台所とは? わかりやすく解説

だい‐どころ【台所】

家の中食物調理炊事をする場所。厨(くりや)。勝手。炊事場だいどこ

会社団体などの内部で、金銭出し入れをする所。また、金銭上のやりくり。「会社の—を預かる」「—は火の車だ」

[補説] 書名別項。→台所


だいどころ【台所】


だい‐どこ【台所】


台所

読み方:ダイドコロ(daidokoro)

四間取り出居の奥隣の板間をよぶが、土間含め場合もある。


台所

作者大仏次郎

収載図書冬の紳士
出版社講談社
刊行年月1995.3
シリーズ名大衆文学


台所

作者坂上弘

収載図書台所
出版社新潮社
刊行年月1997.7

収載図書川端康成文学賞作品 2
出版社新潮社
刊行年月1999.6


台所

作者多和田葉子

収載図書きつね月
出版社新書館
刊行年月1998.2


台所

作者岩佐芳一

収載図書ぼくの音楽隊
出版社文芸社ビジュアルアート
刊行年月2007.8


台所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/15 23:56 UTC 版)

台所(だいどころ)とは、屋内において調理を行うために設けられた場所である。流し台給水設備排水設備)、加熱調理器(コンロ)、換気設備換気扇)、作業台、収納庫と作業空間から構成される。




  1. ^ a b c d e f キッチンの歴史 キッチン・バス工業会、2017年5月15日閲覧。
  2. ^ 2011年12月8日(木曜)放送、NHK『クローズアップ現代』番組内の解説を一部参考。
  3. ^ a b 宮崎 2009, pp. 128-159.
  4. ^ ドイツ製キッチンの魅力とは?~世界のハウズから~ リフォーム産業新聞、2017年5月15日閲覧。
  5. ^ a b キッチンの歴史 大正デモクラシーの時代 キッチン・バス工業会、2017年5月15日閲覧。
  6. ^ キッチンの歴史 ステンレス流し台の普及 キッチン・バス工業会、2017年5月15日閲覧。
  7. ^ キッチンの歴史 システムキッチンの登場 キッチン・バス工業会、2017年5月15日閲覧。
  8. ^ 宮崎 2009, pp. 22-26.
  9. ^ 宮崎 2009, p. 108.
  10. ^ 国内事業の構造改革の実施関するお知らせ:ノーリツ
  11. ^ ノーリツが希望退職で600名を削減 住宅システムから撤退 不景気ニュース
  12. ^ ノーリツ、住宅システム分野の生産開発から撤退 日本経済新聞2019年11月27日付け


「台所」の続きの解説一覧

台所

出典:『Wiktionary』 (2021/07/18 12:26 UTC 版)

この単語漢字
だい
第二学年
ところ > どころ
第三学年
重箱読み

名詞

(だいどころ)

  1. 主に一般住宅において調理行う場所流し台焜炉こんろ換気扇作業台、収納庫などと作業空間から構成される。
  2. 金銭やりくり家計
  3. 歴史)(一般に敬称「御」をつけ)武家主人正妻

語源

関連語

翻訳


「台所」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「台所」の関連用語

台所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



台所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの台所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの台所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS