イングランドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > イングランドの意味・解説 

イングランド【England】

英国グレートブリテン島中南部占め地方同国政治・経済中心地鉄鉱石石炭産し工業発達

英国のこと。

[補説] 「英蘭」とも書く。

イングランドの画像
イングランドの位置

イングランド

名前 EnglandEnglund

イングランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/23 17:50 UTC 版)

イングランド: England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「」(: country)の一つである。人口は連合王国の83%以上[1]、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海アイリッシュ海大西洋イギリス海峡に面している。


  1. ^ National Statistics Online (2007年8月22日). “Population Estimates UK population grows to 60.6 million” (英語). 2002年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  2. ^ : region
  3. ^ : county
  4. ^ : metropolitan county
  5. ^ : borough
  6. ^ : administrative county
  7. ^ : ceremonial county
  8. ^ BBC ニュース (2003年9月30日). “Temperature record changes hands” (英語). 2007年9月24日閲覧。
  9. ^ MET Office. “English Climate” (英語). 2008年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  10. ^ CIA — The World Factbook
  11. ^ Fact Monster.com. “London, city, England/ Economy” (英語). 2007年9月24日閲覧。
  12. ^ EBLEX News (2006年6月6日). “Strong Start For English Beef Exports” (英語). 2007年9月24日閲覧。
  13. ^ Visit Britain.
  14. ^ The History of The FA TheFA.com(FAの公式サイト)より。2015年12月31日閲覧。


「イングランド」の続きの解説一覧

イングランド(とスコットランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 06:39 UTC 版)

ローマ人英国多くの町を計画したが、入植地は、その後世紀経てすべて往時の姿は改変受けたウィンチェルシー (Winchelsea) の町は、エドワード1世 (イングランド王)指示下に1280年に、グリッドシステムで構築した英国最初のローマン計画都市であると言われている。1292年までに建設完了他に13世紀初頭設立されたのがソールズベリーで、セーラム司教による。 英国で最も有名な18世紀新しい町間違いなくエディンバラ新市街1766年ジェームズ・クレイグマスタープランに基づいて構築されエレガント原型として(バースダブリンとともにジョージ王朝時代英国建築様式飾られた。 19世紀になるとバロー=イン=ファーネスなどのような工業都市生み出され始め一方で産業革命期劣悪な住居環境経験を経てポート・サンライトソルテアといった理想郷的な工業都市(モデル村)も生み出されている。トーマス・テルフォードなどもウィックのパルトミータウンなどを手掛けている。 イーストボーン19世紀初めにイギリス最初の計画都市の一つミドルズブラ19世紀初めまでは一寒にすぎなかったがジョセフ・ピーズが1829年ここに土地購入し石炭積出港を建設してから発展し始めた計画都市。 用語「ニュータウンはしばし英国第二次世界大戦後ニュータウン法(1946年後に築き上げられた町に対して言及されるこれらの影響与えていたのが田園都市などの動きで、1900年頃サーパトリック・ゲデスやエベネザー・ハワードレイモンド・アンウィンらのレッチワースガーデンシティやウェリン・ガーデン・シティハートフォードシャー州)、さらにハムステッド・ガーデン・サバーブマートン・パークなどの郊外都市仕事明らかになる続いて第二次世界大戦後1946年法の下でニュータウンとして指定された28もの投影したこうしたタウンに、人口一部をそして戦争中家屋爆撃によって破壊され投げ出され多数人々収容するために移転、さらに一部都市スラム(主にヴィクトリア朝の)クリアランスとして開発された。ニュータウン政策含め戦時委員会一連によって知らされた。ニュータウンを参照

※この「イングランド(とスコットランド)」の解説は、「計画都市の一覧」の解説の一部です。» 「計画都市の一覧」の概要を見る


(23) イングランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 21:28 UTC 版)

ロンドン記載されている

※この「(23) イングランド」の解説は、「ヘレフォード図」の解説の一部です。» 「ヘレフォード図」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

イングランド

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:29 UTC 版)

固有名詞

イングランド

  1. グレートブリテン島中南部位置するイギリス構成する国の一つ

翻訳

関連語


「イングランド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イングランドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イングランドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイングランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの計画都市の一覧 (改訂履歴)、ヘレフォード図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイングランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS