踏みとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 踏みの意味・解説 

ふみ【踏】

〔名〕 (動詞「ふむ(踏)」の連用形名詞化

値段値打見積もること。値ぶみ。鑑定

歌舞伎小袖曾我薊色縫十六夜清心)(1859)五立返し「『ほんにあなたは吉六の様でござりますナア』『是は御挨拶、吉六と二幅対とは、ちとおふみが違いますね』」

取引市場で、売値よりも高騰したりした時、受け渡し期限に先だって、買い戻しをして損失少なくすること。

大坂繁花風土記(1814)米方通信「ふみ」

地面などを踏むこと。また、その踏んだ感触、ぐあいなど。

不在地主(1929)〈小林多喜二〉三「踏みの悪い砂堤に足を落し落し


踏み

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

踏み

信用取引売りから入った銘柄を、損失を被って買い戻すこと。
株式の信用取引では、他者から株式借り売却し、株価値下がりしたところで買い戻し利益を得ることができます。つまり、あらかじめ高い株価で売っておき、安くなったところで買い戻すことにより、その差額利益になるのです。そして、買い戻し株式を、借りた人に返還すれば、すべての取引終了します。ところが、売りから入ったものの、見込み違い株価値上がりしてしまうと、安い株価買い戻すつもりが、高い株価買い戻さざるを得なくなるため、損失拡大してしまいます。もちろん、再び株価値下がりするのを待つこともできますが、信用取引決済期日決められており、それまで取引精算なければなりません。そのため、決済期日近づくと、仮に損失を被っていても、買い戻すことによって取引精算なければならなくなるのです。関西地域では、「イレと言います。

踏み、踏む(ふみ、ふむ)

売り玉を損して買い戻すことをいい、「煎れ」または「踏み出し」ともいいます。また、売り方が損をして買い戻すことによって相場が高くなることを「踏み上げ」、損を見切って手仕舞し、売買関係から離脱することを「踏み退く」、損を見切って手仕舞った玉のことを「踏み物」といいます。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「踏み」の関連用語

踏みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



踏みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2021 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集

©2021 GRAS Group, Inc.RSS