人々とは? わかりやすく解説

にん‐にん【人人】

読み方:にんにん

各人めいめい

「是れは全く—の貧富由ることにして」〈福沢福翁百話


ひと‐びと【人人】

読み方:ひとびと

多くの人たち。めいめいの人たち。一般の人たち。「災害地の—を激励する」「—の意見を聞く

多く女房召使いたち。

若き—、悲しきことはさらにも言はず」〈源・桐壺

複数の人に対して代名詞のように用いてみなさんあなたがた

「あれ御覧ぜよや—」〈謡・蘆刈


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 02:17 UTC 版)

人々(ひとびと)




「人々」の続きの解説一覧

人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 04:34 UTC 版)

スーパードラッケン」の記事における「人々」の解説

カテリーナ アレクス恋人アルゴスさらわれるが… クノス老師 アレクス恩師サラ ギザの妹。病気亡くなるが、死後ギザ想うロディスタ 昔、ソード修行をしていた人物アレクス助言をしてくれる。 オートラン 発明家さすらいの治療人 無料セーブをしてくれる。また、有料全回復をしてくれる。 まじゅつし アレクス試練与える。フィールド魔物100退治してくる事などを求める。

※この「人々」の解説は、「スーパードラッケン」の解説の一部です。
「人々」を含む「スーパードラッケン」の記事については、「スーパードラッケン」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 07:51 UTC 版)

ラップランド」の記事における「人々」の解説

ラップランド人口はおよそ200万人で、そのうち住民の5%程度(8~10万人)がサーミ人であり、フィン・ウゴル語派ウラル語族系)のサーミ語を話す。サーミ人3分の1移動生活を営んでおり、夏は海岸部住み冬は内陸部移動していく。他のサーミ人海岸フィヨルド散り散りに定住しており、多くは湖の側や谷の奥で構成して生活している。サーミ人多くノルウェー住んでおり、そこで彼らは「サーメ」 (Samer) と呼ばれている。彼らの主な職業トナカイを飼う事である(食料衣料調達できるため)が、他方狩り釣り生計立てる人もいる。 サーミ人9世紀にはノルマン人に、11世紀にはロシア人征服され13世紀から17世紀の間はスウェーデン支配されていた。 スウェーデンラップランドである自治都市、「イェリヴァーレ (Gällivare) 」・「ヨックモック (Jokkmokk) 」・「アリエプローグ (Arjeplog) 」は、1996年ラポニア地域としてユネスコ世界遺産複合遺産)に登録された。

※この「人々」の解説は、「ラップランド」の解説の一部です。
「人々」を含む「ラップランド」の記事については、「ラップランド」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 19:56 UTC 版)

ザンスカール」の記事における「人々」の解説

ザンスカール人口少ない。1971年最後国勢調査によると、人口は6,886人であった2020年町の人口は2万人記録されている。主な宗教チベット仏教である。その一方でシャーマニズム影響強く残っている。また、イスラム教シーア派少数民族住んでいる。 ほとんどの住民散在するらばった小さな々で生活している。最も人口集中する町は首都パドゥム(Padum)で、人口700人ほどである。ザンスカールのほとんどのザンスカール河と、その2つの支流域にある。この地域隔離されており、住民最近までほとんど完全な自給自足生きてきた。しかし、宗教的な道具工芸品宝石のため外部との交易は常に必要とされてきた。 ザンスカール人の主な仕事は牛の飼育と、耕作である。耕作地自前である。耕作できる土地は不十分で、扇状地棚畑制限される標高4000m以上の高度にはほとんど耕地はなく、ザンスカール人はこのような厳しい環境食物を得るために、集約的な農耕農業複雑な灌漑システム開発した。それでも耕作できる土地不足しており、人口増加抑えられてきた。ザンスカールには兄弟で妻を共有する一妻多夫制があり、これが効率的な産児制限システムとなったまた、高い乳児死亡率人口安定性一因となっている。夏になると、女性子供たちから遠く離れて移牧をする。

※この「人々」の解説は、「ザンスカール」の解説の一部です。
「人々」を含む「ザンスカール」の記事については、「ザンスカール」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 02:17 UTC 版)

パドゥム」の記事における「人々」の解説

ザンスカールに住む人々の多くチベット人だが、パドゥムには、ムスリム多く住んでいる。パドゥムにはモスク有りムスリム町の人口の40%を占める。

※この「人々」の解説は、「パドゥム」の解説の一部です。
「人々」を含む「パドゥム」の記事については、「パドゥム」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 08:52 UTC 版)

ダンデノング」の記事における「人々」の解説

サイモン・マッキーオン(Simon McKeon) - 2011年オーストラリア人今年の人、Australian of the Year)、社会起業家ヴィクトリアジョン・ファーナム - 1987年オーストラリア人歌手表現者 ガブリエラ・チルミ - 歌手 ビンチェンツォ・グレッラ - サッカー選手ブラックバーン・ローヴァーズFC、サッカールー Jamie McCarney - 役者 スコット・マクドナルド - サッカー選手ミドルズブラFC、サッカールー。 アンドリュー・ボーガット - バスケットボール選手 CDB - 音楽グループ Ken Bennett - 元オーストラリアン・ルールズ・フットボール選手。 コリングウッド・フットボール・クラブ(Collingwood)。 Mark Jamieson - 自転車選手

※この「人々」の解説は、「ダンデノング」の解説の一部です。
「人々」を含む「ダンデノング」の記事については、「ダンデノング」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 04:31 UTC 版)

オラクル (企業)」の記事における「人々」の解説

オラクル初期従業員ブルース・スコットは、1984年に Umang Gupta と共に Gupta Technologies(後の Centura Software)を創業し、後に PointBase, Inc.創業者CEOとなったスコットOracle V1, V2, V3設計携わっていた。Oracle のサンプルスキーマ "SCOTT"(EMPDEPTという表を含む)とそのパスワード "TIGER"(彼の飼っていた猫の名前)は彼の命名である。 1997年ラリー・エリソンスティーブ・ジョブズApple戻った後、同社取締役就任したエリソンは、取締役会出席する時間とれないことを理由に、2002年アップル取締役辞任した

※この「人々」の解説は、「オラクル (企業)」の解説の一部です。
「人々」を含む「オラクル (企業)」の記事については、「オラクル (企業)」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 15:43 UTC 版)

在日」の記事における「人々」の解説

在日外国人、あるいは在留外国人呼ばれる詳細は、日本の外国人ページ参照されたい。在日中国人在日韓国・朝鮮人在日フィリピン人在日ベトナム人在日ブラジル人在日ネパール人在日アメリカ人などが含まれる韓国民団朝鮮総聯用語として在日同胞」というのがある。

※この「人々」の解説は、「在日」の解説の一部です。
「人々」を含む「在日」の記事については、「在日」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/08 18:52 UTC 版)

あばれ祭り」の記事における「人々」の解説

地元出身金沢東京・大阪などに出ている人たちがキリコをかつぐためにこの日程合わせて帰ってくる。 国内外からの観光客も多い。 祭り当日は“よばれ”と言われる、各家庭ごとにごちそう振る舞われ風習がある。夜遅くまで玄関開けた状態にして、親戚縁者だけでなく、近隣の住民なども混ざって出入りし、宴が行われる。

※この「人々」の解説は、「あばれ祭り」の解説の一部です。
「人々」を含む「あばれ祭り」の記事については、「あばれ祭り」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 16:11 UTC 版)

iPhoto」の記事における「人々」の解説

iPhoto 09から顔認識機能追加され人物ごとに写真検索自動的に整理出来るようになる

※この「人々」の解説は、「iPhoto」の解説の一部です。
「人々」を含む「iPhoto」の記事については、「iPhoto」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 22:28 UTC 版)

アケイディアナ」の記事における「人々」の解説

ケイジャン目に見える文化として広く普及しているが、アケイディアナ住民全て文化的にアカディアというわけではなく、ケイジャン・フランス語話さない者もいるし、全員アカディアから逃れてきたケイジャンの子というわけでもない。ケイジャン以外にも、アケイディアナ全土は元々インディアン部族故郷であり、ルイジアナクレオールの黒人住んでいる。 また、ドイツ人移住者ケイジャンよりも先行して1721年にはアケイディアナ到着していた。より最近では、東南アジア(特にラオスベトナム、およびカンボジア)からの政治難民は、この地域家族文化と言語持ち込んで地域水産業貢献した

※この「人々」の解説は、「アケイディアナ」の解説の一部です。
「人々」を含む「アケイディアナ」の記事については、「アケイディアナ」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/28 16:51 UTC 版)

ウェストポート (アイルランド)」の記事における「人々」の解説

ジョン・マクブライド少佐(en:John MacBride)を追悼する記念碑Mall立っている。彼は1865年生まれ第二次ボーア戦争イギリス戦ったボーア人軍に入隊した。位を少佐まで上げていったが、1916年イースター蜂起参加した罪で処刑された。ノーベル平和賞受賞したショーン・マクブライドの父である。 イギリス陸軍ヴィクトリア十字章受章したコーネリアス・カフランが、この地域埋葬されている。 アイルランド人作家ジョージ・A・バーミンガム(本名ジェームズ・ハネイ)は、長年の間ウェストポートプロテスタント教区牧師であった。彼が書き大当たりした劇ジョン・リーガン将軍上演されているとき、彼は不名誉に暴動引き起こすこととなってしまった。地元の人々は登場人物自分たちをもとにしているということ認識し始めたのだが、それは彼らにとっては侮辱的なことであったのである

※この「人々」の解説は、「ウェストポート (アイルランド)」の解説の一部です。
「人々」を含む「ウェストポート (アイルランド)」の記事については、「ウェストポート (アイルランド)」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/09 20:33 UTC 版)

モザンビークの文化」の記事における「人々」の解説

市民大多数バントゥー系黒人である。ポルトガル系とムラート中国系、インド系アラブ系などの人口増加しつつあり、多く内戦の間離れていたものの、現在は帰還している。

※この「人々」の解説は、「モザンビークの文化」の解説の一部です。
「人々」を含む「モザンビークの文化」の記事については、「モザンビークの文化」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/07 01:12 UTC 版)

熈代勝覧」の記事における「人々」の解説

絵には総計1671人が描かれるが、このうち女性200人と性比がかなり偏っている。 日本橋に近いほど人が多く実際混雑分布反映されているとみられる買い物客の外、振売辻占読売など路上商人六十六部勧進僧などの僧侶寺子屋に通う親子など様々な人種活き活き描かれている。 人以外にも、野犬20匹、馬13頭、牛車4輌、猿飼1匹、鷹匠2羽が描かれている。

※この「人々」の解説は、「熈代勝覧」の解説の一部です。
「人々」を含む「熈代勝覧」の記事については、「熈代勝覧」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/07 19:13 UTC 版)

テネレ」の記事における「人々」の解説

テネレ人口が非常にまばらである。人類史初期の間は、人々が暮らすのにはより適した肥沃なであった。この地にヒト住み始めたのはおよそ6万年前のことと考えられている。彼らの狩猟様子発見され石器からうかがい知ることができる。およそ1万年前からの新石器時代には、岩を削ったり絵を描いたしたことが現存する洞窟壁画から読み取れるサハラ一帯乾燥していくに従い人は減ってゆき、紀元前2500年前までには現在のような乾燥した土地になったテネレ現在の主な住人トゥアレグである。トゥアレグ3つの同盟は、フランス植民軍が来るまでは、この地を支配していた。他の人々としては、ハウサ族ソンガイ族ムーア人などがいる。 1960年ニジェール独立したことによって、トゥアレグの地はニジェール一部となって7つの県に分けられた。テネレ中央部は、アイル・テネレ自然保護区として、保護管理下におかれた。 テネレ中心都市アイル山地に近いアガデズである。この町は岩塩鉱脈の上にあるオアシスの地でもある。

※この「人々」の解説は、「テネレ」の解説の一部です。
「人々」を含む「テネレ」の記事については、「テネレ」の概要を参照ください。


人々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 02:45 UTC 版)

フィンランドの文化」の記事における「人々」の解説

フィンランド全人口の内、フィンランド語話者フィン人呼ばれスウェーデン語話者フィン人下位文化含めることが可能である。フィン人は他のヨーロッパ人いくらか遺伝学的差異がある。フィンランド第一Y染色体ハプログループはNであり、Y染色体ハプログループIが次点占める。フィンランド語印欧語族ではなくウラル語族フィン・ウゴル語派属している。フィンランド語伝統的に地域による方言分けられるが、20世紀都市化国内移動によってこれらの差異はほんの小さなものになっているフィンランド社会国民との誓約である福祉国家理想を守るため、富の不均衡社会階級固定化妨げることで平等と自由を促進している。自然享受権古代からの思想引き継いでいる。全ての市民公私問わず土地農業活動レジャー利用できるフィンランド人価値観自然に親和性があり、農業ルーツ農村生活に深く埋め込まれている。フィンランド人自己認識とは対照的に愛国主義的で、民族家族対す考え方も同じである。 宗教ペイガニズム神話呪術などから始まった伝統一部分固有であるが、北欧ペイガニズム影響受けている。祈祷熊崇拝古代宗教特有の痕跡である。しかしながら現代20世紀初期にこれらの伝統を終わらせた。キリスト教12世紀フィンランド文化取り入れられ、現在では80.6%のフィンランド人フィンランド福音ルター派教会属し1.1%はフィンランド正教会属している。一般的にフィンランド人は彼らの視点からすれば世俗的である。 刷新出現と共に義務教育条例大学教育を除く教育公民権にしており、教育はほぼ全ての市民利用されている。大学教育を受けるための費用無料であるが、入学資格テスト点数厳密に基づいている。今日フィンランド人教育における信条加速度的な技術世界革新の中で、高度な教育を必要とするであろう未来雇用防衛することである。

※この「人々」の解説は、「フィンランドの文化」の解説の一部です。
「人々」を含む「フィンランドの文化」の記事については、「フィンランドの文化」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人々」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人々

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:51 UTC 版)

和語の漢字表記

ひとびと

  1. ひとびと 参照

「人々」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人々」の関連用語

1
70% |||||

2
70% |||||

3
70% |||||


5
52% |||||

6
52% |||||

7
52% |||||

8
52% |||||

9
52% |||||

10
52% |||||

人々のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人々のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人々 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスーパードラッケン (改訂履歴)、ラップランド (改訂履歴)、ザンスカール (改訂履歴)、パドゥム (改訂履歴)、ダンデノング (改訂履歴)、オラクル (企業) (改訂履歴)、在日 (改訂履歴)、あばれ祭り (改訂履歴)、iPhoto (改訂履歴)、アケイディアナ (改訂履歴)、ウェストポート (アイルランド) (改訂履歴)、モザンビークの文化 (改訂履歴)、熈代勝覧 (改訂履歴)、テネレ (改訂履歴)、フィンランドの文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人々 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS