弾性率とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 弾性率の意味・解説 

だん せいりつ [3]弾性率

弾性限界内で、応力をひずみで割った値。ヤング率剛性率などがある。弾性係数

弾性率

英語 modulus of elasticityelastic modulus

物体荷重加えるとひずみが生じる。荷重によりその物体にかかる応力弾性変形をする範囲内のとき、応力とひずみは比例する。この比例定数を弾性率といい、弾性係数、あるいは弾性定数ともいう。物体の元の長さをL、伸びをS、断面積をA、荷重をPとすると、応力σ=P/A、ひずみε=S/Lとなり、応力とひずみは比例することから、σ=EεまたはE=σ/εと表し、このEを弾性率という。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

弾性率

比例限界以下の材料における応力に対応する歪み対する比。

弾性率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/26 09:22 UTC 版)

弾性率(だんせいりつ、英語: elastic modulus)は、変形のしにくさを表す物性値であり、弾性変形における応力ひずみの間の比例定数の総称である。弾性係数あるいは弾性定数とも呼ばれる[1]


  1. ^ 『機械工学辞典』日本機械学会、丸善、2007年、第2版、816頁。ISBN 978-4-88898-083-8
  2. ^ 小林英男; 轟章 『固体の弾塑性力学』 数理工学社、2007年、14頁。ISBN 978-4-901683-51-7 
  3. ^ a b 中前勝彦 (Nov 1988). “入門講座 弾性率および粘弾性”. 高分子 37 (11): 826-829. doi:10.1295/kobunshi.37.826. https://doi.org/10.1295/kobunshi.37.826. 
  4. ^ a b 吉川弘道. “構成方程式の基本知識―考え方と定式化― (PDF)”. 2020年4月26日閲覧。
  5. ^ 総和規約を用いており、総和記号が省略されていることに注意。
  6. ^ a b 中曽根祐司編 『異方性材料の弾性論』 コロナ社、2014年、80-83頁。ISBN 978-4-339-04633-5 
  7. ^ L. E. Nielsen:小野木重治 訳 (1980). 高分子と複合材料の力学的性質. 化学同人. pp. 26 
  8. ^ 井田喜明 『自然災害のシミュレーション入門』 朝倉書店、2014年、14頁。ISBN 978-4-254-16068-0 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弾性率」の関連用語

1
94% |||||


3
74% |||||

4
74% |||||





9
50% |||||

10
50% |||||

弾性率のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



弾性率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2020 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弾性率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS