時にとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(時間) > 時にの意味・解説 

とき‐に【時に】

【一】[副]

場合によっては。時々。たまに。「時に病気になることがある

まさしくその時時あたかも。「時に戦後混乱期のさなかであった」

【二】[接]会話で、新し話題に入るときに用いる。さて。ところで。「時にあの件はどうなりましたか」


とき‐に【時━】

名詞「とき」に助詞「に」の付いたもの

1⃣ 〔連語その時に

百座法談(1110)三月四日「我も人も皆はちすの花のうへにゐたり。時に獄卒あきれあやしみて」

2⃣ 〔副〕 常にというわけでなく、おりがあって行なうさまをいう語。ときどき。おりおりどうかすると

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「我輩も時に忠告試みて見るが」

3⃣ 〔接続それまで述べてきた事柄から離れ別の新しいことを言い出すときに用いる語。また、特に注意引きつけるための話の冒頭用いる。ところで。さて。

米沢沙石集(1283)九「時に売候べし、いくいくらに買はせ給べし」

草枕(1906)〈夏目漱石〉四「ときに何時だなと時計を見ると」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「時に」の関連用語

時にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



時にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS