僧侶とは? わかりやすく解説

そう‐りょ【僧侶】

読み方:そうりょ

出家して仏道修行する人。また、その集団僧徒。僧。


そうりょ 【僧侶】

仏教の僧のこと。僧は梵語サンガ音写僧伽の僧をとったもの。侶は漢字仲間同行の意で、梵語漢語合わせてできた語。→ 僧

比丘

(僧侶 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 03:27 UTC 版)

比丘(びく、: Bhikkhu: Bhikṣu)は、仏教において出家し、具足戒を守る男性の修行者である[1]。女性の出家修行者は比丘尼(びくに, Bhikkhunī)。梵語形のBhikṣuの音写から苾芻(びっしゅ)ともいう[2][3]。日本では一般には僧侶又はお坊さんと呼ぶ。


注釈

  1. ^ bhayaṃ ikkhatiでbhikkhuとなる。

出典

  1. ^ a b c 三枝充悳「比丘」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館
  2. ^ 「比丘」 - 精選版 日本国語大辞典、小学館。
  3. ^ 「苾蒭」 - デジタル大辞泉、小学館。
  4. ^ What is a bhikkhu?
  5. ^ 四津谷孝道「チベット仏教における継承・相続」『日本仏教学会年報』第69巻、日本仏教学会西部事務所、2003年、 95-103頁。
  6. ^ 中井英基「チベットにおける仏教々団主の相続形態」『一橋論叢』第63巻第6号、一橋大学一橋学会一橋論叢編集所、1970年、 82-101頁。
  7. ^ Resources: Monastic Vows
  8. ^ 講座禅第二巻 1967.
  9. ^ 岩波仏教辞典第2版 1989, p. 247.
  10. ^ a b c 岩波仏教辞典第2版 1989, p. 65.


「比丘」の続きの解説一覧

僧侶(女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/26 08:07 UTC 版)

おじいちゃん勇者」の記事における「僧侶(女)」の解説

おじいちゃん勇者と共に旅をするロングヘア少女スクール水着着ている。

※この「僧侶(女)」の解説は、「おじいちゃん勇者」の解説の一部です。
「僧侶(女)」を含む「おじいちゃん勇者」の記事については、「おじいちゃん勇者」の概要を参照ください。


僧侶(男 / 女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 07:25 UTC 版)

魔界戦記ディスガイアシリーズ」の記事における「僧侶(男 / 女)」の解説

回復魔法を得意とする。男は『初代』『3』『D2』『5』に登場男僧侶は『3』『D2』の2回デザイン変更されている。

※この「僧侶(男 / 女)」の解説は、「魔界戦記ディスガイアシリーズ」の解説の一部です。
「僧侶(男 / 女)」を含む「魔界戦記ディスガイアシリーズ」の記事については、「魔界戦記ディスガイアシリーズ」の概要を参照ください。


僧侶(Priest)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 06:46 UTC 版)

ウィザードリィ」の記事における「僧侶(Priest)」の解説

パーティ傷病癒し能力一時的に上げる「祈り呪文」を行使する

※この「僧侶(Priest)」の解説は、「ウィザードリィ」の解説の一部です。
「僧侶(Priest)」を含む「ウィザードリィ」の記事については、「ウィザードリィ」の概要を参照ください。


僧侶(男)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/26 08:07 UTC 版)

おじいちゃん勇者」の記事における「僧侶(男)」の解説

おじいちゃん勇者仲良しおっさんスケベな性格

※この「僧侶(男)」の解説は、「おじいちゃん勇者」の解説の一部です。
「僧侶(男)」を含む「おじいちゃん勇者」の記事については、「おじいちゃん勇者」の概要を参照ください。


僧侶 (Cleric)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/03 05:44 UTC 版)

ダンジョンマスター (MSX)」の記事における「僧侶 (Cleric)」の解説

支援魔法覚え防具中程度のものまでは装備できるが、刃物武器装備できない

※この「僧侶 (Cleric)」の解説は、「ダンジョンマスター (MSX)」の解説の一部です。
「僧侶 (Cleric)」を含む「ダンジョンマスター (MSX)」の記事については、「ダンジョンマスター (MSX)」の概要を参照ください。


僧侶(ライフ:4)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 03:11 UTC 版)

ぽっちゃり☆プリンセス」の記事における「僧侶(ライフ:4)」の解説

味方プレイヤーライフ回復させることができる。また、全回復しているプレイヤーには敵の攻撃1回無効化できるバリア張ることができる。(武器変える無効ロックオンなしの溜め範囲回復ができる。

※この「僧侶(ライフ:4)」の解説は、「ぽっちゃり☆プリンセス」の解説の一部です。
「僧侶(ライフ:4)」を含む「ぽっちゃり☆プリンセス」の記事については、「ぽっちゃり☆プリンセス」の概要を参照ください。


僧侶(プリースト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 07:55 UTC 版)

The World (.hack)」の記事における「僧侶(プリースト)」の解説

呪療士からクラスチェンジできる上級職業回復系特化した呪紋を扱う。味方に対する支援補助退魔呪紋を得意とする

※この「僧侶(プリースト)」の解説は、「The World (.hack)」の解説の一部です。
「僧侶(プリースト)」を含む「The World (.hack)」の記事については、「The World (.hack)」の概要を参照ください。


僧侶(主な武将:吉乃、太原雪斉など)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 23:13 UTC 版)

決戦III」の記事における「僧侶(主な武将吉乃太原斉など)」の解説

少数派知力体力成長がよい。支援系、計略系の武将特技を得意とする

※この「僧侶(主な武将:吉乃、太原雪斉など)」の解説は、「決戦III」の解説の一部です。
「僧侶(主な武将:吉乃、太原雪斉など)」を含む「決戦III」の記事については、「決戦III」の概要を参照ください。


僧侶(Cleric)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 05:05 UTC 版)

マイト・アンド・マジック」の記事における「僧侶(Cleric)」の解説

シリーズ登場。主に治療の魔法を扱う。

※この「僧侶(Cleric)」の解説は、「マイト・アンド・マジック」の解説の一部です。
「僧侶(Cleric)」を含む「マイト・アンド・マジック」の記事については、「マイト・アンド・マジック」の概要を参照ください。


僧侶 (MONK)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 03:58 UTC 版)

ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」の記事における「僧侶 (MONK)」の解説

戦士並のHPと高い列回復を持つ。反面攻撃力には乏しいが多少攻撃補助併せ持っている。

※この「僧侶 (MONK)」の解説は、「ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」の解説の一部です。
「僧侶 (MONK)」を含む「ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」の記事については、「ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」の概要を参照ください。


僧侶(セージ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 16:57 UTC 版)

ブラッド・ソード」の記事における「僧侶(セージ)」の解説

不毛の地カクソスに生まれ厳格な修道院肉体と精神修行積んだ禁欲的な僧。古代の伝承や、様々な言語詳しい。生命力回復術、浮遊悪霊払い透視術読心力という超能力使いこなす生命力回復術は自分の体力掛金にしたギャンブルである(ただし確率的には有利)。他の超能力は、基本的に2つ選択肢からどちらかを選ぶ事で、成否判定する戦闘では六尺棒術や弓術使用可能4巻クリア後は生命力回復術の成功率上がり超能力選択肢無しに成功するうになる

※この「僧侶(セージ)」の解説は、「ブラッド・ソード」の解説の一部です。
「僧侶(セージ)」を含む「ブラッド・ソード」の記事については、「ブラッド・ソード」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「僧侶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

僧侶

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:56 UTC 版)

発音(?)

そ↘ーりょ

名詞

そうりょ

  1. (主に仏教の)聖職者

関連語


「僧侶」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

僧侶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



僧侶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの比丘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのおじいちゃん勇者 (改訂履歴)、魔界戦記ディスガイアシリーズ (改訂履歴)、ウィザードリィ (改訂履歴)、ダンジョンマスター (MSX) (改訂履歴)、ぽっちゃり☆プリンセス (改訂履歴)、The World (.hack) (改訂履歴)、決戦III (改訂履歴)、マイト・アンド・マジック (改訂履歴)、ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜 (改訂履歴)、ブラッド・ソード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの僧侶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS