意味合いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 意味 > 意味合いの意味・解説 

いみ‐あい〔‐あひ〕【意味合(い)】

読み方:いみあい

他の物事表現とのかかわりにおいて帯びる意味。また、それとなく示される意味内容。「なるほどそういう—があったのか」


意味合い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 16:48 UTC 版)

東夷」の記事における「意味合い」の解説

周代以前の「夷」は現在の江蘇省山東省付近に住んでいた民族指していた。そのころの「夷」の意味合いとして『後漢書』東夷伝に以下のように記されている。 「 『礼記王制篇に「東方のことを夷という。夷とは根本の意味である」とあり、その意味は「恵み育て生命尊重することで、万物土地根ざしてできるものである」となる。そのため、東夷諸民族は生まれつき従順で道理をもってすれば容易に治められるといい、君子の国や不死の国 があるとさえいわれる。 」 このように初めの「夷」には侮蔑的な意味合いは見受けられず、むしろ好意的な印象を受ける。しかし周代以降現在の江蘇省山東省付近に斉やといった漢民族系の国々建国され東夷呼ばれた人々漢民族同化されていくと、「東夷」という言葉現在の中国東北部朝鮮半島住んでいた人々、すなわち濊・貊・倭・韓といった諸民族を指す用語となった。 しかし、中国東北部東夷おいても東夷一般に心穏やか行動し、心に謹むことを慣習としている。これは他の三方蛮夷北狄西戎南蛮)と異なるところである」 と記し、また「東夷諸国夷狄の邦(くに)といえども俎豆(そとう) の礼がある。中国ではすでにその礼を失ってしまったが、東夷ではそれがまだ信じられている」 と記していることから侮蔑というよりむしろ敬意を感じる。

※この「意味合い」の解説は、「東夷」の解説の一部です。
「意味合い」を含む「東夷」の記事については、「東夷」の概要を参照ください。


意味合い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:39 UTC 版)

検索」の記事における「意味合い」の解説

広辞苑1998年11月改訂第5版までは、「検索の意味として単に「調べさがすこと」、用例として「索引で語を検索すると書かれているこのころまでは、一冊または複数冊の本の中に記述される事柄探すことが、言葉としての「検索」の主な使われであった一般的な言葉として馴染ま使われていたのは、「検索」より、むしろ単に「見つける」、「探す」、「探索」といった言葉であった。検索した結果目的とする言見つからなければ他の本手にとって調べてみることになる。このことはコンピュータによる情報検索が行える現代おいても図書館本屋において誰しも試みることである。一方図書館では蔵書に対して目録カード」や「カード目録」などと呼ぶ名刺大から葉書大程度カードから所要の本を探し出したが、このような検索蔵書検索呼ばれ、現在でもコンピュータなどによる情報検索併用されている。 広辞苑第6版2008年1月改訂)では、「検索の意味として「データ中から必要な事項さがし出すこと」とし、コンピューターの中のデータや、紙やマイクロフィルム記録されたデータ中から探し出す現在の検索の意味合いへと変化見られる用例変わっていない。(なお、広辞苑5版から6版が出るまでの10年間にも、別の出版社から毎年刊行されている「現代用語の基礎知識」には「検索エンジン」などの用語の解説はあった。ただし、「検索」という言葉そのもの解説はない。)

※この「意味合い」の解説は、「検索」の解説の一部です。
「意味合い」を含む「検索」の記事については、「検索」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「意味合い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「意味合い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



意味合いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

意味合いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



意味合いの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東夷 (改訂履歴)、検索 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS