剛性率とは?

Weblio 辞書 > 工学 > マグネット用語 > 剛性率の意味・解説 

ごう せいりつ がう- [3] 【剛性率】

弾性率一種弾性体弾性限界内でずれ応力作用させたときの抵抗大きさを表す定数で、ずれ応力とずれによる歪(ひずみ)の比。ずれ弾性率せん断弾性率

剛性率

【英】:Shear Modulus

弾性率一種で、ずれ弾性率せん断弾性率とも呼ばれる弾性体正四角柱考え底面とそれに平行な面にせん断応力τが働くと、正四角柱側面頂角 90°±γのひし形変形する。このとき、フックの法則成り立つ範囲でτ=Gγという比例関係があり、その係数Gを剛性率とよぶ。単位パスカルPa〕。磁石機械的強度を示す場合にこの値を用いることがある

剛性率

剪断弾性係数ともいう。住宅などの建築物に用いられる構造材料の弾性性質を表す係数で、材料のずれ変形対す抵抗大きさを表している。建築基準法では、高さ13m超または軒の高さ9m超の木造建築物をはじめとする特定建築物(高さ31m以下)に関して、「剛性率は6/10以上であること」と定めている。

剛性率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/16 22:43 UTC 版)

剛性率(ごうせいりつ)は弾性率の一種で、せん断力による変形のしにくさをきめる物性値である。せん断弾性係数せん断弾性率)、ずれ弾性係数ずれ弾性率)、横弾性係数ラメの第二定数ともよばれる。剛性率は通常Gで表され、せん断応力とせん断ひずみの比で定義される。




「剛性率」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「剛性率」の関連用語

剛性率のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



剛性率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
信越レア・アースマグネット信越レア・アースマグネット
Copyright © 2019 Shin-Etsu Chemical Co.,Ltd. All rights reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの剛性率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS