江蘇省とは?

江蘇省

江蘇省概要
ローマ字表記 Jiangsu   江蘇省
略称  Su
省都 南京 Nanjing
位置 陽子江の下流位置し、黄海に臨んでいる。
面積 10万平方キロメートル
淮河を境とし、以南亜熱帯湿潤季節風気候に属し、以北暖温帯湿潤季節風気候属する。年間平均気温13161月平均気温は-2~-4℃7月平均気温2629夏季降水量年間半分占める。
人口 約73549000人。
主な都市 徐州市連雲港市淮陰市塩城市揚州市南通市鎮江市常州市無錫市蘇州市泰州市宿遷市などがある。
概要 米の郷』と言われ、稲、麦、綿、シルクカニ化繊機器、特殊工芸産品が豊富。

京杭大運河北京杭州間)が蘇州通っており、昔から交通発達している。現在は鉄道大動脈である京滬線北京上海間)が通っている。

市内には陽子江、淮河大運河などの河がある。大きな湖は太湖洪沢湖がある。
観光スポット 蘇州獅子拙政園無錫太湖徐州雲龍山雲龍湖、連雲港の孔望山と花果山など。
歴史 春秋時代には呉、等の国に所属していた。BC514年呉の国の都としてはじめ蘇州城が造られた。

隋王朝開皇9年、州となって郊外姑蘇にちなん蘇州と名づけられた。

時代揚州徐州所属唐代宋代三道に属した。

明代入り直隶南京を置き、清代江寧府蘇州府が合体して、江蘇省となった。

江蘇省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 15:05 UTC 版)

江蘇省(こうそしょう、中国語: 江苏省拼音: Jiāngsū Shěng英語: Jiangsu)は、中華人民共和国東部に位置する長江の河口域であり、北部は淮河が流れ黄海に面する。名称は江寧(現南京市)の江、蘇州の蘇による。省都は南京市(中華民国政府が公表している省都は鎮江市)。略称は




  1. ^ “公的支援要請の中国熔盛、「大きすぎてつぶせない」のか”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年7月8日). http://www.asahi.com/business/reuters/RTR201307080080.html 2013年7月8日閲覧。 [リンク切れ]


「江蘇省」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江蘇省」の関連用語

江蘇省のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



江蘇省のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中国まるごと百科事典中国まるごと百科事典
Copyrights © 2003-2019 中国まるごと百科事典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江蘇省 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS