アルフレッド・マーシャルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 経済学者 > イギリスの経済学者 > アルフレッド・マーシャルの意味・解説 

マーシャル【Alfred Marshall】


アルフレッド・マーシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 14:23 UTC 版)

アルフレッド・マーシャル英語: Alfred Marshall1842年7月26日 - 1924年7月13日)は、イギリス経済学者新古典派経済学を代表する研究者。ケンブリッジ大学教授を務め、ケインズピグーを育て、ケンブリッジ学派 (新古典派)を形成し、同大学の経済学科の独立にも尽力した。


  1. ^ a b 橘木 (2012)、71頁。
  2. ^ "The Pure Theory of Foreign Trade: The Pure Theory of Domestic Values"
  3. ^ この様な性格から、1890年代の大蔵大臣のための貿易政策に関するメモなど、マーシャルの著作には未完で終わったものが多い
  4. ^ 原題『産業と貿易:産業技術とビジネス機構、及び様々な階級と国民の状態に関するその影響』, "Industry and Trade : A Study of Industrial Technique and Business Organization, and their Influences on the Conditions of Various Classes and Nations"
  5. ^ 橘木 (2012)、73頁。
  6. ^ 貨幣を回転させた、使った回数と考えても良い
  7. ^ ドーンブッシュ、フィッシャー
  8. ^ a b c d 『マーシャル クールヘッド&ウォームハート』(2014)、p129-131
  9. ^ a b c d e 『マーシャル クールヘッド&ウォームハート』(2014)、p135-139
  10. ^ a b c d e f g 『マーシャル クールヘッド&ウォームハート』(2014)、p125-128
  11. ^ 現代の労働者の賃金週21シリングでは小麦24ペックが購入できるが、これは中世から近代までの平均的労働者が購入できた小麦6ペックの4倍である。また、イギリスの所得はドイツの所得よりも多い。
  12. ^ a b c d e 『マーシャル クールヘッド&ウォームハート』(2014)、p145-147
  13. ^ 『マーシャル クールヘッド&ウォームハート』(2014)、p149-155
  14. ^ a b c 待忍説』 - コトバンク
  15. ^ 中野剛志『国力論』以文社2008年、pp.143-149
  16. ^ 中野剛志『国力論』以文社2008年、pp.147-149
  17. ^ Marshall (1885), p. 57.
  18. ^ 日本経済新聞社編 『世界を変えた経済学の名著』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、201頁。


「アルフレッド・マーシャル」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アルフレッド・マーシャル」の関連用語

アルフレッド・マーシャルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アルフレッド・マーシャルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルフレッド・マーシャル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS