アメリカ人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > アメリカ人の意味・解説 

アメリカ人


アメリカじん【アメリカ人】


アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 00:44 UTC 版)

アメリカ人Americans)とは、アメリカ合衆国市民国民のこと。多重国籍者駐在員とその子女、永住者もアメリカ人であると自認している場合がある。米国は世界中の人種・民族祖国である。そのため、米国の文化法律は、国籍人種民族と同視するのではなく米国市民権と永続的忠誠と同視する[41] [42] [43]米国人米国市民などと訳されるがいずれも同義である。


  1. ^ “U.S. Census Bureau Announces 2010 Census Population Counts – Apportionment Counts Delivered to President” (プレスリリース), United States Census Bureau, (2010年12月21日), オリジナルの2010年12月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101224044247/http://2010.census.gov/news/releases/operations/cb10-cn93.html 2012年11月23日閲覧。 
  2. ^ U.S. and World Population Clock”. U.S. Census Bureau. 2019年3月16日閲覧。
  3. ^ People live in Mexico, INEGI, 2010”. 2020年11月5日閲覧。
  4. ^ These are our Numbers: Civilian Americans Overseas and Voter Turnout”. OVF Research Newsletter. Overseas Vote Foundation (2010年8月). 2013年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月11日閲覧。 “Previous research indicates that the number of U.S. Americans living in Mexico is around 1 million, with 600,000 of those living in Mexico City.”
  5. ^ Ethnic origins, 2006 counts, for Canada, provinces and territories - 20% sample data”. Statistics Canada. Government of Canada (2010年6月10日). 2013年2月17日閲覧。 “Ethnic origins Americans Total responses 316,350”
  6. ^ Barrie McKenna (2012年6月27日). “Tax amnesty offered to Americans in Canada”. The Globe and Mail (Ottawa). https://www.theglobeandmail.com/globe-investor/personal-finance/taxes/tax-amnesty-offered-to-americans-in-canada/article4372266/ 2012年12月17日閲覧. "There are roughly a million Americans in Canada – many with little or no ties to the United States." 
  7. ^ Population Division, Department of Economic and Social Affairs (2019年6月29日). “Table 1. Total migrant stock at mid-year by origin and by major area, region, country, or a area of destination, 1990-2017”. United Nations. 2019年6月29日閲覧。 “HV1731 2,694”
    United Nations Population Division (2018年2月28日). “Origins and Destinations of the World's Migrants, 1990-2017”. Pew Research Center. p. Global Attitudes & Trends. 2019年6月29日閲覧。 “United States <10,000”
    Gottipati, Sruthi (2012年2月8日). “Expats Flock to India Seeking Jobs, Excitement”. The New York Times. https://india.blogs.nytimes.com/2012/02/08/expats-flock-to-india-seeking-jobs-opportunity/ 2019年3月20日閲覧. "While 35,973 U.S. citizens (not including those eligible for special visas available for Americans of Indian origin) registered in 2008, 41,938 did so the following year, according to the latest figures available with the Ministry of Home Affairs." 
    White House (2017年6月26日). “The United States and India — Prosperity Through Partnership”. 2019年3月19日閲覧。 “Today, nearly 4 million Indian-Americans reside in the United States and over 700,000 U.S. citizens live in India. Last year, the United States Government issued nearly one million visas to Indian citizens, and facilitated 1.7 million visits by Indian citizens to the United States.”
  8. ^ Evan S. Medeiros; Keith Crane; Eric Heginbotham; Norman D. Levin; Julia F. Lowell (November 7, 2008). Pacific Currents: The Responses of U.S. Allies and Security Partners in East Asia to Chinaâ€TMs Rise. Rand Corporation. p. 115. ISBN 978-0-8330-4708-3. https://books.google.com/books?id=Ndb6KWTKRrwC&pg=PA115. "An estimated 4 million Filipino-Americans, most of whom are U.S. citizens or dual citizens, live in the United States, and over 250,000 U.S. citizens live in the Philippines." 
    “New U.S. ambassador to PH aims to 'strengthen' ties”. CNN Philippines (Metro Manila). (2016年12月2日). http://cnnphilippines.com/news/2016/12/02/New-U.S.-ambassador-to-PH-aims-to-strengthen-ties.html 2017年3月20日閲覧. "According to his figures, there are about 4 million Filipino-Americans residing in the U.S., and 250,000 Americans living and working in the Philippines." 
    Lozada, Aaron (2016年12月2日). “New U.S. envoy: Relationship with PH 'most important'”. ABS-CBN News (Manila). http://news.abs-cbn.com/news/12/01/16/new-us-envoy-relationship-with-ph-most-important 2017年3月20日閲覧. "According to Kim, the special relations between the U.S. and the Philippines is evident in the "four million Filipino-Americans who are residing in the United States and 250,000 Americans living and working in the Philippines."" 
    International Business Publications, USA (August 1, 2013). Philippines Business Law Handbook: Strategic Information and Laws. Int'l Business Publications. p. 29. ISBN 978-1-4387-7078-9. https://books.google.com/books?id=c7ucUVVBsg4C&pg=PA29. "An estimated 600,000 Americans visit the Philippines each year, while an estimated 300,000 reside in-country." 
    Kapoor, Kanupriya; Dela Cruz, Enrico (2016年10月17日). “Americans in Philippines jittery as Duterte rails against United States”. Reuters (Olongapo). https://www.reuters.com/article/us-philippines-usa-mood/americans-in-philippines-jittery-as-duterte-rails-against-united-states-idUSKBN12I07K 2018年4月20日閲覧. "About four million people of Philippine ancestry live in the United States, one of its largest minorities, and about 220,000 Americans, many of them military veterans, live in the Philippines. An additional 650,000 visit each year, according to U.S. State Department figures." 
    FACT SHEET: United States-Philippines Bilateral Relations”. U.S. Embassy in the Philippines. United States Department of State (2014年4月28日). 2018年4月20日閲覧。 “Around 350,000 Americans reside in the Philippines, and approximately 600,000 U.S. citizens visit the country each year.”
  9. ^ Cooper, Matthew (2013年11月15日). “Why the Philippines Is America's Forgotten Colony”. National Journal. http://www.nationaljournal.com/magazine/why-the-philippines-is-america-s-forgotten-colony-20131115 2015年1月28日閲覧. "c. At the same time, person-to-person contacts are widespread: Some 600,000 Americans live in the Philippines and there are 3 million Filipino-Americans, many of whom are devoting themselves to typhoon relief." 
  10. ^ BiB - Bundesinstitut für Bevölkerungsforschung - Pressemitteilungen - Zuwanderung aus außereuropäischen Ländern fast verdoppelt”. www.bib-demografie.de. 2017年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月2日閲覧。
  11. ^ US Embassy in Brazil US Embassy in Brazil. Retrieved March 29, 2020.
  12. ^ Daphna Berman (2008年1月23日). “Need an appointment at the U.S. Embassy? Get on line!”. Haaretz. http://www.haaretz.com/print-edition/news/need-an-appointment-at-the-u-s-embassy-get-on-line-1.237816 2012年12月11日閲覧. "According to estimates, some 200,000 American citizens live in Israel and the Palestinian territories." 
  13. ^ Michele Chabin (2012年3月19日). “In vitro babies denied U.S. citizenship”. USA Today (Jerusalem). http://usatoday30.usatoday.com/news/world/story/2012-03-19/in-vitro-citizenship/53656616/1 2012年12月11日閲覧. "Most of the 200,000 U.S. citizens in Israel have dual citizenship, and fertility treatments are common because they are free." 
  14. ^ Americans in France”. Embassy of the United States, Paris. United States Department of State. 2015年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。 “Today, although no official figure is available it is estimated that over 150,000 American citizens reside in France, making France one of the top 10 destinations for American expatriates.”
  15. ^ Population by Country of Birth and Nationality Report, August 2012”. Office for National Statistics (2012年8月30日). 2012年12月11日閲覧。
  16. ^ Simon Rogers (2011年5月26日). “The UK's foreign-born population: see where people live and where they're from”. The Guardian. https://www.theguardian.com/news/datablog/2011/may/26/foreign-born-uk-population 2013年2月17日閲覧. "County of birth and county of nationality. United States of America 197 143" 
  17. ^ U.S. Citizen Services”. Embassy of the United States Seoul, Korea. United States Department of State. 2012年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月11日閲覧。 “This website is updated daily and should be your primary resource when applying for a passport, Consular Report of Birth Abroad, notarization, or any of the other services we offer to the estimated 120,000 U.S. citizens traveling, living, and working in Korea.”
    “North Korea propaganda video depicts invasion of South Korea, US hostage taking”. Advertiser. Agence France-Presse. (2013年3月22日). http://m.adelaidenow.com.au/news/world/north-korea-propganda-video-depicts-invasion-of-south-korea-us-hostage-taking/story-fnd11ay0-1226603593729 2013年3月23日閲覧. "According to official immigration figures, South Korea has an American population of more than 130,000 civilians and 28,000 troops." 
  18. ^ Background Note: Costa Rica”. Bureau of Western Hemisphere Affairs. United States Department of State (2012年4月9日). 2012年12月11日閲覧。 “Over 130,000 private American citizens, including many retirees, reside in the country and more than 700,000 American citizens visit Costa Rica annually.”
    Bloom, Laura Begley (2018年7月31日). “More Americans are fleeing to cheap faraway places”. New York Post. https://nypost.com/2018/07/31/more-americans-are-fleeing-to-cheap-faraway-places/ 2020年2月19日閲覧. "Approximately 120,000 citizens live in this stable country, many as retirees, according to the State Department." 
  19. ^ Calum Macleod (2005年11月18日). “A guide to success in China, by Americans who live there”. 2020年5月24日閲覧。
  20. ^ Colombia (03/28/13)”. United States Department of State. 2013年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧。 “Based on Colombian statistics, an estimated 60,000 U.S. citizens reside in Colombia and 280,000 U.S. citizens travel, study and do business in Colombia each year.”
  21. ^ Hong Kong (10/11/11)”. Previous Editions of Hong Kong Background Note. United States Department of State (2011年10月11日). 2012年12月11日閲覧。 “There are some 1,400 U.S. firms, including 817 regional operations (288 regional headquarters and 529 regional offices), and over 60,000 American residents in Hong Kong.”
  22. ^ ibid, Ancestry (full classification list) by Sex – Australia”. 2014年10月19日閲覧。
  23. ^ Gishkori, Zahid (2015年7月30日). “Karachi has witnessed 43% decrease in target killing: Nisar”. The Express Tribune. https://tribune.com.pk/story/929229/over-280000-immigrants-living-in-pakistan-says-nisar/ 2017年8月3日閲覧. "As many as 116,308 Afghan nationals are living as immigrants in the country, higher than any other country,” Nisar told the House. Besides Afghans, 52,486 Americans, 79,447 British citizens and 17,320 Canadians are residing in the country, the interior minister added." 
  24. ^ Table 10.1 Registered Foreigners by Nationality: 1950-2006”. Ministry of Justice, . Annual Report of Statistics on Legal Migrants. National Institute of Population and Social Security Research (2008年). 2012年12月11日閲覧。
  25. ^ Kelly Carter (2005年5月17日). “High cost of living crush Americans' dreams of Italian living”. USA Today (Positano, Italy). http://usatoday30.usatoday.com/news/world/2005-05-09-italy-expats_x.htm 2012年12月17日閲覧. "Nearly 50,000 Americans lived in Italy at the end of 2003, according to Italy's immigration office." 
  26. ^ UAE´s population – by nationality”. BQ Magazine (2015年4月12日). 2015年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月13日閲覧。
  27. ^ For 45,000 Americans in Haiti, the Quake Was 'a Nightmare That's Not Ending'”. The New York Times (2010年1月17日). 2015年2月27日閲覧。
  28. ^ SAUDI-U.S. TRADE”. Commerce Office. Royal Embassy of Saudi Arabia in Washington D.C.. 2012年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月14日閲覧。 “Furthermore, there are approximately 40,000 Americans living and working in the Kingdom.”
  29. ^ Argentina (03/12/12)”. Previous Editions of Argentina Background Note. United States Department of State (2012年3月12日). 2012年12月24日閲覧。 “The Embassy's Consular Section monitors the welfare and whereabouts of some 37,000 U.S. citizen residents of Argentina and more than 500,000 U.S. tourists each year.”
  30. ^ Statistics Norway – Persons with immigrant background by immigration category and country background. January 1, 2010”. 2014年10月19日閲覧。
  31. ^ Bahamas, The (01/25/12)”. Previous Editions of Panama Background Note. United States Department of State (2012年1月25日). 2012年12月29日閲覧。 “The countries share ethnic and cultural ties, especially in education, and The Bahamas is home to approximately 30,000 American residents.”
  32. ^ Bertrand, Eva (2012年12月20日). “US citizens moving to Russia”. Voice of Russia (Russia). オリジナルの2017年11月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171106134706/https://sputniknews.com/voiceofrussia/2012_12_20/US-citizens-moving-to-Russia-interview/ 2017年5月7日閲覧. "There are about 6.32 million American citizens living abroad, of those about 30,000 chose Russia, according to the Association of Americans Resident Overseas." 
  33. ^ Kate King (2006年7月18日). “U.S. family: Get us out of Lebanon”. CNN. オリジナルの2012年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120306002338/http://articles.cnn.com/2006-07-18/world/stranded.family_1_beirut-lebanon-bombing?_s=PM:WORLD 2012年2月14日閲覧. "About 350 of the estimated 25,000 American citizens in Lebanon had been flown to Cyprus from the U.S. Embassy in Beirut by nightfall Tuesday, Maura Harty, the assistant secretary of state for consular affairs, told reporters." 
  34. ^ Panama (03/09)”. Previous Editions of Panama Background Note. United States Department of State (2009年3月). 2012年12月17日閲覧。 “About 25,000 American citizens reside in Panama, many retirees from the Panama Canal Commission and individuals who hold dual nationality.”
  35. ^ Foreign population by sex, country of nationality and age (up to 85 and above).” (スペイン語). Instituto Natcional de Estadistica (2007年1月1日). 2018年5月28日閲覧。 “Both genders 22,082”
  36. ^ S. Vedoya; V. Rivera (2018年4月4日). “Gobierno cifra en más de un millón el número de inmigrantes que están en Chile” (スペイン語). Latercera. http://www.latercera.com/nacional/noticia/gobierno-cifra-mas-millon-numero-inmigrantes-estan-chile/121733/ 2018年4月20日閲覧。 
  37. ^ El Salvador (01/10)”. United States Department of State. 2014年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月11日閲覧。 “More than 19,000 American citizens live and work full-time in El Salvador”
  38. ^ "North Americans: Facts and figures". Te Ara: The Encyclopedia of New Zealand.
  39. ^ Honduras (11/23/09)”. Previous Editions of Honduras Background Note. United States Department of State (2009年11月23日). 2012年12月17日閲覧。 “U.S.-Honduran ties are further strengthened by numerous private sector contacts, with an average of between 80,000 and 110,000 U.S. citizens visiting Honduras annually and about 15,000 Americans residing there.”
  40. ^ a b Luis Lug (2008年2月). “U.S. Religious Landscape Survey”. Pew Forum on Religion & Public Life. Pew Research Center. 2012年2月12日閲覧。
  41. ^ 8 U.S.C. § 1101(22) ("The term 'national of the United States' means (A) a citizen of the United States, or (B) a person who, though not a citizen of the United States, owes permanent allegiance to the United States.") (emphasis added).
  42. ^ Permanent Allegiance Law and Legal Definition”. definitions.uslegal.com. 2020年11月5日閲覧。
  43. ^ Christine Barbour; Gerald C Wright (January 15, 2013). Keeping the Republic: Power and Citizenship in American Politics, 6th Edition The Essentials. CQ Press. pp. 31 – 33. ISBN 978-1-4522-4003-9. https://books.google.com/books?id=40dPkS2aRZEC&pg=PA31 2015年1月6日閲覧. "Who Is An American? Native-born and naturalized citizens" 

    Shklar, Judith N. (1991). American Citizenship: The Quest for Inclusion. The Tanner Lectures on Human Values. Harvard University Press. pp. 3 – 4. ISBN 9780674022164. https://books.google.com/books?id=8n829DOw1PMC&pg=PA3 2012年12月17日閲覧。 

    Slotkin, Richard (2001). “Unit Pride: Ethnic Platoons and the Myths of American Nationality”. American Literary History (Oxford University Press) 13 (3): 469 – 498. doi:10.1093/alh/13.3.469. http://wesscholar.wesleyan.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1028&context=div2facpubs 2012年12月17日閲覧。. 

    Eder, Klaus; Giesen, Bernhard (2001). European Citizenship: Between National Legacies and Postnational Projects. Oxford University Press. pp. 25 – 26. ISBN 9780199241200. https://books.google.com/books?id=lL-FiY6xhfUC&q=%22American%20nationality%22%20citizenship&pg=PA25 2013年2月1日閲覧. "In inter-state relations, the American nation state presents its members as a monistic political body-despite ethnic and national groups in the interior." 

    Petersen, William; Novak, Michael; Gleason, Philip (1982). Concepts of Ethnicity. Harvard University Press. p. 62. ISBN 9780674157262. https://books.google.com/books?id=7Mkxdz_3d-oC&q=To%20be%20or%20to%20become%20an%20American&pg=PA62 2013年2月1日閲覧. "To be or to become an American, a person did not have to be of any particular national, linguistic, religious, or ethnic background. All he had to do was to commit himself to the political ideology centered on the abstract ideals of liberty, equality, and republicanism. Thus the universalist ideological character of American nationality meant that it was open to anyone who willed to become an American." 

    Charles Hirschman; Philip Kasinitz; Josh Dewind (November 4, 1999). The Handbook of International Migration: The American Experience. Russell Sage Foundation. p. 300. ISBN 978-1-61044-289-3. https://archive.org/details/handbookofintern00char 

    David Halle (July 15, 1987). America's Working Man: Work, Home, and Politics Among Blue Collar Property Owners. University of Chicago Press. p. 233. ISBN 978-0-226-31366-5. https://books.google.com/books?id=1KCdTkq56zoC&pg=PA233. "The first, and central, way involves the view that Americans are all those persons born within the boundaries of the United States or admitted to citizenship by the government." 
  44. ^ Karen R. Humes (2011年3月). “Overview of Race and Hispanic Origin: 2010”. United States Census Bureau. 2015年1月2日閲覧。
  45. ^ Race, Combinations of Two Races, and Not Hispanic or Latino: 2010”. 2010 Census Summary File 1. United States Census Bureau (2010年). 2015年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月2日閲覧。
  46. ^ Hispanic or Latino by Type: 2010”. 2010 Census Summary File 1. United States Census Bureau (2010年). 2015年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月2日閲覧。
  47. ^ Our Diverse Population: Race and Hispanic Origin, 2000”. United States Census Bureau. 2008年4月24日閲覧。
  48. ^ a b Revisions to the Standards for the Classification of Federal Data on Race and Ethnicity”. Office of Management and Budget. 2009年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月5日閲覧。
  49. ^ a b Grieco, Elizabeth M. “Overview of Race and Hispanic Origin: 2000”. United States Census Bureau. 2015年1月2日閲覧。
  50. ^ a b U.S. Census website”. 2008 Population Estimates. U.S. Census Bureau. 2010年2月28日閲覧。


「アメリカ人」の続きの解説一覧

アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 21:26 UTC 版)

バトル・オブ・ブリテン」の記事における「アメリカ人」の解説

イギリス空軍バトル・オブ・ブリテンにおいて7人のアメリカ人の参加認定している。イーグル飛行中隊Eagle squadron)として知られるアメリカ義勇兵編成された3個戦闘機中隊(第71イーグル戦闘機中隊、第121イーグル戦闘機中隊、第133イーグル戦闘機中隊)もイギリス空軍と共に戦ったが、最初の部隊参戦したのはバトル・オブ・ブリテン後の1941年2月になってからで、それも昼間攻撃終わった後の出撃だった。アメリカ参戦後、これら戦闘機中隊1942年9月アメリカ第8航空軍第4戦闘航空群に移管された。

※この「アメリカ人」の解説は、「バトル・オブ・ブリテン」の解説の一部です。
「アメリカ人」を含む「バトル・オブ・ブリテン」の記事については、「バトル・オブ・ブリテン」の概要を参照ください。


アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:42 UTC 版)

ムーア」の記事における「アメリカ人」の解説

ゴードン・ムーア - アメリカの実業家C・L・ムーア - アメリカSF作家ジャイラス・ムーア - アメリカ宣教師ジュリアン・ムーア - アメリカ女優ダグラス・ムーア - アメリカ作曲家チャールズ・ムーア - アメリカコンピュータ技術者デボン・ムーア - アメリカプロレスラーデミ・ムーア - アメリカ女優トレイ・ムーア - アメリカ野球選手日本のプロ野球でのプレー経験がある阪神オリックス)。 ハーマン・ムーア(英語版) - アメリカアメリカンフットボール選手バリントン・ムーア - アメリカ社会学者フランシス・ダニエルズ・ムーア - アメリカ外科医学者マイケル・ムーア - アメリカの映画監督マット・ムーア (アメリカンフットボール)(英語版) - アメリカアメリカンフットボール選手マット・ムーア (野球) - アメリカ野球選手日本のプロ野球でのプレー経験があるソフトバンク)。

※この「アメリカ人」の解説は、「ムーア」の解説の一部です。
「アメリカ人」を含む「ムーア」の記事については、「ムーア」の概要を参照ください。


アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 14:35 UTC 版)

ナルコス」の記事における「アメリカ人」の解説

スティーヴ・マーフィー演 - ボイド・ホルブルック日本語吹替 - 小川輝晃 DEA麻薬取締局捜査官シーズン1-2主人公あり物語の語り手。元々はマイアミ勤務だったが、麻薬流通出所突き止めるためにコロンビア赴任する。(シーズン1-2) ハビエル・ペーニャ演 - ペドロ・パスカル日本語吹替 - 鶴岡聡 ヒスパニック系スペイン語堪能なDEA捜査官シーズン1-2ではコロンビアでのマーフィー相棒女好きだが人情厚く情報提供者出所もらさない等口は堅いシーズン3では主人公語り手となる。(シーズン1-3) コニー・マーフィー演 - ジョアンナ・クリスティ(英語版)、日本語吹替 - 山像かおり マーフィーの妻。看護師。(シーズン1-2) ヌーナン大使演 - ダニエル・ケネディ、日本語吹替 - 滝沢ロコ アメリカコロンビア大使(シーズン1) ルイス・"ルー"・ワイセッション少佐演 - パトリック・セント・エスプリト(英語版共産主義者と戦うアメリカ海兵隊員(シーズン1-2) アーサー・クロスビー大使演 - ブレット・カレン アメリカコロンビア大使ヌーナン後任海軍出身。(シーズン2-3) クラウディア・メッシーナ演 - フロレンシア・ロザーノ(英語版マーフィーペーニャが所属する、DEA麻薬取締局の上司。(シーズン2) ビル・シュテックナー演 - エリック・ラング(英語版CIAコロンビア支局長。(シーズン2-3) クリス・ファイストル演 - マイケル・スタール=デイヴィッド英語版新人DEA捜査官ペーニャ指示カリに行く。(シーズン3) ダニエル・ヴァンネス演 - マット・ウィーラン(英語版クリス相棒チリ派遣され事がある。(シーズン3) ダフィー捜査官演 - シェー・ウィガム DEA捜査官コロンビア政府許可取らず捜査行いアメリカに帰還させられる。(シーズン3) バリー・シール演 - ディラン・ブルーノ アメリカ人パイロットTWAパイロットからCIA転身しメデジン・カルテル指示大量のコカインルイジアナ州密輸する運び屋

※この「アメリカ人」の解説は、「ナルコス」の解説の一部です。
「アメリカ人」を含む「ナルコス」の記事については、「ナルコス」の概要を参照ください。


アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:40 UTC 版)

高い城の男 (テレビドラマ)」の記事における「アメリカ人」の解説

ウインダム=マトスン - ジャック・ケーラー / 日本語吹替 - 宮崎敦吉 - フランクの働く工場の社長 (シーズン1) ローラ - クリスティン・シャトレイン(英語版)/日本語吹替 - 松浦裕美子 - フランクの姉 (シーズン1) アーノルド・ウォーカー - ダニエル・ローバック - ジュリアナ母の再婚相手家族には郵便局勤務偽り政府盗聴部門で働く。(シーズン1-2) アン・クレイン・ウォーカー - Macall Gordon - ジュリアナの母 (シーズン1-2) トゥルーディ・クレイン - コナー・レスリー/日本語吹替 - 松浦裕美子 - ジュリアナの妹。レジスタンス一員憲兵隊射殺される死の直前フィルムジュリアナ託す。(シーズン1-3) ケイト・オーウェンズ - シャノン・デイ - レジスタンス一員。夫は以前活動中殺害されている。 (シーズン1-2) カレン - カミール・サリヴァン - レジスタンス一員 (シーズン1-2) ランドール - ハンク・ハリス(英語版) - レジスタンス一員 (シーズン1-2) ヘーガン - Michael Hogan - レジスタンス一員 (シーズン2-3) サラ - Cara Mitsuko - 日系人レジスタンス 。戦時中強制収容所入れられていた。(シーズン2) ベル・マロリー - Frances Turner - BCR (黒人共産反乱軍)の一員 (シーズン4) イライジャ - Clé Bennett - BCR一員 (シーズン4) エクイアーノ・ハンプトン - デヴィッド・ヘアウッド - BCR指導者 (シーズン4) マイク・ボルデン-旧アメリカ合衆国陸軍大佐第二次世界大戦スミスやウィットクロフト等の上官だった。国防軍務めるが、帝国疑念を持つようになり、これの証拠音声フーバーによってスミスとウィットクロフトに報告されたが黙認される。(シーズン4) ダニエル・レヴァイン-旧アメリカ合衆国陸軍人。ユダヤ人スミス、ウィットクロフトの戦友ナチスアメリカ占領後ユダヤ人のため逮捕されるアメリカ第二次世界大戦勝った世界線ではスミス家族ぐるみの付き合いをしている。(シーズン4)

※この「アメリカ人」の解説は、「高い城の男 (テレビドラマ)」の解説の一部です。
「アメリカ人」を含む「高い城の男 (テレビドラマ)」の記事については、「高い城の男 (テレビドラマ)」の概要を参照ください。


アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 10:16 UTC 版)

ナルコス:メキシコ編」の記事における「アメリカ人」の解説

エンリケ・(キキ)・カマレナ演 - マイケル・ペーニャ日本語吹替 - 石上裕一 DEA麻薬取締局捜査官アメリカ出世悩み、妻と共にグアダラハラ支局赴任するフェリクス組織について貴重な情報集めた実在人物シーズン1主人公。(S1) ミカ・カマレナ演 - アリッサ・ディアス日本語吹替 - 中村千絵 キキの妻。(S1) ウォルト・ブレスリン演 - スクート・マクネイリー日本語吹替 - 津田健次郎 DEA捜査官シーズン2と3の主人公でレジェンダ作戦指揮官シーズン1と2のナレーター。 ダニ・ブレスリン演 - Kristen Gutoskie ウォルトの妻 (S3)。 ジェームズハイメ)・クイケンダール演 - マット・レッシャー英語版)、日本語吹替 - 三上哲 DEAグアダラハラ支局長でキキの上司 (S1)。後にDEAエルパソ支局長でウォルトの上司 (S3)。 ジョン・ギャヴィン演 - ユル・ヴァスケス アメリカ合衆国在メキシコ大使。(S1) ケニー演 - アレックス・ナイト DEA捜査官ウォルト部下。(S2) サル演 - ジェシー・ガルシア DEA捜査官ウォルト部下。(S2) ダリル演 - マット・ビエーデル DEA捜査官ウォルト部下。(S2) ビル・シュテックナー演 - エリック・ラング CIAコロンビア支局長。(S1-S2) スティーブ・シェリダン演 - ボー・マーショフ DEA捜査官エルパソ支局勤務。(S3)

※この「アメリカ人」の解説は、「ナルコス:メキシコ編」の解説の一部です。
「アメリカ人」を含む「ナルコス:メキシコ編」の記事については、「ナルコス:メキシコ編」の概要を参照ください。


アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 06:50 UTC 版)

空母いぶき」の記事における「アメリカ人」の解説

エドワード・キングリッジ アメリカ軍インド太平洋軍司令官階級大将。「しらぬい」が「ディオサ号」を曳航しているという情報得て急遽来日し柳沢総理会見。「ディオサ号」をアメリカ引き渡すよう要求するロイ・アームストロング タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦ポート・ロイヤル艦長階級大佐。 「しらぬい」と「ディオサ号」を繋ぐロープ艦首突っ込んで強引に切断しようとしたが、木の操艦誘い出された「ハルゼー」との衝突回避するためやむなく後退した

※この「アメリカ人」の解説は、「空母いぶき」の解説の一部です。
「アメリカ人」を含む「空母いぶき」の記事については、「空母いぶき」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アメリカ人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アメリカ人

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 07:46 UTC 版)

名詞

アメリカあめりかじん (amerikajin))

  1. アメリカ国籍を持つアメリカ出身者
  2. アメリカ人種白人黒人黄色人種ネイティブ・アメリカンなど。

類義語

翻訳


「アメリカ人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アメリカ人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメリカ人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバトル・オブ・ブリテン (改訂履歴)、ムーア (改訂履歴)、ナルコス (改訂履歴)、高い城の男 (テレビドラマ) (改訂履歴)、ナルコス:メキシコ編 (改訂履歴)、空母いぶき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアメリカ人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS