硬いとは?

かた・い【堅い/硬い/固い】

[形][文]かた・し[ク]

外力対す抵抗力大きく、容易に形を崩さない。「—・い殻を割る」「—・くてかめない肉」⇔やわらかい。

㋐物が強い力でぴったりとすきまなく合わさっている。「—・く扉を閉ざす」「帯を—・く結ぶ」「—・い握手を交わす」

㋑力を加えても、抵抗があって、滑らかに動かない。「栓が—・い」

(内にあるものが)強くて、外からの力に負けない。しっかりしていて、揺るがない。「—・い信念」「—・い約束」「守りが—・い」「口が—・い」

厳格である。きびしい。「—・く禁ずる」「身持ちが—・い」

㋐確かで、あぶなげがない。信用がおける。手堅い堅実だ。「—・い商売」「当選は—・い」「予算を—・く見積もる

取引で、相場一向に下がるようすがない。

何事もいいかげんにせず、きちんと扱うさま。まじめである。「—・くて信用のおける人」「—・い本」「そう—・いことを言うな」

自由な感じや、やわらかな感じ欠けたようすをいう。

自在動きできない融通きかない。「からだが—・い」「頭が—・い」⇔やわらかい。

㋑(表現などが)いかめしかったり、こわばったりしていて、すなおに人の気持ちに入ってこない。「文章がまだ—・い」「デッサンの線が—・い」

鋭くて、張りつめた感じ与える。「—・く乾いた音」「表情を—・くして事態推移見守る

緊張から、気持ちにゆとりがなくなる。言動ぎくしゃくする。

[補説] 漢字使い分けは「固い」が広く用いられ、「硬い」は物の性質、「堅い」は状態・ようすに用いられることが多い。

[派生] かたげ形動かたさ[名]


かた・い【堅・硬・固】

〔形口〕 [文]かた・し 〔形ク〕 外的な力によって、壊したり、破いたり、変形させたり、動かしたりすることの困難なさまである物質の性質・状態、人間の性状・性格心理的状態、物・事柄の様態様子などに対して使われる。⇔やわらかい。

① ものの形状や状態がしっかりしていて、それを変化させることが難しいさまである

(イ) 物質形状・状態が、こわしたり、変形させたりしにくいまである

源氏100114頃)行幸「かたきいはほもあわ雪になし給ふつべき御けしきなれば」

大唐西域記長寛元年点(1163)四「垣堵(ついかき)壊れたりと雖も基趾尚し固(カタシ)」

(ロ) 状態が強くしっかりしている。堅固である。

古事記(712)下・歌謡「秀罇(ほだり)取り多久(カタク)取らせ 下賀多久(ガタク) 彌賀多久(ガタク)取らせ」

(10C終)一六〇「遠き所より思ふ人の文を得て、かたく封じたる続飯(そくひ)などあくるほど、いと心もとなし

(ハ) 丈夫で長もちのするさまである。健康である。

書紀720顕宗即位前・歌謡(図書寮本訓)「取り結(ゆ)へる 縄此の家の長の 御寿(いのち)の堅(カタキ)なり」

(ニ) 固定していて動かしにくいまである

落窪(10C後)一「中隔(なかへだて)の障子明け給ふに、かたければ『これ明けよ』との給ふに」

② 心が確定していて、動揺したりしにくく、安心できるさまである

(イ) 信義厚く心変わりがしない。信用のおけるさまである。心に思い抱くことの強いさまである

書紀720雄略一二年一〇月・歌謡大君に 柯倶(カタク) 仕へ奉(まつ)らむと」

宇津保(970‐999頃)忠こそ「容貌清らに、らうらうしく、年若きを見給て、かたかるべき契をしてへ給しほどに」

(ロ) 態度強くしっかりしている。きびしい。

古事記(712)下「然れども大后始めて、諸の卿等、堅(かた)く奏(まを)すに因りて

源氏100114頃)明石「后、かたく諫め給ふに」

(ハ) かたくなである。ゆうずうきかない

*こんてむつすむん地(1610)一「さても人の心かたくぐちなる物かな、もくぜんの事ばかりをしあんして、みらいの事をば心にかけぬなり」

虞美人草(1907)〈夏目漱石一六「『是で好(い)いんです。御嫁に行くと却って不可(いけ)ません』『困ったな、何時の間に、さう硬(カタ)くなったんだらう』」

(ニ) きまじめである。堅実である。

咄本軽口御前男(1703)二「寺にての料理、汁をもる最中、ずんどかたい旦那参詣にて、長老迷惑なていを見て

(ホ) けちで、ちゃっかりしているまである。〔日葡辞書(1603‐04)〕

③ 人の様子表情感じ筆跡などについて、角ばっていて、柔軟性欠けるさまであるかたくるしい

源氏100114頃)行幸「おほむ手は、昔だにありしを、いと、わりなうしじかみ、ゑり深う、強う、固う、書き給へり」

いさなとり(1891)〈幸田露伴二九其様に堅う坐って居(ゐら)れては堪らぬ此方(こちら)へ此方へ」

④ (固定している、しっかりしているという意から派生して) 態度・状態が強くしっかりしていて、くずれることがないさまである

(イ) (「目がかたい」という形で) 眠けが来ないさまである

浄瑠璃・栬狩剣本地(1714)三「おとなし様にお目がかたい。少お休あそばせ

(ロ) (「口がかたい」の形で) べらべらしゃべらない。

安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「(人さしゆびにて口をたたき)ここのかたいのはじまんじゃアないが」

(5) 失敗する心配が少ない。確実である。実現することが確かだ。

歌舞伎勧善懲悪覗機関村井長庵)(1862)四幕「それぢゃというて、死なぬと堅(カタ)い事も言はれぬぢゃないか」

暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「自分では他の堅(カタ)い商売よりは幾らか自信もあるらしいのだが」

〔名〕


硬さ

(硬い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 18:43 UTC 版)

硬さ(かたさ、: hardness硬度)とは物質、材料の特に表面または表面近傍の機械的性質の一つであり、材料が異物によって変形や傷を与えられようとする時の、物体の変形しにくさ、物体の傷つきにくさである。工業的に比較的簡単に検査でき、これを硬さ試験法と呼ぶ。例えば鋼製品の熱処理結果の管理などに用いられている。




「硬さ」の続きの解説一覧

硬い

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:26 UTC 版)

漢字混じり表記

(かたい)

  1. かたい 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「硬い」の関連用語

硬いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



硬いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硬さ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの硬い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS