失念とは? わかりやすく解説

失念

失念とは、失念の意味

失念(しつねん)は「忘れること」を意味する漢語記憶していた物事事態を、うっかり忘れること、または、ど忘れすること。「失」の字は「なくす・失う」といった意味、「念」は「覚えておく・心に留めておく」という意味の字である。要するに「失念」は「心に留めておくべきことを失った=忘れた」ということである。

失念の使い方

「失念」は、「忘れる」よりも硬い文脈・丁寧な文脈で用いられる公文書やビジネスメールなどでは「忘れる」よりも「失念」の語を用いた方が収まり良い忘れることは「本来は覚えておくべきだった」「うっかりしていた」という失態ニュアンスが伴う。このとき「忘れた」「忘れていた」という表現を用いると、文脈によっては「反省していない」「謝罪気持ちがこもっていない」と印象を抱かれかねないこのような場合に「失念していた」という表現が用いられやすい。

失念の類語と使い分け

失念の類語には「ど忘れ」や「忘却」「忘失」などがある。「ど忘れ」は「本当よく知っていること(覚えておくべきこと)をウッカリ思い出せなくなっている」という意味合いで用いられる。「忘却」や「忘失」は、「すっかり忘れ去る」「頭から記憶消失している」「忘れてしまって思い出せない」ようなさまを意味する。また「忘失」は、「記憶失くす以外に「物を紛失する(どこに置いた忘れてしまう)」状況にも使える

失念の語源

失念は仏教用語語源である。「正念正気・本気)を失う」という意味があり、「心を錯乱させる煩悩のひとつを指す。「物忘れ気づきを失った心であり、仏法教え、または仏法言葉忘れてしまうこと。心が入り乱れ混乱すること」を意味する。「心にあった大切なことを失う」という意味が、「忘れる」という意味に転じたとされる。

失念のよくある間違い

失念は、覚えていたり知っていたことをうっかりど忘れしてしまった時に使う言葉なので、もともと知らないことに対しては使わない。また忘れ物をしたり、物を無くしてしまったときにも使用しない。あくまでも自分が「失念」した時に使用する言葉なので、第三者に対して使用する言葉でははない。もしも第三者目上の人が「失念」したことを表現する場合には、「失念なさる」「失念される」といった尊敬語を用いる。

失念

読み方:しつねん

失念とは、失念の意味

失念とは、記憶にあった事柄思い出せずに忘れてしまうことである。ど忘れするといった意味も含まれる。失念の「失」はうしなうこと、なくすことといった意味があり、「念」は心に留めて忘れないことを意味する。失念の語は、日常会話では「忘れる」の丁重語として使用することが多い。

失念の例文

失念の語を尊敬語として使う場合には、「失念なさる」「失念される」の言葉を用いる。

失念の例文

しつ‐ねん【失念】

[名](スル)

うっかり忘れること。ど忘れ物忘れ。「約束を—して失礼しました

仏語記憶さまたげる心の作用


失念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 13:34 UTC 版)

失念(しつねん)は、仏教が教える煩悩のひとつ。




「失念」の続きの解説一覧

「失念」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「失念」の関連用語

失念のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



失念のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの失念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS