第4巻とは? わかりやすく解説

第4巻(第22話 - 第28話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 12:10 UTC 版)

終末のハーレム」の記事における「第4巻(第22話 - 第28話)」の解説

人たちは、犠牲者の妻・谷口入院先を訪れる。絵理沙とひそかに連絡していた谷口は、怜人の思想批判する温泉旅館にて入浴した怜人は、サウナ室現れたアメリカ人留学生・クロエ・マンスフィールドに翻弄される翌日美来と怜人の思い聞いた谷口亡夫のことを明日に話すと誓うが、その夜何者か谷口点滴毒物混入させる。

※この「第4巻(第22話 - 第28話)」の解説は、「終末のハーレム」の解説の一部です。
「第4巻(第22話 - 第28話)」を含む「終末のハーレム」の記事については、「終末のハーレム」の概要を参照ください。


第4巻(場所、空虚、時間)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 14:20 UTC 版)

自然学 (アリストテレス)」の記事における「第4巻(場所、空虚時間)」の解説

第4巻 - 場所、空虚時間。全14章。【場所について第1章 - 場所の存否。それが何であるかについての諸難問第2章 - 場所とは何か。それはものの質料なのか形相なのか。 第3章 - 何ものかの内にあるということの諸義。ものはそのもの自らの内に存在するのか。場所は場所の内に存在するのか。 第4章 - 場所の本質についての4つ見解。場所の定義。 第5章 - この定義の補説天界外にこれを包む場所は存しない第1章の諸難問に対する解答。 【空虚について】第6章 - 空虚についての他の人々の諸見解第7章 - 一般に空虚」という語で何が考えられているか。空虚存在肯定する諸説への反論第8章 - 物体から離れて独立な空虚存在しない物体によって占められる空虚存在しない第9章 - 空虚いかなる物体内部に存在しない。 【時間について】第10章 - 時間存否についての諸難問時間についての種々の見解第11章 - 時間とは何か。時間運動との関係。時間の定義。時間と「今」との関係。 第12章 - 時間諸属性ものごと時間内にあるということの諸義。 第13章 - 時間過去・現在・未来時間関係諸語(いつか、やがて、先程、昔、突然など)の意味第14章 - 時間論補稿 --- 時間意識との関係。時間天体円運動との関係など。

※この「第4巻(場所、空虚、時間)」の解説は、「自然学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第4巻(場所、空虚、時間)」を含む「自然学 (アリストテレス)」の記事については、「自然学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第4巻(類の「トポス」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:23 UTC 版)

トピカ (アリストテレス)」の記事における「第4巻(類のトポス」)」の解説

第4巻 - 類のトポス」。全6章第1章 -1. 類は述語付けされるあるものと同じ種に属す全てのものを含まねばならない。 2. 付帯性が帰属したりしなかったりする点で類とは区別される。 3. 類と種は同じカテゴリー入らねばならない。 4. 種は類に与るが、類は種に与らない。 5. あるものに種が述語付けされるならば、類もまた述語付けされる。 6. いかなる種にも与らない述語は、類にも与らない。 7. 類は種よりも広い範囲適用される。 8. 種的に異ならないものどもの類は同じである第2章 -9. 一つの種が二つ類に入る時は、それらの類の一方他方包含される。 10. あらゆる上位の類は種について本質の点で述語付けされなくてはならない。 11. 類はその種述語付けされるものに本質の点で述語付けされる。 12. 類の定義は種与るものとどもにあてはまる。 13. 種差は類として与えられてはならない。 14. 種差種として類の内においてはならない。 15. 類を種の内においてはならない。 16. 種差を種の内に、類を種差内においてはならない。 17. 類のいかなる種差も種に述語付けされないならば、類は種述語付けされない。 18. 類は種より本性上先。 19. 類と種は種に伴う。 第3章 -20. 類の内におかれたものは、その類反対なものには述語付けされない。 21. 種は類について同名異義的に用いられてはならない。 22. ただ一つだけの種を持つ類は存在しない。 23. 比喩的な言葉の使用は人を誤らせやすい。 1. 反対なものどもについての「トポス」。命題確立する場合に、反対なものども用いる3通り仕方。 2. 屈折語同列語についての「トポス」。 第4章 -3. 関係の同等性観点から引き出された「トポス」。 4. 生成消滅観点から引き出された「トポス」。 5. 事物能力使用観点から引き出された「トポス」。 6. 状態と欠除対立関係から引き出された「トポス」。命題破棄する2通り仕方命題確立する1通りの仕方。 7. 矛盾対立否定の関係から引き出された「トポス」。 8. 相対的に対立するものどもから引き出された「トポス」。 9. 屈折語観点から引き出された「トポス」。 10. 類に対立するものは種対立するものの類であるという観点から引き出された「トポス」。 11. ある関係語の誤った使用から引き出された「トポス」。 第5章 - 述語付けにおける共通の誤りについて -1.態と現実活動混同、状態と能力混同。 2. 種に付随するものを類として立て誤り。 3. 異なった能力に入るべきものを類と種として同じところに入れ誤り。 4. 種を類に部分として与らせる誤り。 5. 種を類と解して全体のものを能力に関係させる誤り。 6. 非難されるべきもの・避けるべきものを能力に関係させる誤り。 7. それ自身望ましいものを能力入れ誤り。 8. いくつかの類に入るものを一つ類に入れ誤り。 9. 類を種差とすること、またその逆の誤り。 10. 様態を、様態を受けるものそのものの類とする誤り。 11. 様態を、様態を受けるものそのものとする誤り。 第6章 - 諸々のトポス」 -1. 類として与えられたものは主語として種を含み、それに与るものどもは種的に異なってなければならない。 2. 全てのもの、例えば「一」や「存在」は類とも種とも成し得ない。 3. 類は基体となる種についてのみ述語付けされる。 4. 類と種同義的に述語付けされる。 5. 二つ反対のものどものより優れたものをより劣った類に入れてならない。 6.「より多く」「より少なく」「同じ程度」の観点から判定(ある命題覆す場合、ある命題立て場合)。 7. 類は本質の点で種について述語される。 8. 類を種差から切り離す原理3つ。 9. 諸々の実例

※この「第4巻(類の「トポス」)」の解説は、「トピカ (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第4巻(類の「トポス」)」を含む「トピカ (アリストテレス)」の記事については、「トピカ (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第4巻(種々の現実の国制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:38 UTC 版)

政治学 (アリストテレス)」の記事における「第4巻(種々の現実国制)」の解説

第4巻 - 全16章現実国制とその変種第1章 - 理想的現実的国家取り扱政治学学問的考察点。1「最善の国制」、2「所与の条件における最善の国制」、3「現存国制保持する手段」、4「全ての国々最適な国制」、及び「主要な国制変種」と「国制法律の関係」。 第2章 - 諸国制の内、前巻末で言及した王制」「貴族制以外の4つについて。 第3章 - 多様な国制原因としての国民間の相違第4章 - 自由人主権者としての民主制」と、富者主権者としての寡頭制」。8種の国民とそれによる国制変種。「民主制」の5変種第5章 - 「寡頭制」の4変種。 第6章 - 「民主制」「寡頭制」の社会的・経済基礎第7章 - 「貴族制的な3変種第8章 - 「民主制」と「寡頭制」の混合物としての国制」(共和制)。 第9章 - 「国制」(共和制)の3種混合形態成功事例としてのスパルタ第10章 - 「僭主制」の3変種。 【一般的な国々にとっての最善の国制、特殊事情の国における最善の国制第11章 - (それなりの規模持った一般的な国々にとっての最善の国制としての中間層支配者国制小規模ゆえに「民主制」「寡頭制両極国制が多いギリシャ第12章 - 国制保持中間層第13章 - 「寡頭制」「民主制」における国制保持のための欺瞞的な工夫。 【国制組織形態第14章 - 国制三部(1) - 「評議」的部分 第15章 - 国制三部(2) - 「諸役」的部分16章 - 国制三部(3) - 「裁判」的部分

※この「第4巻(種々の現実の国制)」の解説は、「政治学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第4巻(種々の現実の国制)」を含む「政治学 (アリストテレス)」の記事については、「政治学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第4巻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第4巻」の関連用語

第4巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第4巻のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終末のハーレム (改訂履歴)、自然学 (アリストテレス) (改訂履歴)、トピカ (アリストテレス) (改訂履歴)、政治学 (アリストテレス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS