反乱とは? わかりやすく解説

はん‐らん【反乱/×叛乱】

読み方:はんらん

[名](スル)権力支配者背いて武力行動を起こすこと。「―を鎮める

[補説] 書名別項。→叛乱


反乱

作者村田基

収載図書恐怖の日常
出版社早川書房
刊行年月1989.2
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


反乱

作者清水義範

収載図書日本ジジババ列伝
出版社中央公論社
刊行年月1995.12

収載図書日本ジジババ列伝
出版社講談社
刊行年月2003.9
シリーズ名講談社文庫


反乱

作者小檜山博

収載図書一瞬人生心をうつ三十二篇
出版社河出書房新社
刊行年月1996.1

収載図書小檜山博全集 第4巻(小説4)
出版社艪舎
刊行年月2006.10


反乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/07 08:50 UTC 版)

反乱叛乱(はんらん、英語: rebellion、insurgency、uprising)とは、国家等の支配者に対して被支配層が個人で、もしくは徒党を組み、暴力的・破壊的・示威的行動によって何らかの不満を表明し、その不満の原因解決を迫り、あるいは被支配層みずからの手で不満の原因を解決しようとする行為である。


  1. ^ ことわざ「反旗を翻す」の意味と使い方:例文付き 2018年8月20日 - 2018年11月10日 スッキリ 世の中のギモンを解決するメディア
  2. ^ 広辞苑』第5版「乱」。「乱」に叛乱の意味がないことは、各種の漢和辞典でも確認できる。


「反乱」の続きの解説一覧

反乱(1333年-1334年、1341年-1347年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 17:31 UTC 版)

ヴェネツィア領クレタ」の記事における「反乱(1333年-1334年1341年-1347年)」の解説

アレクシオス・カレルギスによって確立された平和は、クレタ公ヴィアゴ・ゼノ(Viago Zeno)がクレタ島海岸沿い拡大する海賊略奪脅威撃退するためにガレー船増産資金として新たな税金課した時に破られた。1333年発生したこの反乱はミュロポタモスでの抵抗運動として始まり、ヴァルダス・カレルギス(Vardas Kallergis、アレクシオス・カレルギスの息子)とキサモス(英語版)から来たニコラオス・プリコシリデス(Nikolaos Prikosirides)、そしてシュロポウロス家(Syropoulos)の3人兄弟リーダーシップの下、1333年9月にはクレタ島西部へ急速に拡大した。ヴァルダス・カレルギスの参加にも関わらず、アレクシオス・カレルギスの他の息子たちその他のクレタ人たちのように公然とヴェネツィア人の側に立った。この反乱は1334年鎮圧され指導者たちクレタ島民衆の中の重大な協力者と共に逮捕され処刑された。反乱に参加した貴族家系追放されたが、ヴァルダス・カレルギスの兄弟子供たち見せしめとして終身刑宣告された。また、クレタ島への非クレタ人正教会聖職者入島禁止された1341年、なおもカレルギス家の別メンバー、レオン・カレルギス(英語版)による新たな反乱が発生したレオンはアレクシオス・カレルギスの孫、または甥である。彼は公的にヴェネツィアに対して忠実であったが、他のクレタ貴族であるアポコロナス(Apokoronas)のスミュリリオス家(Smyrilios)と共謀して反乱を起こした発生後すぐに他の地域飛び火し、スコルディリス家(コンスタンティノス・スコルディリスはレオン・カレルギスの義父である)、メッリセノス家、プサロメリゴノス家その他の貴族参加した。アレクシオス・カレルギスの同名の孫(小アレクシオス・カレルギス)は、しかしながら祖父と同じようにヴェネツィア人に組し、重要な支援与えていた。彼はスミュリリオス家一党捕らえこの結果スミュリリオス家はレオン・カレルギスを裏切ったクレタ公アンドレア・コルナロ(Andrea Cornaro)はレオン・カレルギスを袋詰めにして縛り生きたまま海へ放り込んだ。レオン・カレルギスの敗北にも関わらず、反乱はスファキアとシュヴリトスの支配権握っていたスコルディリス家とプサロメリンゴス家の指導継続した反乱軍は小アレクシオス・カレルギスをカステリ英語版)で包囲した。だが、クレタ公がメッサラ平野でプサロメリンゴス軍を待ち伏せによって撃破することに成功する反乱軍苦境立たされた。プサロメリンゴス家の敗北消滅1347年訪れ反乱鎮圧序曲であり、鎮圧作戦今回ヴェネツィアによる残虐さと反乱家系追放によって彩られた

※この「反乱(1333年-1334年、1341年-1347年)」の解説は、「ヴェネツィア領クレタ」の解説の一部です。
「反乱(1333年-1334年、1341年-1347年)」を含む「ヴェネツィア領クレタ」の記事については、「ヴェネツィア領クレタ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「反乱」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

反乱

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 04:18 UTC 版)

名詞

はんらん 「叛乱」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. 支配者に反抗して起こすこと

発音(?)

は↗んらん

類義語

動詞

活用

サ行変格活用
反乱-する

類義語


「反乱」の例文・使い方・用例・文例




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反乱」の関連用語

反乱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



反乱のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの反乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴェネツィア領クレタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの反乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS