ワッフルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ワッフル > ワッフルの意味・解説 

ワッフル【waffle】

卵黄砂糖牛乳かきまぜ小麦粉膨らし粉加え、型に入れて焼いた洋菓子。バター・ジャムなどを挟んで二つ折りにしたりする。

ワッフルの画像

ワッフル

ワッフル
主に、フーデッドパーカの裏地張り付けられた。サーマル地の俗称サーマル表面が、焼き菓子のワッフルに似ていることからこう呼ばれた。60年代70年代によく見られる


ワッフル

蜂の巣に似た模様鉄板型に種を流し、もう一枚鉄板で挾んで焼いた菓子間にクリ-ムジャムを挾む。元来ドイツ語から来た言葉である。 日本のワッフルは独自のものでスポンジ種を長円形に焼いて二つ折りにし、クリ-ム等を挾んだ菓子をいう。

ワッフル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 01:20 UTC 版)

ワッフル英語waffleオランダ語wafelフランス語gaufre)は、焼き菓子の一種。本来は小麦粉鶏卵バター牛乳砂糖イーストなどを混ぜ、醗酵させて作った生地を、格子模様などを刻んだ2枚の鉄板(ワッフル型)に挟んで焼き上げた菓子である。速成パンに分類される。ベルギーの首都ブリュッセルリエージュのものが有名であり、「ベルギーワッフル」とも呼ばれる。




「ワッフル」の続きの解説一覧



ワッフルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワッフル」の関連用語

ワッフルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワッフルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Red cloudRed cloud
Copyright©2021. Red cloud Co.,Ltd All rights reserved
イシハライシハラ
Copyright (C) 2021 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワッフル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS