歴史書とは? わかりやすく解説

歴史書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/27 01:26 UTC 版)

歴史書(れきししょ)とは歴史を記述した書物のことである。




「歴史書」の続きの解説一覧

歴史書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 17:04 UTC 版)

蔦の細道」の記事における「歴史書」の解説

伊勢物語』が書かれ時代以後も、多くの文人歌人蔦の細道通っており、平安時代中期菅原孝標女の作『更級日記』、鎌倉時代成立したといわれる軍記物語『平家物語』紀行文『海道記』十六夜日記』、同年代の歴史書である『吾妻鑑』などにも記されている。 鎌倉時代承元4年1210年)、将軍源実朝御台所女房丹後局東海道通って京都から鎌倉へ下る途中で宇都山(宇津ノ谷峠)で追い剥ぎにあう事件起こる。それ以後幕府駿河以西の宿々に夜行番衆をおいて旅人警護をするように命じ幕府統制力によって蛮行取り締まりが行われるようになったという。 そのような昼でも薄暗危なイメージ歌舞伎の「蔦紅葉宇津谷峠」(つたもみじうつのやとうげ)でも描かれている。伊丹屋十兵衛が幼い盲人按摩文弥殺して100両のお金を奪うが、そのお金文弥の姉お菊が、弟に按摩官位手に入れてやるため、身を売って用立てたお金だった。やがて、文弥亡霊十兵衛女房に取りつき、のつるのように殺し続いていく

※この「歴史書」の解説は、「蔦の細道」の解説の一部です。
「歴史書」を含む「蔦の細道」の記事については、「蔦の細道」の概要を参照ください。


歴史書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 09:59 UTC 版)

承久の乱」の記事における「歴史書」の解説

『愚管抄』慈円著。一説慈円はこの書をもって後鳥羽上皇討幕思いとどまらようとしたという。 『吾妻鏡』編纂物鎌倉幕府の半公式記録

※この「歴史書」の解説は、「承久の乱」の解説の一部です。
「歴史書」を含む「承久の乱」の記事については、「承久の乱」の概要を参照ください。


歴史書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 14:26 UTC 版)

帝国軍人後援会」の記事における「歴史書」の解説

山村睦夫「帝国軍人援護会日露戦時軍事援護活動日本史研究3581992年6月研究ノート。別組織帝国軍人援護会」についての論考だが、関連する記述がある。

※この「歴史書」の解説は、「帝国軍人後援会」の解説の一部です。
「歴史書」を含む「帝国軍人後援会」の記事については、「帝国軍人後援会」の概要を参照ください。


歴史書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:34 UTC 版)

偽書」の記事における「歴史書」の解説

歴史書においては直ち真偽判断できない難しさもあって偽書とされている史料が多い。真偽判定にあたっては、他文献との内容相違矛盾よりも、その書の成立時期について主張されている場合多くその時期を検証することが史料批判出発点となる。 『先代旧事本紀』は、室町時代まで記紀『古事記』『日本書紀』)と並ぶ「三部本書としての扱いを受けていた。しかし、序文に、『日本書紀』先行する7世紀編纂である旨記述が、江戸時代になると天皇記』『国記』に相当する記述装っているとされ、既に国学者多田義俊伊勢貞丈らが偽書断じている。成立7世紀よりもかなり下った平安時代初期9世紀頃)と見られる。しかし後世では、序文真偽さておいて記述には『記紀』や『古語拾遺』にも見られない独自の伝承神名、特に古代大和王権研究する上で重要な国造本紀』の国造関係史料見られ、これに史料価値認め研究者数多い。 また『先代旧事本紀』と並んで『古事記』についても偽書であるとする説がある。『旧事本紀』と同じく序文内容について不審な点があり、特に編纂の勅命下された年号記述がないことや、官位氏姓問題のある稗田阿礼の非実在論焦点あてられている。 他にも古史古伝では明らかに偽書であることが判明している史料多くある。「『古事記』より以前の歴史書」とのふれ込みで話題となった竹内文書昭和期入ってから竹内巨麿が世に広めたもので、日本国外近代都市名の記述があるなどして偽書断じられている。しかし、『東日流外三郡誌』のように20世紀語彙含まれるものありながら史料批判を受けることなく地元市史用いられたという例もある。これ以外にも偽書偽文書市町村史編纂史跡整備使われ権威を持ってしまう例は多い(類例には『浜松城記』がある)。 国家命運をはるか未来まで予言したという聖徳太子による『未来記』なる偽書古くから流布し『太平記』には楠木正成味方士気を鼓舞するため、後醍醐天皇からこの書の閲覧許されたとの記述がある。

※この「歴史書」の解説は、「偽書」の解説の一部です。
「歴史書」を含む「偽書」の記事については、「偽書」の概要を参照ください。


歴史書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:45 UTC 版)

第二次トゥルグ・フルモス攻防戦」の記事における「歴史書」の解説

ソ連情報ではこれらの戦いについて言及していない歴史家David Glantz師団史において1944年4月5月行われたこの作戦に関して言及しているものをルーマニアにおいて発見した。彼が発見した主な情報ソビエト第2戦車軍史についてであり、そこで戦いに対する直接言及したものであった。そこには1944年3月遅く第2戦車軍が第27軍担当地域移動した以下のとおり述べている。 『FocuriとPodul-Iloaeiの方面へ攻撃を行うこと。その後ヤシ市街向かって一撃加え、それを確保すること』 戦車軍による後続攻撃作戦に関するにおいては第27軍所属第35軍と共に攻撃したとされているが、この攻撃第3戦車軍がトゥルグ・フルモスに到着はしたが、ドイツ軍の反撃により撃退されたとしている。ドイツ軍将校により第16戦軍団特定され部隊は、この情報では言及されていないソビエト赤軍攻撃全方位に及んだというドイツの主張にもかかわらず、たとえ、ソビエト赤軍ルーマニアへ侵入するに当たり最終的に強力な位置への進撃成功したとしても、トゥルグ・フルモスの戦い1944年間に東部戦線において行われた作戦活動の中で比較小規模なものであったと現在、考えられている。

※この「歴史書」の解説は、「第二次トゥルグ・フルモス攻防戦」の解説の一部です。
「歴史書」を含む「第二次トゥルグ・フルモス攻防戦」の記事については、「第二次トゥルグ・フルモス攻防戦」の概要を参照ください。


歴史書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/18 00:38 UTC 版)

桜田氏」の記事における「歴史書」の解説

櫻田家編纂の歴史書あり。宇和島伊達藩家臣であった為、櫻田家所持文書等仙台伊達藩伊達正統世次考」、「伊達世臣家譜編纂時に織り込まれていないように思われる。 このことは逆に櫻田家編纂の歴史書にしか残っていない事柄がある、という可能性生み出している。 (ただし検証十分に行う必要性がある。小林清治桑折町叢書第8集解説にて「伊達正統世次考などに記され史実所在示されている。他方、~ 正統世次考あるいは 文書所伝とは明らかに矛盾する記載数々みられる」) 「旧記」 : 櫻田家史に「旧記に~」との記載があり、その存在類推される。 「仁鑑」:「櫻田家系・合戦記」に引用元として出てくる。伊達持宗以降の時代関係のあった各人物について、書き留められてきたものらしい。 「櫻田家史」 : 愛媛県宇和島市 財団法人宇和島伊達文化保存会に写あり。全5巻。「成実記」が記され以降江戸中期編纂か。 小林清治氏によると、1巻城資永より始まり南北朝期にかけて時代2巻その後伊達持宗大仏城の戦に際し伊達家仕える迄、 3~5巻文明元年より伊達政宗の時代について記載されている。3~5巻桑折町叢書第8集に収録。 「櫻田家系・合戦記」 : 川俣町史資料13集に収録その内容から「櫻田家史」に、「伊達正統世次考」、「伊達世臣家譜」をもととする修正加え、略書として編集されと思われる。 【櫻田家史における、他文書異な記載例】 「史実と思われる部分伊達尚宗正室越後上杉氏より迎えた際、「文明の末~ 入輿の事、伊達家櫻田隠岐守奉行し」と記載。「伊達正統世次考」には特に記載みえないが、上杉中条家文書にも櫻田隠岐守が使者として来たことが記されている。 「史実かどうか検証要する部分片倉景綱 - 祖父片倉壱岐守祖父弟は片倉藤左衛門。父は片倉主水正片倉主水正中野宗時謀反した元亀の変小松城の戦で戦死。名前が「片倉小十郎」から「備中景綱」へと変わる迄の間、「片倉宗巽」と記載している間がある伊達政宗幼名について - 「梵天丸ではなく、「孫呉丸」と記載している。 その他、年代誤っていると思われる個所複数ある。特に天文時代に集中。他、天正4年伊達輝宗相馬戦にて大敗した合戦年号を、元亀元年春としている。 「櫻田家史」には記載されず、「櫻田家系・合戦記」に追記された点。伊達尚宗内紛家督相続に際して庶兄出羽守擁立する動き)により一時蘆名逃れた事件について下記記載。「伊達正統世次考」には見受けられない内容庶兄出羽守擁立派:藤田泉沢留守氏伊達尚宗擁立派:櫻田牧野中野大町内馬場飯田遠藤氏

※この「歴史書」の解説は、「桜田氏」の解説の一部です。
「歴史書」を含む「桜田氏」の記事については、「桜田氏」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「歴史書」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「歴史書」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歴史書」の関連用語

歴史書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歴史書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歴史書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの蔦の細道 (改訂履歴)、承久の乱 (改訂履歴)、帝国軍人後援会 (改訂履歴)、偽書 (改訂履歴)、第二次トゥルグ・フルモス攻防戦 (改訂履歴)、桜田氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS