剛性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 程度 > 剛性の意味・解説 

ごう‐せい〔ガウ‐〕【剛性】

読み方:ごうせい

圧縮・ずれ・ねじれなどの外力に対する物体変形しにくい性質

「剛性」に似た言葉

強度・剛性

英語 strength and rigidity

強度は強さ、剛性は弾性変形に対する抵抗度合い表している。ほとんどの部品必要な要件である。とくにボディシェルではもっとも重要な要件である。強度は大荷重強さ衝突強さ寿命劣化強さ信頼性などがわかる。剛性は操縦安定性ブレーキペダル踏み心地縁石段差乗り降りでのボディガタツキ振動乗り心地走行中ボディ堅牢さなどがわかる。一般的に強度が上がれば剛性も上がる傾向にある。ユーザー要求がより静か、より少な振動、より安心感などへ向きその実現のためには、各部材の大型断面化や板厚アップで剛性が上がる傾向になる。その結果ボディシェルの強度は大幅に向上するが、重量はかさむ。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

フレーム剛性

【別称】剛性
フレーム変形しにくさのこと。フレームは、バイク安定した走行性能実現するために、しなりと剛性のバランス考えて開発されている。
関連用語フレーム

剛性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 08:44 UTC 版)

剛性(ごうせい、: stiffness)とは、曲げやねじりのに対する、寸法変化(変形)のしづらさの度合いのこと。力に対して変形が小さい時は剛性が高い(大きい)、変形が大きい時は剛性が低い(小さい)という。工学的には単位変形を起こすのに必要な力(荷重/変形量)で表され、フックの法則におけるばね定数も剛性の一種である。剛性とは逆の変形のしやすさの度合い(変形量/荷重)は柔性(じゅうせい)と呼ばれる。




「剛性」の続きの解説一覧

剛性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 04:20 UTC 版)

局所コンパクト群における格子」の記事における「剛性」の解説

ほかに、半単純代数群における格子には、いくつかの特徴総じて剛性 (rigidity) と呼ばれる性質があるモストウの剛性定理は「分裂階数 (split rank) が 2 以上のリー群 G における格子代数的構造は G を決定する」ことを示すものであるしたがって、そのような二つの群における格子間の任意の同型写像本質的に自体間の同型延びる。超剛性 (superrigidity) は、代数群 G における格子から別の代数群 H への準同型扱いについての一般化与えものである

※この「剛性」の解説は、「局所コンパクト群における格子」の解説の一部です。
「剛性」を含む「局所コンパクト群における格子」の記事については、「局所コンパクト群における格子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「剛性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「剛性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



剛性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

剛性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



剛性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの剛性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの局所コンパクト群における格子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS