取引とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 取引 > 取引の意味・解説 

取り引き

読み方:とりひき
別表記:取引

一定条件で合の上商品売買サービスの提供条件交渉などを行うこと。話し合って働きかけ成立させること。

とり‐ひき【取引】

読み方:とりひき

[名](スル)

商人商人、または、商人と客との間で行われる経済行為。「外国企業と―する」「―先」

互いに利益得られるよう交渉すること。「ライバル会社裏で―する」


取引

作者池沢夏樹

収載図書バビロンに行きて歌え
出版社新潮社
刊行年月1990.1

収載図書バビロンに行きて歌え
出版社新潮社
刊行年月1993.5
シリーズ名新潮文庫


取引


取引

作者富永一

収載図書ショートショートの広場 18
出版社講談社
刊行年月2006.9
シリーズ名講談社文庫


取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 23:15 UTC 版)

取引(とりひき、: transaction)とは、契約合意などのもとに、金品や事柄のやり取りを行うこと。




「取引」の続きの解説一覧

取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 22:10 UTC 版)

トップマネジメント」の記事における「取引」の解説

売り上げ以外の資金増加術、借金株式があり3社ある株式買って投資資金増やす

※この「取引」の解説は、「トップマネジメント」の解説の一部です。
「取引」を含む「トップマネジメント」の記事については、「トップマネジメント」の概要を参照ください。


取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 06:39 UTC 版)

カルドセプト」の記事における「取引」の解説

第1作目セガサターン版)のみ、モノポリーのようにセプター間で土地交換した売買したりできたが、カルドセプト土地奪い合いメイン交渉ゲーム性にあまり貢献していないとの判断から廃止された。

※この「取引」の解説は、「カルドセプト」の解説の一部です。
「取引」を含む「カルドセプト」の記事については、「カルドセプト」の概要を参照ください。


取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 15:12 UTC 版)

パワーモンガー」の記事における「取引」の解説

他勢力の町に対して食料引き替えに物資調達する取引をもちかける。特に同盟結んでいる必要は無い。

※この「取引」の解説は、「パワーモンガー」の解説の一部です。
「取引」を含む「パワーモンガー」の記事については、「パワーモンガー」の概要を参照ください。


取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 22:55 UTC 版)

ブレント原油」の記事における「取引」の解説

ブレント原油指標連動してヨーロッパアフリカ中東豊富な精製石油価格つけられる傾向がある価格はかつて、概ね1バレルにつきWTIより約1ドル安くOPECバスケットより約1ドル高かったこともあった。 2020年4月20日同年5月物のWTI先物取引価格極端に暴落。マイナス37.63ドル/バレルとなる出来事があったが、この日北海ブレント先物取引価格下落こそしたもの25ドル台を維持することができた。WTI極端な下落アメリカ国内陸上貯蔵施設不足する懸念から生じたものだが、北海ブレント海上油田特性から過剰生産分をタンカー積めるなどの事情があり、下落幅少なかったものとされている

※この「取引」の解説は、「ブレント原油」の解説の一部です。
「取引」を含む「ブレント原油」の記事については、「ブレント原油」の概要を参照ください。


取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 08:01 UTC 版)

ディーラー」の記事における「取引」の解説

取引業者為替ディーラー - 為替の取引を行う企業

※この「取引」の解説は、「ディーラー」の解説の一部です。
「取引」を含む「ディーラー」の記事については、「ディーラー」の概要を参照ください。


取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 20:29 UTC 版)

天然ガス」の記事における「取引」の解説

日本では需要に比べ国内産わずかであるため、歴史的に輸入依存してきた。戦後からは、中東マレーシアブルネイなどから輸入している。原油に連動した価格で、転売しないという条件による長期契約輸入することが多かったこうした輸出国有利な条件見直動き出ている。 東京商品取引所などが設立したJAPAN OTC EXCHANGE株式会社」では、LNG店頭取引が行われていた。その後2022年4月東京商品取引所においてLNG先物の取引が開始された。 また、天然ガス輸出国から輸入先へのパイプライン敷設ルートの選定や、供給量価格のコンロールには、外交地政学的な要因が絡むことも多い。 「ロシア・ウクライナガス紛争を参照

※この「取引」の解説は、「天然ガス」の解説の一部です。
「取引」を含む「天然ガス」の記事については、「天然ガス」の概要を参照ください。


取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 03:54 UTC 版)

ストラディバリウス」の記事における「取引」の解説

ストラディバリウスヴァイオリニスト収集家羨望の的であり、しばしばオークションにおいて高額で落札される現存する真作で最も高値をつけたのは2011年6月21日に15894000ドル(約12億7420万円)で落札され1721年製のストラディバリウス「レディ・ブラント」である。それ以前2006年に約4億円で競り落とされた「ハンマー」が最高記録だった。また、1699年製(愛称不明)が2億1700万円落札されている。日本人では高嶋ちさ子ルーシーを2億円で購入千住真理子デュランティ2-3億円(正確な金額は非公表)で購入している。ただし、オークション最高入札額をつけた楽器が最も高額とは限らない有名で高額な楽器オークションかけられず、直接的な取引が行われることが多いためであるまた、高額な楽器良い音がなるものとも限らない。これはストラディバリウス美術品としての側面あるからである。美術品としては、オリジナルの状態が保存され、あまり演奏されていないほうが価値高まるが、楽器として使い込まれたほうが良い音色なるからである。 日本国内では、特定の老舗弦楽器商で仕入れられことがあるまた、資産家所有団体関係団体から演奏家期間限定あるいは終身契約貸与され場合がある日本では公益法人企業保有しているストラディバリウス音楽家貸与されている。特に日本音楽財団複数ストラディバリウス保有し国内外演奏家無償貸与している。

※この「取引」の解説は、「ストラディバリウス」の解説の一部です。
「取引」を含む「ストラディバリウス」の記事については、「ストラディバリウス」の概要を参照ください。


取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 03:54 UTC 版)

リサイクル」の記事における「取引」の解説

回収業者回収された、資源ごみは分別(不純物取り除いたり材質などで分別する)または洗浄されることによって再資源化業者売却されるこれによって回収業者運営費用雇用賃金賄われているという実態がある。資源ごみ人件費の安い途上国からは一定の買い取り需要があり、主に先進国回収業者から途上国再資源化業者資源ごみが「輸出」され、輸入された国の再資源化業者代価支払うといった貿易関係存在する。これが後述リサイクル課題にも繋がっているリサイクル用の資源は、各国国内需要と供給一致しないために貿易が行われる。需給不一致原因は、 (1) ある製品リサイクルは同じ製品使われない場合がある(2) 再生資源発生するタイミング再生資源利用したいタイミングが合わない(3) 製品作られた地域廃棄された地域異なる、などがある。再生資源貿易は、資源の有効利用として環境面からも便益があるされる。 国連貿易統計によれば2015年再生資源輸出入重量順でみると、上位鉄スクラップ8900トン)、古紙(5800トン)、粒状スラグ2400トン)、廃プラスチック1500トン)。金額の上位は鉄スクラップ280ドル)、スクラップ210ドル)、貴金属スクラップ170ドル)などである。

※この「取引」の解説は、「リサイクル」の解説の一部です。
「取引」を含む「リサイクル」の記事については、「リサイクル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「取引」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取引

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:50 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. とりひき漢字表記。

「取引」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



取引と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「取引」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • ETFや株式の取引手段とメリット、デメリット

    ETFや株式の取引手段には、「店頭取引」、「電話取引」、「パソコン取引」、「スマホ取引」の4種類があります。ここでは、それぞれの取引手段とそのメリット、デメリットを紹介します。▼店頭取引店頭取引は、顧...

  • 日本国内のFX業者の手数料比較

    2012年5月現在、日本国内のほとんどのFX業者では、取引の際の売買手数料を無料に設定しています。しかし、電話取引の場合には売買手数料を有料に設定している場合があります。電話取引は、顧客が何らかの事情...

  • バイナリーオプションの初心者向け入門サイト一覧

    バイナリーオプションは、FXと同じように外国為替を扱う商品ですが、仕組みや取引のルールはFXと異なります。次のリストは、これからバイナリーオプションを始めようとする初心者向けに、バイナリーオプションの...

  • 株365のギャップリスクとは

    株365のギャップリスクとは、取引時間外のイベントによる急激な値動きの危険性のことです。イベントの内容は、経済指標、政変や紛争、要人の発言、為替動向などが挙げられます。例えば、日経225証拠金取引の取...

  • CFDの日経225先物と日経225先物、日経225ミニ先物の比較

    CFDの日経225先物と日経225先物、日経225ミニ先物は、いずれも日経平均株価(日経225)の先物取引商品です。しかし、取引の種類や必要証拠金などはそれぞれ異なります。▼取引限月CFDの日経225...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取引」の関連用語

取引のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取引のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの取引 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトップマネジメント (改訂履歴)、カルドセプト (改訂履歴)、パワーモンガー (改訂履歴)、ブレント原油 (改訂履歴)、ディーラー (改訂履歴)、天然ガス (改訂履歴)、ストラディバリウス (改訂履歴)、リサイクル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの取引 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS