コーニスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 外国人名の読み方 > コーニスの意味・解説 

コーニス [1] 【cornice】

ギリシャ・ローマ建築において、エンタブレチュア最上部の平帯また、一般に洋風建築の軒・壁の頂部、階と階の区切りなどを取り巻く帯状装飾蛇腹じやばら)。 → オーダー

コーニス

名前 Cornis

コーニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/02 23:51 UTC 版)

コーニス(イタリア語:Cornice)は建物あるいは壁を完成させる水平な形作られた突起部であり、あるいはエンタブラチュア(柱に支えられる水平部)の上方の傾斜した部分である。イタリア語のコーニスは水平の出っ張りを意味する。


  1. ^ The geisa of the Doric porch of Philo at Eleusis are labeled as γεῖσα Δωρικά (horizontal geisa with mutules) and γεῖσα Ἰωνικά (vertical geisa without mutules) - Robertson 382.
  2. ^ 現代建築では庇に対照できる


「コーニス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コーニス」の関連用語

コーニスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コーニスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーニス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS