戸口とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 戸口 > 戸口の意味・解説 

こ‐こう【戸口】


と‐ぐち【戸口】

読み方:とぐち

戸の立ててある、家の出入り口


戸口

読み方:ココウkokou

律令制下の戸の構成員

別名 家口(かこう)


戸口

作者河野多恵子

収載図書鳥にされた女河野多恵子自選短篇集
出版社学芸書林
刊行年月1989.6


戸口

読み方:とぐち

  1. 口ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・鳥取県
  2. 口腔。〔第二類 人物風俗
  3. 口腔を云ふ。

分類 鳥取県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

戸口

読み方:トグチ(toguchi)

所在 埼玉県坂戸市


戸口

読み方:トグチ(toguchi)

所在 新潟県三条市


戸口

読み方:トグチ(toguchi)

所在 鹿児島県大島郡龍郷町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

戸口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 04:30 UTC 版)

日本人の姓のひとつ。




「戸口」の続きの解説一覧

戸口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:36 UTC 版)

東村 (茨城県)」の記事における「戸口」の解説

大正13年現在。人口3936、戸数685大字男女戸中(なか) 303 289 592 96 永國ながくに142 125 267 45 小岩田(こいわだ) 144 146 290 47 大岩田(おおいわだ) 342 344 686 120 烏山(からすやま) 135 151 286 45 摩利山新田(まりやましんでん43 50 93 13 中村西根なかむらにしね) 333 315 648 104 乙戸(おっと) 215 229 444 68 右籾(みぎもみ) N/A N/A 630 147

※この「戸口」の解説は、「東村 (茨城県)」の解説の一部です。
「戸口」を含む「東村 (茨城県)」の記事については、「東村 (茨城県)」の概要を参照ください。


戸口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 03:04 UTC 版)

福定町」の記事における「戸口」の解説

福定にはいつ頃からひとが住むようになったのか、集落いつ頃できたのかははっきりしたことはわからない1565年亀井氏杉原氏との戦がこの弓浜北門で戦われ、その戦火焼けたとされる建造物大将軍社祇園社白雲山妙寺塔婆堂など)が福定には多くある。これらにより戦国時代には相当の集落があり、多くの住民住んでいたろう推測されている。 家数 人数(『福定村諸事書上帳』)は文久2年1862年79軒、410明治24年1891年)の戸数93人口448、船13

※この「戸口」の解説は、「福定町」の解説の一部です。
「戸口」を含む「福定町」の記事については、「福定町」の概要を参照ください。


戸口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 06:22 UTC 版)

阿蘇村」の記事における「戸口」の解説

明治42年末 - 現住人口3602人(男1802、女1800)。戸数587昭和11年末 - 現住人口3742人(男1831、女1911)。戸数625

※この「戸口」の解説は、「阿蘇村」の解説の一部です。
「戸口」を含む「阿蘇村」の記事については、「阿蘇村」の概要を参照ください。


戸口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 21:42 UTC 版)

大御門村」の記事における「戸口」の解説

1892年戸数227人口1145。

※この「戸口」の解説は、「大御門村」の解説の一部です。
「戸口」を含む「大御門村」の記事については、「大御門村」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「戸口」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

戸口

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:55 UTC 版)

名詞

  1. (ここう)戸数人口
  2. とぐち 参照

発音(?)

こ↗こー

関連語


「戸口」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



戸口と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戸口」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||


8
98% |||||


10
76% |||||

戸口のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戸口のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戸口 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東村 (茨城県) (改訂履歴)、福定町 (改訂履歴)、阿蘇村 (改訂履歴)、大御門村 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの戸口 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS