対すとは?

たい・す【対す】

【一】[動サ五]「たい(対)する」(サ変)の五段化。「巨漢力士に—・すは小兵技能派」

【二】[動サ変「たい(対)する」の文語形


つい・す【対す】

[動サ変一対になる。対応する。

一人は妻なるべし—・するほどの年輩にて」〈一葉うつせみ


たい‐・す【対】

〔自サ変〕 ⇒たいする(対)


つい‐・す【対】

〔自サ変

一対(いっつい)になる。対応する。

文明本節用集室町中)「対句 クヲツイスル」

うつせみ(1895)〈樋口一葉〉「一人六十に近かるべき人品よき剃髪老人一人は妻なるべし対(ツヒ)するほどの年輩にて」

② ある色が他の色と調和する日葡辞書(1603‐04))


対す

読み方:たいす

サ行変格活用動詞「対す」の終止形
「対す」の口語形としては、サ行変格活用動詞「対する」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「対す」の関連用語

対すのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



対すのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS