南北戦争とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 内乱 > 南北戦争の意味・解説 

南北戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/30 14:02 UTC 版)

南北戦争(なんぼくせんそう、英語: American Civil War)は、1861年から1865年にかけて[12]、北部のアメリカ合衆国と合衆国から分離した南部のアメリカ連合国の間で行われた内戦である。奴隷制存続を主張するミシシッピ州フロリダ州など南部11州が合衆国を脱退してアメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまったその他の北部23州との間で戦争となった。この戦争では史上初めて近代的な機械技術が主戦力として投入された。


注釈

  1. ^ 米墨戦争の結果アメリカ合衆国はメキシコ割譲地と呼ばれる広大な領土を収得した。
  2. ^ リンカーンは新たに合衆国に加わる州に奴隷制を広めるのに反対だったため、南部は徐々に自由州が増えて議会でのバランスが崩れる事によって最終的に奴隷制が廃止される事を怖れたのだろう。
  3. ^ 合衆国の首都であるワシントンD.C.はちょうどバージニア州(連合国)とメリーランド州(合衆国)の間にあるため、メリーランド州が南部連合国に寝返った場合は首都が北部州から完全に切り離される危険性があった。
  4. ^ 北部に残った士官より南部に去った士官たちの方が、全体的に質が高かったと言われている。
  5. ^ 軍の名称としては南軍の北バージニア軍と酷似し混乱の元なので、この戦いの後に廃止されている。ただし、更に紛らわしいテネシー軍の呼称は、なぜか両軍で使われ続けた。なお、英語で書いた場合、北部のそれはArmy of the Tennesseeである。これはテネシー川にちなんでおり、テネシー川(流域)軍を意味する。南部のそれはArmy of Tennesseeである。こちらはテネシー州からきており、正確にはテネシー州(の)軍となる。
  6. ^ 上記のように南部で徴兵適齢期に達していた市民は約100万人だった。つまり南部は動員可能な兵力をほとんど全て招集したと言う事がわかる。
  7. ^ 北部の通貨制度は伊藤博文の現地調査によって日本に影響を与え、1872年に明治政府は国立銀行条例を制定した。
  8. ^ ドイツが北部国債に投資したのは、ドイツからの移民が北部を中心としていた点にあるとされる。

出典

  1. ^ The Belligerent Rights of the Rebels at an End. All Nations Warned Against Harboring Their Privateers. If They Do Their Ships Will be Excluded from Our Ports. Restoration of Law in the State of Virginia. The Machinery of Government to be Put in Motion There.”. The New York Times (1865年5月10日). 2013年12月23日閲覧。
  2. ^ a b Total number that served
  3. ^ a b c Facts”. National Park Service. 2016年2月8日閲覧。
  4. ^ "Size of the Union Army in the American Civil War": Of which 131,000 were in the Navy and Marines, 140,000 were garrison troops and home defense militia, and 427,000 were in the field army.
  5. ^ Long, E. B. The Civil War Day by Day: An Almanac, 1861–1865. Garden City, NY: Doubleday, 1971. OCLC 68283123. p. 705.
  6. ^ "The war of the rebellion: a compilation of the official records of the Union and Confederate armies. ; Series 4 - Volume 2", United States. War Dept 1900.
  7. ^ a b c Fox, William F. Regimental losses in the American Civil War (1889)
  8. ^ a b c Official DOD data Archived 2014年2月28日, at the Wayback Machine.
  9. ^ Chambers & Anderson 1999, p. 849.
  10. ^ Nofi, Al (2001年6月13日). “Statistics on the War's Costs”. Louisiana State University. 2007年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月14日閲覧。
  11. ^ Recounting the dead, Associate Professor J. David Hacker, "estimates, based on Census data, indicate that the death toll was approximately 750,000, and may have been as high as 850,000"
  12. ^ “19世紀後半、黒船、地震、台風、疫病などの災禍をくぐり抜け、明治維新に向かう(福和伸夫)”. Yahoo!ニュース. (2020年8月24日). https://news.yahoo.co.jp/byline/fukuwanobuo/20200824-00194508/ 2020年12月3日閲覧。 
  13. ^ Elekund, R.B., Jackson J.D., and Thornton M., "The 'Unintended Consequences' of Confederate Trade Legislation." Eastern Economic Journal, Spring 2004
  14. ^ “米国の戦争、犠牲者数ワースト10”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304357604579587040231253978.html 2014年5月27日閲覧。 
  15. ^ http://www2.census.gov/prod2/decennial/documents/1860c-01.pdf
  16. ^ Martis, Kenneth C., "The Historical Atlas of the Congresses of the Confederate States of America: 1861–1865" Simon & Schuster (1994) ISBN 0-13-389115-1 pp.27.
  17. ^ Digital History Reader, U.S. Railroad Construction, 1860–1880 Virginia Tech, Retrieved August 21, 2012.
  18. ^ 建設現場で黒人とみられる95人の遺体、奴隷解放後も強制労働か”. CNN (2018年7月20日). 2018年7月21日閲覧。
  19. ^ a b 富田 2006, p. 182.
  20. ^ a b 富田 2006, p. 186.
  21. ^ 富田 2006, p. 181, 186.
  22. ^ 富田 2006, p. 191.



南北戦争(1860–1865)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 15:28 UTC 版)

ポーハタン (蒸気フリゲート)」の記事における「南北戦争(18601865)」の解説

ポーハタンは南北戦争中も現役に留まった。1860年10月にはベラクルーズのメキシコ湾艦隊旗艦となり、 1861年4月にはデイビッド・ディクソン・ポーター中佐艦長とし、フロリダ州のフォートピケンズの開放アラバマ州モービル封鎖従事する7月から8月にかけてポーハタンミシシッピ川封鎖加わる。8月から10月にかけてカリブ海南軍艦船追跡1862年10月から1863年8月にかけてはサウスカロライナ州チャールストン沖で活動ジェームズ・L・ラードナー少将旗艦として10月から1864年9月にかけて再びカリブ海に戻る。1864年12月24日から25日にかけて第一次フィッシャー砦の戦い続いて1865年1月13日から15日にかけ、第二次フィッシャー砦の戦い参加した

※この「南北戦争(1860–1865)」の解説は、「ポーハタン (蒸気フリゲート)」の解説の一部です。
「南北戦争(1860–1865)」を含む「ポーハタン (蒸気フリゲート)」の記事については、「ポーハタン (蒸気フリゲート)」の概要を参照ください。


南北戦争(1861年-1865年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/13 20:57 UTC 版)

ナチェズ (ミシシッピ州)」の記事における「南北戦争(1861年-1865年)」の解説

南北戦争のとき、ナチェズはほとんど損害を受けないままだった。1862年5月ニューオーリンズ陥落した後、ナチェズ市は北軍海軍艦隊司令官デヴィッド・ファラガット降った北軍装甲艦が川から町を砲撃したときに、1人老人と、ロザリー・ビークマンという8歳少女殺された老人心臓発作死にロザリー砲弾の破片死んだユリシーズ・グラント将軍指揮する北軍1863年ナチェズ占領したグラント暫定的にその作戦本部ナチェズロザリー邸宅置いたナチェズ住民中には連邦政府権威反抗的なままの者もいた。1864年、ローマ・カトリック・ナチェズ教区司教ウィリアム・ヘンリー・エルダーは、その教区民アメリカ合衆国大統領のために祈れという連邦政府命令に従うことを拒否した連邦政府エルダー逮捕し短期間収監した後、ミシシッピ川対岸南軍保持していたバイデイリアに追放したエルダーその後ナチェズ戻ること許され聖職者として任務再開したエルダーはそこで1800年まで務めシンシナティ大司教昇格された。 エレン・シールズの備忘録は、ヤンキーが市を占領したことに対する南部女性反応記しているシールズ地元特権階級一員であり、その備忘録戦中起きた南部社会動揺描いている。戦中南部男性が居なくなったので、多くの特権階級女性はその階級女性訪問し性的なことはヤンキーに頼ることになった1860年時点でナチェズ地域には340人の農園主居りそれぞれ250人以上の奴隷所有していた。農園主多く南軍執着してはいなかった。南部には最近到着したばかりであり、合衆国からの脱退反対し、北部との社会的経済結びつきがあった。これら特権階級農園主南部に対して強い感情的愛着心に欠けたが、戦争始まるとその多くの息子や甥が南軍従軍した。チャールズ・ダールグレンも南部来てから日が浅い者だった。戦前フィラデルフィアから来てその資産作り上げたアメリカ連合国支持し、1個旅団率いたが、メキシコ湾岸防衛失敗したことを批判された。ヤンキー入ってきたときは、その間ジョージア州移動していた。1865年戻ってきたが、その資産取り戻すことはなかった。破産宣言し1870年には諦めてニューヨーク市移転した戦後ナチェズ白人はさらにアメリカ連合国支持するようになった失われた大義神話が、南部敗北説明する手段となった。それは直ぐに絶対的な理論となり、祝賀行事演説会クラブ彫像強化された。この伝統を創設し維持することに貢献した主要組織は、南軍娘達連合南軍退役連合だった。ナチェズ他の都市で、地元新聞退役兵が失われた大義維持のための役割果たしたが、特権階級女性は、1890年のメモリアルデイに除幕された南北戦争記念碑など、特に墓地祈念碑設立重要な役割果たした失われた大義南部史の再定義において、非戦闘員ある女性が中心出来事であると主張することを可能にした。

※この「南北戦争(1861年-1865年)」の解説は、「ナチェズ (ミシシッピ州)」の解説の一部です。
「南北戦争(1861年-1865年)」を含む「ナチェズ (ミシシッピ州)」の記事については、「ナチェズ (ミシシッピ州)」の概要を参照ください。


南北戦争(ウォリック・ライン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 16:19 UTC 版)

フォート・ユースティス」の記事における「南北戦争(ウォリック・ライン)」の解説

マルベリー島のフォート・クラフォードは、1862年、南北戦争の半島方面作戦に際しバージニア半島横断してヨーク川の北に位置するヨークタウンまで続く南部連合防御線であったウォリック・ラインの南端制する砦として機能した

※この「南北戦争(ウォリック・ライン)」の解説は、「フォート・ユースティス」の解説の一部です。
「南北戦争(ウォリック・ライン)」を含む「フォート・ユースティス」の記事については、「フォート・ユースティス」の概要を参照ください。


南北戦争 (1861年〜1865年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 14:52 UTC 版)

アメリカ合衆国の歴史」の記事における「南北戦争 (1861年1865年)」の解説

詳細は「アメリカ合衆国の歴史 (1849-1865)を参照 アメリカ西部へ領土拡大する段階で、北部産業革命迎えて工業化進んだが、南部綿花生産を主産業としていた。北部工業地帯欧州との工業製品輸出競争兼ね合いから、自国産業保護訴えて関税をかけるなどの保護貿易求めた一方南部農業地帯自由に綿花輸出したいため、自由貿易関税撤廃求めた。こうして南北対立が非常に深まったまた、重工業化の進んだ北部では労働者不足する事態となったので、19世紀初頭続々と黒人奴隷解放して労働者として使用した。これら解放された奴隷一部アフリカ大陸への帰還希望しアフリカ西海岸リベリア成立した一方南部では19世紀半ば過ぎて黒人奴隷として使用し広大なプランテーション農業行っていたが、北部工場経営する資本家はこの豊富な黒人労働力を必要としていた。しかし、英国からの綿花需要拡大し南部ではますます黒人奴隷に頼る産業構造となった領土西部に広がり植民地人口増加したことにより、これらの植民地を州に格上げすることとなったとき、これらの新州奴隷制認めるかで南北対立となった1854年北部中心に奴隷制反対訴え共和党結党され、農民支持多かった民主党対立した1860年大統領となったのが共和党エイブラハム・リンカーンである。彼は黒人奴隷解放政策とし、北部資本家から喜ばれた。すると南部奴隷州反発しアメリカ連合国南部連合)を結成して離反した。当然合衆国認めるところではなく、南北戦争という形で火を吹いた南軍有利で戦争進んだが、北軍海上封鎖などで対抗1863年リンカーン奴隷解放宣言発表する急速に支持拡大、ゲディスバーグの戦いで北軍勝利を収める南軍勢力弱まった1865年南部連合降伏してアメリカ統一したリンカーン憲法改正し奴隷制廃止明文化し、黒人市民権与えられたが、彼は俳優南部過激派ジョン・ウィルクス・ブース射殺された。黒人奴隷制から解放されたものの、社会的な差別人種差別主義者からの迫害からは守られることはなく、クー・クラックス・クラン等による私刑20世紀半ば過ぎて多くの黒人の命を奪い続けた奴隷解放後、南部プランテーション農家多く産業の基盤失って没落したが、中には解放奴隷小作人として雇い入れ南北戦争前実質的にほとんど変わらない経営続けた大農家も多く存在した。 「アメリカ合衆国の奴隷制度の歴史」および「アフリカ系アメリカ人#アフリカ系アメリカ人歴史」も参照

※この「南北戦争 (1861年〜1865年)」の解説は、「アメリカ合衆国の歴史」の解説の一部です。
「南北戦争 (1861年〜1865年)」を含む「アメリカ合衆国の歴史」の記事については、「アメリカ合衆国の歴史」の概要を参照ください。


南北戦争(1860年-1865年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/12 03:15 UTC 版)

アメリカ合衆国南部の歴史」の記事における「南北戦争(1860年-1865年)」の解説

詳細は「南北戦争」を参照 1861年から1865年の南北戦争はオールドサウス社会的に経済的に破壊した戦前の南部国内でも裕福な地方だった。戦後レコンストラクション時代南部貧窮からの立ち直り模索し、灰の中から経済立て直すために働いたアメリカ連合国首都だったバージニア州リッチモンドは、鉄道運河および最先端の路面電車、さらに後に連邦準備銀行お陰で急速に回復したアメリカ連合国武装兵力および財政劣り4年間の戦争後には敗色濃厚になった。大統領ジェファーソン・デイヴィスゲリラ戦訴えて戦争長引かせることを望んだが、その将軍達中でもロバート・E・リーは、名誉ある選択肢として戦争終わらせ北部との和解交渉を始めることを望んだ

※この「南北戦争(1860年-1865年)」の解説は、「アメリカ合衆国南部の歴史」の解説の一部です。
「南北戦争(1860年-1865年)」を含む「アメリカ合衆国南部の歴史」の記事については、「アメリカ合衆国南部の歴史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「南北戦争」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「南北戦争」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



南北戦争と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「南北戦争」の関連用語

南北戦争のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



南北戦争のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南北戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのポーハタン (蒸気フリゲート) (改訂履歴)、ナチェズ (ミシシッピ州) (改訂履歴)、フォート・ユースティス (改訂履歴)、アメリカ合衆国の歴史 (改訂履歴)、アメリカ合衆国南部の歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS