失念とは?

失念

読み方:しつねん

失念とは、失念の意味

失念とは、記憶にあった事柄思い出せずに忘れてしまうことである。ど忘れするといった意味も含まれる。失念の「失」はうしなうこと、なくすことといった意味があり、「念」は心に留め忘れないことを意味する。失念の語は、日常会話では「忘れる」の丁重語として使用することが多い。

失念の例文

失念の語を尊敬語として使う場合には、「失念なさる」「失念される」の言葉を用いる。

失念の例文

しつ‐ねん【失念】

[名](スル)

うっかり忘れること。ど忘れ物忘れ。「約束を失念して失礼しました」

仏語記憶さまたげる心の作用


失念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 14:22 UTC 版)

失念(しつねん)は、仏教が教える煩悩のひとつ。






「失念」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「失念」の関連用語

失念のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



失念のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの失念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS