参照とは?

参照

読み方:さんしょう

参照とは、情報整理したり考え深めたりするための手がかりとして、他の情報などに接し、元の情報対比したり考え合わせたりすること。理解の手助けとして用意された情報源目をやること。

参照という行為は、もっぱら図表書籍といった文書文献)に接す行動指して用いられる。「資料照らし合わせる」という点に焦点あたっており、「資料元に考え深める」というニュアンス希薄といえる資料(や意見)を元に考え深める、という部分焦点当てる場合は「参考」という表現が用いられる。

「参照」は、英語では文脈に応じて refer、comparesee、consult などの語に訳される。

refer は「情報拠り所目を向ける」「役に立つ情報差し向ける」という意味の単語である。「引き合いに出す」「言及する」「辞書を引く」といった意味合いも含む。

compare は「比べる」という意味の単語である。並べて見比べる対照する、というニュアンスがある。

see は「見る」という意味の単語で、特に「よく見る」「目で捉える」というニュアンスがある。日本語論文などで参考文献示して「~を参照。」と述べる箇所は英語では「see」を使って表現される。

consult は「(専門家の)助言聞く」「コンサルタント務める」という意味を中心とするが、「辞書参考書調べる」および「考慮に入れる」という意味・用法もある。

参照という表現は、これら「情報目を向ける」「並べて見比べる」「見る」「調べる・顧慮する」という意味合い包含するといえる

さん‐しょう〔‐セウ〕【参照】

[名](スル)照らし合わせて、参考にすること。参看。「付図を参照する」


参照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/06 08:38 UTC 版)

参照 (さんしょう):




「参照」の続きの解説一覧

参照

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:27 UTC 版)

名詞

さんしょう

  1. 考える助けにするなどのために、資料その他を照らし合わせて見ること。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
参照-する

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「参照」の関連用語

参照のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



参照のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの参照 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの参照 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS