パーリ語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > パーリ語の意味・解説 

パーリ‐ご【パーリ語】


パーリ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/16 02:22 UTC 版)

パーリ語(パーリご、पाळिPāḷi、巴利語、略して巴語)は、南伝上座部仏教経典(『パーリ語経典』)で主に使用される言語。バーリ語とも。なお日本における仏教関連の辞典や書物では pl などと略称される。




  1. ^ a b c 『バウッダ [佛教]』 中村元 講談社学術文庫 p.100
  2. ^ 『バウッダ [佛教]』 中村元 講談社学術文庫 p.101


「パーリ語」の続きの解説一覧

パーリ語

出典:『Wiktionary』 (2020/03/08 00:54 UTC 版)

名詞

パーリ パーリご

  1. 古代インド語の一つサンスクリットに対し、プラークリット呼ばれる口語方言群の一つで、後には文語。(プラークリットの中ではサンスクリットに近い。)サンスクリットと並ぶ仏教経典言語で、上座部仏教南伝仏教)ではパーリ語経典用いている。

発音

パ↗ーリコ°

語源

パーリ語 पाऴि (pāḷi, pāli, pali, パーリ, 巴利:線、規範といった意味から「聖典」の意味になった)。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パーリ語」の関連用語

パーリ語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パーリ語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパーリ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパーリ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS