瞋とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 漢字辞典 > の意味・解説 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/03 07:46 UTC 版)

(しん、: vyāpāda : byāpādaまたは: dveṣa : dosa、英語:ill-will)は、仏教が教える煩悩のひとつ[1]瞋恚(しんに)ともいう。怒り恨みと訳され、(自分)に背くことがあれば必ず怒るような、害意、敵愾心、「自分がないがしろにされた」という思いである(自己愛憤怒[1]。憎しみ[2]。嫌うこと、いかること[3]。心にかなわない対象に対する憎悪[2]




  1. ^ a b c 中村元 『ブッダの言葉』 新潮社、2014年8月29日、Chapt.4。ISBN 978-4103363118 
  2. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 115.
  3. ^ a b 中村 2002, p. 96.
  4. ^ SuttaCentral (https://suttacentral.net/pi/mn62)


「瞋」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/02/04 13:40 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「瞋」の関連用語

瞋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



瞋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瞋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS