せん断弾性係数とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > セメントコンクリート用語 > せん断弾性係数の意味・解説 

せん断弾性係数

せん断応力度τとせん断ひずみγとの間に成り立つ線形関係 τ=G・γにおける比例定数Gのこと。剛性率ともいう。

剛性率

(せん断弾性係数 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/16 22:43 UTC 版)

剛性率(ごうせいりつ)は弾性率の一種で、せん断力による変形のしにくさをきめる物性値である。せん断弾性係数せん断弾性率)、ずれ弾性係数ずれ弾性率)、横弾性係数ラメの第二定数ともよばれる。剛性率は通常Gで表され、せん断応力とせん断ひずみの比で定義される。




「剛性率」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「せん断弾性係数」の関連用語

せん断弾性係数のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



せん断弾性係数のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2019 住友大阪セメント All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの剛性率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS