ブリュッセルとは? わかりやすく解説

ブリュッセル【(オランダ)Brussel/(フランス)Bruxelles】

読み方:ぶりゅっせる

ベルギー王国首都中世以来交通商工業要地として繁栄歴史的建造物を残す美しい街として知られEU欧州連合)やNATO北大西洋条約機構)の本部がある。英語名ブラッセルズBrussels)。人口行政区15都市圏1442007)。

ブリュッセルの画像
中心部にある王宮(現在は王族住んでいない)

ブリュッセル【ブリュッセル】(草花類)

※登録写真はありません 登録番号 第9072号
登録年月日 2001年 6月 26日
農林水産植物の種類 カーネーション
登録品種の名称及びその読み ブリュッセル
 よみ:ブリュッセル
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅 2001年 6月 26日
品種登録者の名称 ハイブリダ有限会社
品種登録者の住所 イタリア共和国 18038 サンレモIM) ストラダ ヴィレッタ 19
登録品種の育成をした者の氏名 サピア フラビオ
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、育成者所有育成系統どうしを交配して育成されたものであり、花は鮮赤紫地色に濃赤紫色中心濃色が入る平咲で、小輪の1花茎当たりの花数がやや少、花柄当たりの最多花数が少の鉢物及び花壇向きの品種である。草姿開張開花草丈は低、節数は中である。長径はやや細、硬さは中、色は灰緑、ろう質の有無は多、立数及び1側芽及び側枝数は中、側枝着生位置は主に上部節間長はやや短、最長節間位置第5節である。全体の形は線形先端部の形はややとがる、葉巻き程度は少し巻く、最大葉長はかなり短、幅は狭、葉色は緑、ろう質は少である。つぼみの形は楕円形大きさは小、花の重ねは半八重、上から見た花形円形側面から見た花形は平咲、花径は小、表面地色は鮮赤紫JHS カラーチャート9207)、複色模様色は濃赤紫(同9509)、裏面花色は鮮赤味紫(同8906)、色彩模様中心濃色花弁波状程度波状鋸歯深さは浅、数はやや少、花弁長さはやや短、幅はやや狭、数は少、ほう葉の形Ⅱ型、数は4長さはやや短、がくの形は円柱形がく筒の色は淡緑+紫、がくの太さはやや細、長さはやや短、1花茎当たりの花数はやや少、花柄当たりの最多花数は少、花の香りは無である。開花習性四季咲き早晩性はやや晩生、がく割れ難易性は難である。「カンピ」と比較して側面から見た花形が平咲であること、花の表面の複色模様色が濃赤紫であること等で区別性認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、1994年育成者ほ場イタリア共和国)において、育成者所有育成系統どうしを交配しその実生の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し1996年にその特性が安定していることを確認して育成完了したのである



ブリュッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/06/08 03:06 UTC 版)

ブリュッセル首都圏地域フランス語: Région de Bruxelles-Capitaleオランダ語: Brussels Hoofdstedelijk Gewest英語: Brussels-Capital Region)、通称ブリュッセルフランス語: Bruxelles [bʁysɛl] ( 音声ファイル)オランダ語: Brussel [ˈbrʏsəɫ] ( 音声ファイル)ドイツ語: Brüssel [ˈbʀʏsl]英語: Brussels [ˈbɹʌs(ə)ɫ̩z]、ブラッセル)は、ベルギー首都。域内に憲法上の首都であるブリュッセル市があるが、実際にはブリュッセル首都圏地域全体で首都機能を果たしている。名称は「湿地(bruoc、bruc、broek)」、「(sella、zele)」という単語から来ている。


注釈

  1. ^ ベルギー資本とAEGが1898年に設立し、後にゼネラル・エレクトリックも参加した、金融と電気事業のコングロマリットまたは独占体である。フランスのトムソン・ハウストンおよびSOCIÉTÉ CENTRALE POUR L’INDUSTRIE ÉLECTRIQUE、それからドイツのGesellschaft für elektrische Unternehmungen と資本関係があった。節税のためカナダに子会社を展開したことをきっかけに、現地の政治経済から影響を受けるようになった。子会社と呼ぶには大きすぎる多国籍企業を二つ抱えている。一つはアルフレッド・ルーヴェンスタインがつくったSIDRO、そしてマドリードCHADE(AEGが設立、シーメンスも参加)である。
  2. ^ 多国籍企業の多くが本店・支店を構える一方で、Cantillon Brewery のような地場産業もある。
  3. ^ 仏語 l'Institut colonial international 英語 International colonial institute
  4. ^ パリを主体に植民地の行政官、学者、政治化が集い、そこにはジャン=バティスト・デカンも含まれた。:MS IIIC, D.IV. 89: note '20e session, à Bruxelles sous la présidence du Prince Léopold' (1929).

出典

  1. ^ a b c Évolution annuelle de la population par sexe” (XLS). Institut Bruxellois de Statistique et d'Analyse (2014年7月9日). 2014年12月5日閲覧。
  2. ^ Xinhua-Dow Jones International Financial Centers Development Index(2013) 2013年9月15日閲覧。
  3. ^ Read @Kearney: A question of talent: how human capital will determine the next global leaders” (英語). www.kearney.com. 2020年2月15日閲覧。
  4. ^ 「ビジュアルシリーズ世界再発見4 イギリス・中央ヨーロッパ」p75  ベルテルスマン社、ミッチェル・ビーズリー社編 同朋舎出版 1992年5月20日第1版第1刷発行
  5. ^ ベルギーの首都ブリュッセル陥落(『東京日日新聞』昭和15年5月19日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p368 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  6. ^ WSJ ブリュッセルで緊縮財政に抗議する大規模デモ―数十人負傷、催涙ガスも 2014年11月7日 13:37 JST
  7. ^ Monthly normals for Uccle, Brussels”. KMI/IRM. 2012年6月11日閲覧。
  8. ^ 「世界民族問題事典」(新訂増補)p1030 平凡社 2002年11月25日新訂増補第1刷
  9. ^ 「ベルギーを知るための52章」pp112-114 小川秀樹編著 明石書店
  10. ^ Belgium - postal codes”. Geonames (2007年). 2008年8月4日閲覧。
  11. ^ Anderlecht”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  12. ^ Auderghem”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  13. ^ Berchem-Sainte-Agathe”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  14. ^ City of Brussels”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  15. ^ Etterbeek”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  16. ^ Evere”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  17. ^ Forest”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  18. ^ Ganshoren”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  19. ^ Ixelles”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  20. ^ Jette”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  21. ^ Koekelberg”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  22. ^ Molenbeek-Saint-Jean”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  23. ^ Saint-Gilles”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  24. ^ Saint-Josse-ten-Noode”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  25. ^ Schaerbeek”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  26. ^ Uccle”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  27. ^ Watermael-Boitsfort”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  28. ^ Woluwe-Saint-Lambert”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  29. ^ Woluwe-Saint-Pierre”. Région bruxelloise - Brussels Gewest. 2014年12月5日閲覧。
  30. ^ 『ベルギーを知るための52章』p287 小川秀樹編著 明石書店
  31. ^ 『ことりっぷ海外版 ベルギー・オランダ ルクセンブルク』昭文社、2016年、30頁。ISBN 978-4-398-15472-9 
  32. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年8月19日閲覧。
  33. ^ 谷克二『ブリュッセル歴史散歩 中世から続くヨーロッパの十字路』日経BP企画、2009年、135頁。ISBN 978-4-86130-422-4 
  34. ^ 「ベルギー3地域と「友好交流及び相互協力に関する覚書」締結」
  35. ^ Sister Cities”. Beijing Municipal Government. 2008年9月23日閲覧。
  36. ^ Mapa Mundi de las ciudades hermanadas”. Ayuntamiento de Madrid. 2012年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月22日閲覧。
  37. ^ Foreign relations of Moscow”. Mos.ru. 2010年6月29日閲覧。[リンク切れ]
  38. ^ Prague Partner Cities” (Czech). 2009 Magistrát hl. m. Prahy. 2009年7月2日閲覧。
  39. ^ Twinning Cities: International Relations” (PDF). Municipality of Tirana. www.tirana.gov.al. 2011年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月23日閲覧。
  40. ^ Protocol and International Affairs”. DC Office of the Secretary. 2008年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月12日閲覧。



ブリュッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 00:20 UTC 版)

フィンセント・ファン・ゴッホ」の記事における「ブリュッセル」の解説

同年1880年10月、絵を勉強しようとして突然ブリュッセルに出て行った。そして、運搬夫、労働者少年兵隊などをモデルデッサン続けたまた、この時、ブリュッセル王立美術アカデミー在籍していた画家アントン・ファン・ラッパルト交友を持つようになったファン・ゴッホ自身も、ハーグ派画家ヴィレム・ルーロフスから、本格的に画家を目指すであればアカデミーに進むよう勧められた。同年11月第1週から、同アカデミーの「アンティーク作品からの素描」というコース登録した記録残っており、実際に短期間出席したものと見られている。また、名前は不明だが、ある画家から短期間遠近法解剖学のレッスン受けていた。

※この「ブリュッセル」の解説は、「フィンセント・ファン・ゴッホ」の解説の一部です。
「ブリュッセル」を含む「フィンセント・ファン・ゴッホ」の記事については、「フィンセント・ファン・ゴッホ」の概要を参照ください。


ブリュッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/06 04:21 UTC 版)

国際婦人年」の記事における「ブリュッセル」の解説

女性対す犯罪に関する国際法廷創設計画したIWYだが、ようやく1976年3月4日から同月8日会期にブリュッセル(ベルギー)で開催される会議資金調達制約により40カ国2000人の女性受け入れ登壇者さまざまな形女性が受ける経済的搾取暴力取り上げた。同会議の最も重要な成果として国際フェミニストネットワークの創設を見る。

※この「ブリュッセル」の解説は、「国際婦人年」の解説の一部です。
「ブリュッセル」を含む「国際婦人年」の記事については、「国際婦人年」の概要を参照ください。


ブリュッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/19 05:40 UTC 版)

フランチェスコ・デ・タシス2世」の記事における「ブリュッセル」の解説

フランチェスコ2世メヘレン生まれ、ブリュッセルで没した祖父フランチェスコ1世のときから、ブリュッセルは帝国郵便網のセンターであったフェリペ1世フアナ結婚する前、フェリペ1世政庁がブリュッセルにあったフランチェスコ1世は、1501年フェリペ1世からブリュッセル郵便局長任命された。 フェリペ1世の父マクシミリアン1世は、マリー・ド・ブルゴーニュとの結婚によりネーデルラントを手にした。郵便事業干渉するばかりで経済的に報いてくれないマクシミリアンインスブルック政庁から、フランチェスコ1世逃げるようにしてネーデルラントのブリュッセルへやってきた。それが局長任命までの経緯である。 1505年1月18日フェリペ1世はブリュッセルでフランチェスコ1世旨味のある郵便事業契約結んだリールにある会計検査院から毎年1万2000ルーブル受け取代わりフランチェスコ1世国王郵便建設郵便事業責任持った傍ら商用郵便旅行業許された。そしてその収入フランチェスコ1世のものとなった契約によると、原郵便網はブリュッセルを起点とする三叉路であった。すなわち、マクシミリアンインスブルックフランス王宮廷パリ、そしてスペイン宮廷へ延びた。この三叉路幹線として瞬く間欧州中へ脈を張った17世紀通しタクシス家はスペイン王室仕えたこの間居住地はブリュッセルであった1702年から居住地フランクフルト移し始めた1748年レーゲンスブルクへの移住決まったフランクフルト同家宮殿出来たばかりであったが、帝国議会に近いザンクト・エメラム修道院宮殿住んで皇帝特別主席代理務め機会優先したウィーン会議のあった1815年郵便管理していた事業一部ベルギーのものとなった1670年姻族から譲り受けたブレン・ル・シャトーは長らくタクシス家の社会的地位支えたが、ベルギー独立革命などを受けて1835年ネーデルラント有する他の所有地と併せて売却された。19世紀の間はずっと、レーゲンスブルクのあるバイエルン土地を買い漁った。

※この「ブリュッセル」の解説は、「フランチェスコ・デ・タシス2世」の解説の一部です。
「ブリュッセル」を含む「フランチェスコ・デ・タシス2世」の記事については、「フランチェスコ・デ・タシス2世」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブリュッセル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ブリュッセル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ブリュッセルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ブリュッセル」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブリュッセル」の関連用語

ブリュッセルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブリュッセルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブリュッセル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフィンセント・ファン・ゴッホ (改訂履歴)、国際婦人年 (改訂履歴)、フランチェスコ・デ・タシス2世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS