された。『エルサレム』は2003年以来、イングランド・ウェールズクリケット会議ECB)の公式讃美歌であり、プレー開始テストマッチ前の両方演奏されてきた。しかしw:2010 ICC World Twenty20とw:201011 Ashes seriesでは『女王陛下万歳』が歌われた。

※この「エルサレム」の解説は、「イングランドの国歌」の解説の一部です。
「エルサレム」を含む「イングランドの国歌」の記事については、「イングランドの国歌」の概要を参照ください。


エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 15:02 UTC 版)

planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の記事における「エルサレム」解説

2007年7月27日発売挿入歌 - brave new world作詞 / 作曲 / 編曲八木沼悟志、歌 : fripSide

※この「エルサレム」の解説は、「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の解説の一部です。
「エルサレム」を含む「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の記事については、「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の概要を参照ください。


エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 05:00 UTC 版)

第2回十字軍」の記事における「エルサレム」解説

西欧からの軍勢はようやくエルサレムで全軍集結したが、戦意低く、既にエルサレムに来たことで巡礼目的果たした考えて帰りたがる者も多かったまた、現地十字軍国家(旧エデッサ伯領アンティオキア公国トリポリ伯領エルサレム王国)からの参加無かった。 しかし、エルサレム国王ボードゥアン3世元でアッコにおいて軍議が行われ、政情不安比較的弱いと考えられダマスカス地方政権ブーリー朝)を攻めることになったエルサレム王国多くの臣下たちは、これを馬鹿げた考えだと反対した。ダマスカスザンギー朝とは古くから対立しており、1140年ダマスカス領主ムイーヌッディーン・ウヌルエルサレム王国軍の救援ザンギーの軍を追い払って以来ダマスカスエルサレム王国同盟関係にあっためである。しかし、エルサレムやアンティオキアとともに聖書にも登場する聖都ダマスカス手に入れ、この遠征正当化する成果としたい西欧諸国側に現地十字軍国家側は結局押し切られた。

※この「エルサレム」の解説は、「第2回十字軍」の解説の一部です。
「エルサレム」を含む「第2回十字軍」の記事については、「第2回十字軍」の概要を参照ください。


エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 19:40 UTC 版)

イスラエル・ヨルダン平和条約」の記事における「エルサレム」解説

イスラエルは、エルサレムにあるイスラム教神殿におけるヨルダン特別な役割認識し恒久的地位に関する交渉の際、ヨルダンの歴史役割優先させる

※この「エルサレム」の解説は、「イスラエル・ヨルダン平和条約」の解説の一部です。
「エルサレム」を含む「イスラエル・ヨルダン平和条約」の記事については、「イスラエル・ヨルダン平和条約」の概要を参照ください。


エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 03:12 UTC 版)

米以関係」の記事における「エルサレム」解説

1967年六日戦争による東エルサレム占領以降イスラエル東エルサレム併合し、エルサレムに編入した。そしてそこに住むアラブ人アラブ人官公庁舎隣にユダヤ人入植させ、ユダヤ人住宅建設してきた。イスラエルはエルサレムを併合し永久かつ分割することのできない我々の資産になった主張してきた。アメリカはこの立場同意しておらず、エルサレムの最終的な地位未だに交渉議題であると信じている。これはエルサレムの国際的な分割統治呼びかけた1947年国連パレスチナ分割案に基づいている。この立場他のほとんどの国とシオニスト指導者によって受け入れられが、アラブ諸国拒否したその結果、エルサレムも係争となった国境線上に位置していたため、ほとんどの国は1967年以前はテルアビブ大使館設置していた。1993年9月イスラエルパレスチナ自治政府の間で基本原則宣言オスロ合意署名され交渉議題となったパレスチナ最終的な地位国家に近いものであるとされた。アメリカ政府エルサレムの地位未解決であったため、アメリカ大使館テルアビブから移動させない方針一貫して示してきた。 しかし、1995年議会両院大使館1999年5月31日までにエルサレムに移動させるエルサレム大使館法を圧倒的多数可決させ、さらに国務省が法を遵守しなかった場合罰則規定提案した大使館移動に対する行政府妨害は、議会外交政策に対する干渉という憲法上疑問点あるだけでなく、国家の安全保障上の利害基づ一連の大統領権利放棄すべての次の政権による大使館移動遅らせてきたため、クリントン政権において成立した。 エルサレムにあるアメリカ総領事館は、1844年ヤッファ門内に設立された。常設領事事務室1856年に同じ建物内設置された。在外大使館Street of the Prophets[訳語疑問点]への移転19世紀後半行われ1912年には現在のアグロン通りへと移転された。東エルサレムのにナブルス・ロードにある総領事館1868年にアメリカン・コロニー・ホテルのオーナーであるヴェスター家によって建てられた。2006年、アグロン・ロードのアメリカ総領事館はより広いスペースを確保するため、隣接する1860年代建てられ修道院借りた2010年3月デヴィッド・ペトレイアス将軍中東和平交渉進展欠如は「反米主義助長し穏健なアラブ政権との関係を傷つけアメリカとの協力強さ深さの点において制限しイラン影響力高めアメリカイメージ弱めることを意図しアルカイダ人材集めるための潜在的な道具になっている」というマックス・ブートの主張において引用された。ジャーナリストフィリップ・クライン質問したとき、ペトレイアスはブート主張が「都合の良い部分抽出し」ており、「偏りがある」と語った。He believes there are many important factors standing in the way of peace, including “a whole bunch of extremist organizations, some of which by the way deny Israel’s right to exist. Theres a country that has a nuclear program who denies that the Holocaust took place. So again we have all these factors in there. This [Israel] is just one."。 米以関係2010年3月ジョー・バイデン副大統領イスラエル訪問中にイスラエル東エルサレムのラマト・シュロモに1600戸の新し住宅建設中であると発表し緊張走ったヒラリー・クリントン国務長官はこの動きについて、「侮辱的である」と表現したイスラエル発表タイミング不適切だったとして謝罪した

※この「エルサレム」の解説は、「米以関係」の解説の一部です。
「エルサレム」を含む「米以関係」の記事については、「米以関係」の概要を参照ください。


(1) エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 21:28 UTC 版)

ヘレフォード図」の記事における「(1) エルサレム」の解説

TO図形式則り地図中心に描かれる

※この「(1) エルサレム」の解説は、「ヘレフォード図」の解説の一部です。
「(1) エルサレム」を含む「ヘレフォード図」の記事については、「ヘレフォード図」の概要を参照ください。


エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 20:47 UTC 版)

併合」の記事における「エルサレム」解説

第三次中東戦争でのイスラエルの占領区域のうちエルサレム東部併合されるヨルダン川西岸地区ガザおよびゴラン高原イスラエルによる法的位置付け占領地のままとされる

※この「エルサレム」の解説は、「併合」の解説の一部です。
「エルサレム」を含む「併合」の記事については、「併合」の概要を参照ください。


エルサレム(ヨルダンによる申請)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 04:42 UTC 版)

世界遺産の一覧 (アジア)」の記事における「エルサレム(ヨルダンによる申請)」の解説

画像登録名登録年分類登録基準ID備考 エルサレムの旧市街とその城壁1981年 文化 (2), (3), (6) 148 第1回臨時世界遺産委員会での登録。危機遺産1982年 - )

※この「エルサレム(ヨルダンによる申請)」の解説は、「世界遺産の一覧 (アジア)」の解説の一部です。
「エルサレム(ヨルダンによる申請)」を含む「世界遺産の一覧 (アジア)」の記事については、「世界遺産の一覧 (アジア)」の概要を参照ください。


エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 03:06 UTC 版)

至聖三者大聖堂」の記事における「エルサレム」解説

至聖三者大聖堂 (エルサレム)(ru:Свято-Троицкий собор (Иерусалим)) - エルサレム(イスラエル)にある聖堂

※この「エルサレム」の解説は、「至聖三者大聖堂」の解説の一部です。
「エルサレム」を含む「至聖三者大聖堂」の記事については、「至聖三者大聖堂」の概要を参照ください。


エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 15:02 UTC 版)

planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の記事における「エルサレム」解説

世界大戦により国家という概念はすでに瓦解し戦争目的が国間の争いから人対自戦闘兵器へと移った時代南米パタゴニアのある教会に、一人狙撃兵立て篭もっていると報告受けた南米統合軍は、説得または排除のためにマードック曹長所属する一個小隊派遣した。しかし、狙撃兵説得受け入れず小隊一人また一人狙撃されていく。残されたマードック絶望的な状況の中、双眼鏡中に狙撃兵の姿を捉える。それは、一人美し修道女であった

※この「エルサレム」の解説は、「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の解説の一部です。
「エルサレム」を含む「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の記事については、「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の概要を参照ください。


エルサレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 15:02 UTC 版)

planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の記事における「エルサレム」解説

担当声優全てドラマCD版マードック 声 - 大塚明夫 南米統合軍狙撃兵階級兵曹長イギリスコッツウォルズ出身狙撃兵としての知識経験は豊富。 デイビッド・サリンジャー 声 - 石田彰 統合軍一人で特務上等兵本人曰く階級以上の権限本部から与えられている統合軍行動ムービーカメラ記録している。威勢良い口だけ戦場で経験乏しく、血や死体見るだけ悲鳴をあげるほど臆病であるお守りとしてロザリオを身につけている。 シスター 声 - 増田ゆき 南米パタゴニアのある教会立て篭もっている狙撃兵真っ黒な修道服着た金髪の修道女で、グレイブウォッチャー(墓守り銃)と呼ばれる強力な狙撃銃片手抱えている。交渉応じようとはしないマンソン 声 - 奥田啓人 統合軍リーダー的存在であり階級中尉。常に冷静であり、言い争いをする部下たちを叱咤激励することもある。 グエン・チャウ 声 - 櫛田泰道 統合軍一人で階級上等兵状況進展しないことに苛立っており他の隊員と言い争ってしまう。故郷の国はなくなっており身寄りもない。サリンジャーとは特に相性悪く彼のことを「おかま野郎」と呼んでいる。 ダニエル・ディアス 声 - 遠藤大輔 統合軍一人で階級軍曹パワードスーツ着用している。マードックたちとは離れた場所待機しており、マードックらと繋が無線自己判断切っている。

※この「エルサレム」の解説は、「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の解説の一部です。
「エルサレム」を含む「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の記事については、「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エルサレム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

エルサレム

出典:『Wiktionary』 (2021/10/16 12:51 UTC 版)

固有名詞

  1. イスラエル都市
  2. 12世紀末から13世紀末まで存在した十字軍国家エルサレム王国

翻訳


「エルサレム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



エルサレムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エルサレム」の関連用語

エルサレムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エルサレムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエルサレム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイングランドの国歌 (改訂履歴)、planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜 (改訂履歴)、第2回十字軍 (改訂履歴)、イスラエル・ヨルダン平和条約 (改訂履歴)、米以関係 (改訂履歴)、ヘレフォード図 (改訂履歴)、併合 (改訂履歴)、世界遺産の一覧 (アジア) (改訂履歴)、至聖三者大聖堂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエルサレム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS