グレートブリテン島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 地形・地勢 > 島嶼 > ヨーロッパの島 > グレートブリテン島の意味・解説 

グレートブリテン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/23 14:49 UTC 版)

グレートブリテン島(グレートブリテンとう、: Great Britain/: Britannia Maior[1])は、北大西洋に位置するで、アイルランド島マン島などとともにブリテン諸島を構成する。ヨーロッパ大陸からみるとドーバー海峡を挟んで北西の方向にあたり、ヨーロッパ地域の一部である。面積は 209,331 km2で、世界で9番目に大きい島である(島の一覧参照)。グレートブリテン島は日本本州より少し小さい。イギリスの国土の中心的な島で、同国の首都ロンドンをはじめとする多くの大都市を有する。「大ブリテン島」とも呼ばれる。


  1. ^ ブリタンニア・マーイヨル
  2. ^ : Britons
  3. ^ : Bretagne、ブリタニアのフランス語形
  4. ^ : Grande-Bretagne、大ブリタニア
  5. ^ : l'ancienne Bretagne insulaire


「グレートブリテン島」の続きの解説一覧

グレートブリテン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 08:42 UTC 版)

ブリテンヒルフォート青銅器時代から存在したが、その建設が最も盛んになったのは鉄器時代紀元前200年から紀元43年ローマ帝国による征服までの期間である。ローマ人Hod HillBrean Down などの一部ヒルフォート占領したが、他の多くのヒルフォート破壊し放棄したCadbury Castle からは多数人骨出土しており、ここが紀元70年代反乱舞台となったことを示している地名語尾に "-bury" とつく場所の多くヒルフォート意味する一部は Cytiau と呼ばれる(cytiau'r Gwyddelod は「アイルランド小屋」の意)。ドーセットの Maiden Castleイングランド最大のヒルフォートである。侵攻のなかったアイルランド島占領されなかったスコットランドなどローマ影響それほど強くなかった地域では、さらに数世紀に渡ってヒルフォート建設され続けた。 グレートブリテン島全体で鉄器時代ヒルフォート2000上知られているローマの支配終わると、一部ヒルフォート再建され海賊襲撃アングロ・サクソン人侵略に対する防衛拠点として使われた。Poundbury Hill外側墓地には4世紀教会葬の墓もある。Wansdyke は Maes Knoll既存ヒルフォート繋がった土塁で、紀元577年から652年の間、南西イングランドにおけるケルト人サクソン人境界線となっていた。 一部ヒルフォートヴァイキング時代アングロ・サクソン人再利用していた。アルフレッド大王ウェセックス海岸沿いヒルフォート監視ネットワーク確立しそれらの間を Herepath と呼ばれる軍用道路結んだそれによって海上ヴァイキング動きに応じて軍を動かせるようにしていた。 発掘調査により、いわゆるヒルフォート」とされてきたものの多くは、単に牛や馬などの家畜閉じ込めておく囲いとして使われていたことがわかったBindon Hill や Bathampton Down50エーカー (20 ha) 以上の広さがある。鉄器時代には防御性居住地だったものでも、後世には家畜放牧使われたものもある。例えば、Coney's Castle、Dolebury Warren、Pilsdon Pen がある。

※この「グレートブリテン島」の解説は、「ヒルフォート」の解説の一部です。» 「ヒルフォート」の概要を見る


グレートブリテン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 05:58 UTC 版)

かつて旧イングランド王国本土であった巨大な島。しかし、先述革命によって王侯貴族一掃されてからは島全域E.U.領土となっており、『亡国のアキト』の冒頭に登場する地球儀によると、アイルランド島を含む周辺の島も同様である

※この「グレートブリテン島」の解説は、「コードギアス 反逆のルルーシュ」の解説の一部です。» 「コードギアス 反逆のルルーシュ」の概要を見る


グレート・ブリテン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 14:56 UTC 版)

イングランド民俗音楽フィドル奏法ノーサンバーランドフィドル奏法。"セカンディング"(seconding)と呼ぶ二人目フィドラー即興で弾く和声パートスコットランドのフィドル奏法シェトランドフィドル奏法。ペエリ(peerie、妖精)伝説から来たと言われるトロールチューンを含む。このスタイルは、"ringing strings"(弦の鳴り響く音色)とリズムの裏打ちによって特徴付けられるローランド地方伝統重音奏法使用に加えてスタッカートなどにおけるイタリアンヴァイオリン奏法の強い影響やスコッチ・スナップ(スコットランド切分法)運弓法によって特徴付けられるスコティッシュ・ボーダーズ伝統ホーンパイプ偏ったレパートリー重音奏法多用によって特徴付けられるハイランド地方伝統グレート・ハイランド・バグパイプの曲のレパートリーと装飾、他のスコットランドのフィドル奏法よりもゆっくりとした運弓によって特徴付けられるオークニー伝統シンプルな運弓と装飾、それに反するようなチューンの中で臨時記号多用によって特徴付けられるウェールズフィドル(ウェールズ語ではFfidil。)奏法近年復興された伝統。(なお、アル・ログ(Ar Log)を参照のこと。)

※この「グレート・ブリテン島」の解説は、「フィドル」の解説の一部です。» 「フィドル」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

グレートブリテン島


「グレートブリテン島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

グレートブリテン島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グレートブリテン島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグレートブリテン島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒルフォート (改訂履歴)、コードギアス 反逆のルルーシュ (改訂履歴)、フィドル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのグレートブリテン島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS