硬いとは?

かた・い [0] [2] 【堅い・固い・硬い】

( 形 ) [文] ク かた・し
物が力を加えられても,容易に形や状態を変えない。 《固・硬》 ↔ やわらかい 「 - ・い鉛筆」 「卵を-・くゆでる」
物と物,人と人がしっかりと合わさっていて容易に離れない。 《堅・固》 ↔ ゆるい 「 - ・くひもを結ぶ」 「 - ・い団結」 「 - ・い握手
心が動揺したり,容易に変わったりしない。 《堅・固》 「 - ・い決意」 「 - ・く信ずる」 「押し売り-・くおことわり
自分考えこだわり融通きかない。頑固だ。 《固・硬》 ↔ やわらかい 「頭が-・い」
外見がこわばって柔らかみがない。また,緊張していてぎこちない。 《硬》 「 - ・い表情
内容がまじめ一方で面白みがない。かたくるしいきまじめだ。 《固・硬》 ↔ やわらかい 「 - ・い一方の男」 「 - ・い話」
することに,浮ついたところがなく,信用がおける。 《堅・固
てがたい堅実だ。 「 - ・い商売」 「 - ・く見積もっても一億円はもうかる」
(「口がかたい」の形で)人に秘密をもらさない。 「口の-・い人」
間違いない。確かだ。 「合格は-・い」 「一万円は-・い」
どんな小さなことでも誤り許さない。厳重だ。きびしい。 《堅・固》 「 - ・く禁ずる」 「守りの-・い城」
(「目がかたい」の形で)眠気がこない。眠たがらない。 《堅・固》 「おとなし様に,おめが-・い/浄瑠璃・栬狩」
取引で,相場がなかなか下がらない。 《堅・固》 「値が-・い」 「底が-・い」
写真で,画像明暗対照がはっきりしている。硬調である。 《硬》
派生 -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )


硬さ

(硬い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/12 13:02 UTC 版)

硬さ(かたさ、: hardness硬度)とは物質、材料の特に表面または表面近傍の機械的性質の一つであり、材料が異物によって変形や傷を与えられようとする時の、物体の変形しにくさ、物体の傷つきにくさである。工業的に比較的簡単に検査でき、これを硬さ試験法と呼ぶ。例えば鋼製品の熱処理結果の管理などに用いられている。




「硬さ」の続きの解説一覧

硬い

出典:『Wiktionary』 (2010/02/13 19:55 UTC 版)

漢字混じり表記

(かたい)

  1. かたい 参照





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「硬い」の関連用語

硬いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

岩間寺

docomo STYLE series F-02A

縦縞京竹

安徳水

レッド・バイキング

濃縮ウラン

トーマス・エジソン

ストーンウォッシュ





硬いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硬さ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの硬い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS