イギリスとは? わかりやすく解説

イギリス

イギリス
United Kingdom of Great Britain
and Northern Ireland
通貨単位ポンドペンス
British Pound / Pence
1ポンド=100ペンス
マップ
1 ポンド (1985)
50 ペンス (1979)
20 ペンス (1982)
10 ペンス (1992)
5 ペンス (1990)
2 ペンス (1979)
1 ペンス (1979)
1/2 ペンス (1976)

イギリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 15:04 UTC 版)

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、英語: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称イギリスは、ヨーロッパ大陸北西岸に位置し、グレートブリテン島アイルランド島北東部その他多くの島々からなる立憲君主制国家である。首都はロンドン英語圏ではUnited Kingdom、頭文字を取ってU.K.UKと略称される[1]日本語における通称ならび俗称の一例としてイギリス英国(えいこく) がある(→#国名)。


注釈

  1. ^ NHKで採用している他、原則として「英国」を用いるメディアでも「イギリス英語」のような形では使用する。
  2. ^ また、アメリカ合衆国に渡ることを「渡米」と言うように、イギリス、特にイングランドへ渡ることを「渡英」と言う(二字熟語による往来表現の一覧を参照)。

出典

  1. ^ 英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)|外務省
  2. ^ a b Countries within a country”. Prime Minister's Office. 2003年1月10日閲覧。
  3. ^ G20とは何ですか? G7とは何ですか? 日本銀行
  4. ^ OECD(経済協力開発機構)の概要 外務省
  5. ^ 北大西洋条約機構(NATO) 外務省
  6. ^ 欧州評議会(Council of Europe) 外務省
  7. ^ 長崎大学核兵器廃絶研究センター NPTとはどんな条約ですか?
  8. ^ 輸出貿易管理令等における国名表記の変更について経済産業省) 国立国会図書館のアーカイブより2019-2-5閲覧
  9. ^ コトバンク「エゲレス」
  10. ^ Treaty of Union, 1706”. Scots History Online. 2011年8月23日閲覧。
  11. ^ Barnett, Hilaire; Jago, Robert (2011). Constitutional & Administrative Law (8th ed.). Abingdon: Routledge. p. 165. ISBN 978-0-415-56301-7. https://books.google.co.jp/books?id=LYc1tSYonrQC&pg=PA165&redir_esc=y&hl=ja 
  12. ^ See Article One of the Act of Union 1707.
  13. ^ "After the political union of England and Scotland in 1707, the nation's official name became 'Great Britain'", The American Pageant, Volume 1, Cengage Learning (2012)
  14. ^ "From 1707 until 1801 Great Britain was the official designation of the kingdoms of England and Scotland". The Standard Reference Work:For the Home, School and Library, Volume 3, Harold Melvin Stanford (1921)
  15. ^ "In 1707, on the union with Scotland, 'Great Britain' became the official name of the British Kingdom, and so continued until the union with Ireland in 1801". United States Congressional serial set, Issue 10;Issue 3265 (1895)
  16. ^ Gascoigne, Bamber. “History of Great Britain (from 1707)”. History World. 2011年7月18日閲覧。
  17. ^ Cottrell, P. (2008). The Irish Civil War 1922–23. p. 85. ISBN 1-84603-270-9 
  18. ^ a b S. Dunn; H. Dawson (2000), An Alphabetical Listing of Word, Name and Place in Northern Ireland and the Living Language of Conflict, Lampeter: Edwin Mellen Press, "One specific problem — in both general and particular senses — is to know what to call Northern Ireland itself:in the general sense, it is not a country, or a province, or a state — although some refer to it contemptuously as a statelet:the least controversial word appears to be jurisdiction, but this might change." 
  19. ^ Changes in the list of subdivision names and code elements”. ISO 3166-2. International Organization for Standardization (2011年12月15日). 2012年5月28日閲覧。
  20. ^ Population Trends, Issues 75–82, p.38, 1994, UK Office of Population Censuses and Surveys
  21. ^ Life in the United Kingdom:a journey to citizenship, p. 7, United Kingdom Home Office, 2007, ISBN 978-0-11-341313-3.
  22. ^ Statistical bulletin:Regional Labour Market Statistics”. 2014年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。
  23. ^ 13.4% Fall In Earnings Value During Recession”. 2014年3月5日閲覧。
  24. ^ Murphy, Dervla (1979). A Place Apart. London: Penguin. ISBN 978-0-14-005030-1 
  25. ^ Whyte, John; FitzGerald, Garret (1991). Interpreting Northern Ireland. Oxford: Clarendon Press. ISBN 978-0-19-827380-6 
  26. ^ Merriam-Webster Dictionary Online Definition of ''Great Britain''”. Merriam Webster (2012年8月31日). 2013年4月9日閲覧。
  27. ^ New Oxford American Dictionary:"Great Britain:England, Wales, and Scotland considered as a unit. The name is also often used loosely to refer to the United Kingdom."
  28. ^ “Guardian Unlimited Style Guide”. London: Guardian News and Media Limited. (2008年12月19日). http://www.guardian.co.uk/styleguide/page/0,,184840,00.html 2011年8月23日閲覧。 
  29. ^ “BBC style guide (Great Britain)”. BBC News. (2002年8月19日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/programmes/radio_newsroom/1099593.stm#g 2011年8月23日閲覧。 
  30. ^ Key facts about the United Kingdom”. Government, citizens and rights. HM Government. 2012年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  31. ^ Great Britain”. International Olympic Committee. 2011年5月10日閲覧。
  32. ^ Mulgrew, John (2012年8月2日). “Team GB Olympic name row still simmering in Northern Ireland”. Belfast Telegraph. http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/northern-ireland/team-gb-olympic-name-row-still-simmering-in-northern-ireland-28776939.html 2015年3月9日閲覧。 
  33. ^ Bradley, Anthony Wilfred; Ewing, Keith D. (2007). Constitutional and administrative law. 1 (14th ed.). Harlow: Pearson Longman. p. 36. ISBN 978-1-4058-1207-8. https://books.google.co.jp/books?id=HT_GS2zgN5QC&pg=PA36&redir_esc=y&hl=ja 
  34. ^ Which of these best describes the way you think of yourself?”. Northern Ireland Life and Times Survey 2010. ARK – Access Research Knowledge (2010年). 2010年7月1日閲覧。
  35. ^ Schrijver, Frans (2006). Regionalism after regionalisation:Spain, France and the United Kingdom. Amsterdam University Press. pp. 275–277. ISBN 978-90-5629-428-1. https://books.google.co.jp/books?id=u8gZklxHTMUC&pg=PA275&redir_esc=y&hl=ja 
  36. ^ Jack, Ian (2010年12月11日). “Why I'm saddened by Scotland going Gaelic”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2010/dec/11/ian-jack-saddened-by-scotland-going-gaelic 
  37. ^ Ffeithiau allweddol am y Deyrnas Unedig”. Directgov – Llywodraeth, dinasyddion a hawliau]. 2012年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  38. ^ CNN.co.jp. “スコットランド独立の是非を問う住民投票実施へ 英国”. 2012年10月16日閲覧。
  39. ^ 英国がEU離脱 加盟国の離脱は初”. 毎日新聞 (2020年2月1日). 2020年2月1日閲覧。
  40. ^ The British Monarchy, What is constitutional monarchy?. Retrieved 17 July 2013
  41. ^ CIA, The World Factbook. Retrieved 17 July 2013
  42. ^ Devolution of powers to Scotland, Wales, and Northern Ireland”. United Kingdom Government. 2013年4月17日閲覧。 “In a similar way to how the government is formed from members from the two Houses of Parliament, members of the devolved legislatures nominate ministers from among themselves to comprise an executive, known as the devolved administrations...”
  43. ^ “Fall in UK university students”. BBC News. (2009年1月29日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/education/7859034.stm 
  44. ^ Country Overviews:United Kingdom”. Transport Research Knowledge Centre. 2010年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月28日閲覧。
  45. ^ Mathias, P. (2001). The First Industrial Nation:the Economic History of Britain, 1700–1914. London: Routledge. ISBN 0-415-26672-6 
  46. ^ Ferguson, Niall (2004). Empire:The rise and demise of the British world order and the lessons for global power. New York: Basic Books. ISBN 0-465-02328-2 
  47. ^ Sheridan, Greg (2010年5月15日). “Cameron has chance to make UK great again”. The Australian (Sydney). http://www.theaustralian.com.au/news/opinion/cameron-has-chance-to-make-uk-great-again/story-e6frg6zo-1225866975992 2011年5月23日閲覧。 
  48. ^ Dugan, Emily (2012年11月18日). “Britain is now most powerful nation on earth”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/britain-is-now-most-powerful-nation-on-earth-8326452.html 2012年11月18日閲覧。 
  49. ^ McCourt, David (28 May 2014). Britain and World Power Since 1945:Constructing a Nation's Role in International Politics. United States of America: University of Michigan Press. ISBN 0472072218. http://books.google.ie/books?id=lwpOnwEACAAJ&dq=Britain+and+World+Power+Since+1945:+Constructing+a+Nation%27s+Role+in+International+Politics&hl=en&sa=X&ei=TCJkU8TOE6mS7Abw14HIBg&ved=0CDIQ6AEwAA 
  50. ^ Global Power Europe” (英語). Globalpowereurope.eu. 2008年10月17日閲覧。
  51. ^ Armed Forces Act 1976, Arrangement of Sections” (英語). raf.mod.uk. 2009年2月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月22日閲覧。
  52. ^ Defence Spending” (英語). Ministry of Defence. 2008年1月6日閲覧。
  53. ^ : Ministry of DefenceAnnual Reports and Accounts 2004-05 (PDF, 1.60 MB) 」2006-05-14 閲覧。(英語)
  54. ^ The 15 countries with the highest military expenditure in 2013 (table) (PDF)”. Stockholm International Peace Research Institute. 2015年1月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月4日閲覧。
  55. ^ The Military Balance 2014:Top 15 Defence Budgets 2013 (IISS)
  56. ^ Office for National StatisticsUK 2005:The Official Yearbook of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland、p. 89 (英語)
  57. ^ US announces first F-35 in Europe to be based in the UK” (英語). GOV.UK. 2021年9月9日閲覧。
  58. ^ Military Bases -” (英語). 2021年9月9日閲覧。
  59. ^ Britain is a US client state and should not forget it, says the neocons' oracle | Politics | The Guardian”. amp.theguardian.com. 2021年9月9日閲覧。
  60. ^ 中山徹奈良女子大教授の記念講演6 どうやって森を再生するかイギリスの例”. 日本共産党宝塚市議 草野義雄. 2014年5月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月10日閲覧。
  61. ^ Working with Overseas Territories”. Foreign and Commonwealth Office. 2011年5月3日閲覧。
  62. ^ Key facts about the United Kingdom”. Directgov. 2012年10月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月3日閲覧。 “The full title of this country is 'the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland'. 'The UK' is made up of England, Scotland, Wales and Northern Ireland. 'Britain' is used informally, usually meaning the United Kingdom. 'Great Britain' is made up of England, Scotland and Wales. The Channel Islands and the Isle of Man are not part of the UK.”
  63. ^ London Weather Center 2001年1月から2017年12月までの平均
  64. ^ Metropolitan Area Populations”. Eurostat (2012年8月30日). 2013年5月4日閲覧。
  65. ^ The World Factbook”. Central Intelligence Agency (2014年2月1日). 2014年2月23日閲覧。
  66. ^ a b World Economic Outlook Database, October 2016 IMF 2016年11月03日閲覧。
  67. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2016 森記念財団都市戦略研究所 2016年10月31日閲覧。
  68. ^ Global Financial Centres Index 20 Z/yen 2016年11月03日閲覧。
  69. ^ Triennial Central Bank Survey of foreign exchange and OTC derivatives markets in 2016 国際決済銀行(BIS) 2016年11月03日閲覧。
  70. ^ a b [1]
  71. ^ 柏戸傳、「大戦間期日・英造船業の企業金融」『立正経営論集』 2005年 37巻 2号, 立正大学経営学会
  72. ^ 「英経済、過去60年間で最悪の下降局面」英財務相”. 産経新聞 (2008年8月30日). 2008年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月30日閲覧。
  73. ^ 習主席:英首相と7兆円商談合意…人民元建てで国債発行へ Archived 2015年10月23日, at the Wayback Machine.毎日新聞 2015年10月21日
  74. ^ Multimillion boost to UK economy as China and UK government sign civil nuclear agreement and sign agreement to deepen cooperation on climate change” (英語). GOV.UK. 2021年10月24日閲覧。
  75. ^ 左側通行の国と右側通行の国一覧まとめ|その違いが生まれた理由は? car-moby
  76. ^ Religion in England and Wales 2011 (Report). Office for National Statistics. (2012-12-11). https://www.ons.gov.uk/peoplepopulationandcommunity/culturalidentity/religion/articles/religioninenglandandwales2011/2012-12-11. 
  77. ^ 『The Changing Religious Landscape of Europe』 Hans Knippenberg
  78. ^ 「英国・イングランドとウェールズ、同性婚を初の合法化」朝日新聞、2014年03月29日
  79. ^ 「在日本英国大使館・領事館で同性婚登録が可能に」 週刊金曜日 2014年06月13日
  80. ^ Getting married abroad” (英語). GOV.UK. 2021年10月24日閲覧。
  81. ^ OHE Guide to UK Health and Health Care Statistics (Report). Office of Health Economics. (2013-08). https://www.ohe.org/publications/ohe-guide-uk-health-and-health-care-statistics. 
  82. ^ “'Huge contrasts' in devolved NHS”. BBC News. (2008年8月28日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/7586147.stm 
  83. ^ Triggle, Nick (2008年1月2日). “NHS now four different systems”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/7149423.stm 
  84. ^ OECD Health Data 2009 – How Does the United Kingdom Compare (Report). OECD. 
  85. ^ Fisher, Peter. “The NHS from Thatcher to Blair”. NHS Consultants Association (International Association of Health Policy). http://www.healthp.org/node/71. "The Budget ... was even more generous to the NHS than had been expected amounting to an annual rise of 7.4% above the rate of inflation for the next 5 years. This would take us to 9.4% of GDP spent on health ie around EU average." 
  86. ^ Haden, Angela; Campanini, Barbara, eds (2000). The world health report 2000 – Health systems:improving performance. Geneva: World Health Organisation. ISBN 92-4-156198-X. http://www.who.int/whr/2000/en/whr00_en.pdf 2011年7月5日閲覧。 
  87. ^ World Health Organization. Measuring overall health system performance for 191 countries. New York University. http://pages.stern.nyu.edu/~wgreene/Statistics/WHO-COMP-Study-30.pdf 2011年7月5日閲覧。. 
  88. ^ 英国 危険・スポット・広域情報 外務省海外安全ホームページ
  89. ^ 2008年12月10日付の日本経済新聞より
  90. ^ More money, more viewers and fewer runs in prospect for intriguing World Cup More money, more viewers and fewer runs in prospect for intriguing World Cup The Guardian 2019年7月15日閲覧。
  91. ^ England beat New Zealand in thrilling Cricket World Cup final – as it happened! The Guardian 2019年7月18日閲覧。
  92. ^ Team Great Britain - Profile | Tokyo 2020 Olympics” (英語). olympics.com. 2021年8月12日閲覧。
  93. ^ 世界ランク男女
  94. ^ 英国が金メダル 日本に完勝 ミュアヘッドが涙“平昌の悪夢”払拭”. デイリー (2022年2月20日). 2022年2月20日閲覧。



イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 16:55 UTC 版)

アメリカ合衆国51番目の州」の記事における「イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)」の解説

アメリカ合衆国とイギリスの関係英米同盟そもそもアメリカ合衆国が、元を正せイギリス帝国植民地だった)を考えると、イギリスの評論家にいわせれば、イギリスはアメリカ合衆国の「事実上の51番目の州であると示唆されている。イギリスが合衆国加盟すれば合衆国の中でも最も富裕人口の多い州となる。それ故に最も政治的な影響力を行使できると言う者もいる。ただし、ほとんどのイギリス人アメリカ人もこれは起こりえないとも思っている。 しかし、それが実際に起こったとすれば、イギリスが共和国になるか、あるいはアメリカアメリカ合衆国憲法第4条第4節アメリカ合衆国はこの連合の中にある各州共和的形態の政府保証する」という規定改訂することになる。この種の噂は伝統的なもので、第二次世界大戦末期1944年ブレトン・ウッズでの借款交渉より帰国したケインズ取り巻き記者からイギリスはアメリカ合衆国49目のになるという噂は本当かと尋ねられると、即座に「そんな幸運はないよ」と答えたという(「49目の州」という言い方使われたのは当時まだ48州だったため。アラスカハワイ連邦参加していなかった)。 文化的には、様々なアメリカ合衆国テレビ番組人気上がっており、映画ファッションまた文学も然りである。経済的には、スーパーマーケットファーストフード小売店アメリカから輸出されて、年長者の多い社会で古い小さな事業には大きな影響を及ぼすと思われるが、一般大衆にとっては便利さが増すであろう映画51番目の州」(アメリカでの公開では「フォーミュラ51」)では、アメリカ合衆国からイギリスへ犯罪流入すると仮定している。特に薬物密売ギャングである。 政治的にはイギリス帝国衰退アメリカ合衆国影響力増大表裏一体となって進み第二次世界大戦中アメリカ合衆国援助得たことで、イギリスが植民地失いイギリス海軍優越性失われたことに擬えられる。イギリスが大英帝国夢見て世界影響力保持しようと「新しアメリカ帝国」の力にすり寄ろうとしていると考える人は殆どいない。 第二次世界大戦から今日に至るまで、イギリスに米軍基地軍事機関CIAなどの諜報機関多数駐留しており、特に冷戦時代にこれらが増強されたことは、アメリカ合衆国影響力明確な証拠取られている。アメリカ空軍にとって、イギリスは世界における「戦略的な位置」として特に重要である。 イギリスの主権失われる可能性と、米英関係の中で互恵主義明らかな欠如関連して政治的な権利についての批判がある。イギリスは朝鮮戦争時にアメリカ合衆国支援したが、スエズ紛争際にアメリカ合衆国支援得られなかった。このような批判は、アメリカ合衆国共産圏諸国を扱うやり方について特に広まっていった。ベトナム戦争のときのアメリカ合衆国に対する言葉の上の支援は、公式の軍事的な介入無かったにも拘わらず抗議運動対象となったロナルド・レーガン大統領時代アメリカ合衆国は、イギリスが起こしたアルゼンチンに対するフォークランド紛争際に密かにマーガレット・サッチャーイギリス政府支援した。これは米州相互援助条約制限を超えるものであった(しかし、アルゼンチン紛争起こした当事者であったので、直接武力行使しても条約犯すことにはならなかった。また北大西洋条約によって、アメリカ合衆国はイギリスに対する責任があった)。 イギリスは、冷戦終結後アメリカ強力な同盟者であり、レーガンサッチャー時代続いてジョージ・W・ブッシュによる2003年イラク侵攻については、トニー・ブレア英国首相強く支持することで裏付けられたブッシュ・ブレア両首脳が会する時の友好的な雰囲気がそれを示していた。テロリズム対抗し情報共有し合うためにUKUSA協定創られた。その際にメディアは「トニーアメリカ合衆国」と比喩した。 イギリス国内では、イギリスが欧州連合 (EU) から脱退して北米自由貿易協定 (NAFTA) に加わ可能性について、限られた範囲ではある議論がある。しかし、イギリスは貿易額60%以上を占めEUとの結びつきを、NAFTAとの比較の中で再度交渉しなければならないNAFTAの中で最大のアメリカ合衆国とは、イギリスが15%を輸出し8.7%を輸入している。しかし、多くの評論家によれば新首相となったゴードン・ブラウンイラク問題に対するイギリスの支持引き上げよう願っており、トニー・ブレアのようにアメリカ合衆国影響を受けないだろうと考えているまた、イギリス国民本来のイギリス英語からアメリカ英語を話す状態になっている事が、社会問題となっている。また、軍事面においてはイギリスは第二次世界大戦戦勝国のため、核兵器保有するが国的に認められている。しかし、イギリスの核兵器発射権利アメリカ合衆国連邦政府がは実質的に権利を持っており、イギリスはアメリカ合衆国許可無しで核ミサイル飛ばす事は出来ない発表された軍事面文化面でも世界で最もアメリカ化進んでいるため、イギリス国民は「言語まで同じになった今、イギリスはかつて植民地支配をしたアメリカ合衆国自治区である」と批判した

※この「イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)」の解説は、「アメリカ合衆国51番目の州」の解説の一部です。
「イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)」を含む「アメリカ合衆国51番目の州」の記事については、「アメリカ合衆国51番目の州」の概要を参照ください。


イギリス (1970–80年代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 18:18 UTC 版)

ワクチン忌避」の記事における「イギリス (197080年代)」の解説

1974年、ある著名な公衆衛生学者が、36反応百日咳ワクチンに起因する報告しワクチンわずかに効果があるにすぎず、その利益がそのリスク上回るかについて疑問呈したテレビ新聞報道過熱し恐怖引き起こされた。イギリスにおけるワクチンの接種率は81%から31%にまで低下し引き続いて起こった百日咳流行によって何人かの子供が死亡した主流医学的意見ワクチン有効性安全性支持し続け、国によるワクチン有効性再評価発表後国民信頼回復したその後ワクチンの接種率は90%以上にまで増加し疾患発生劇的に減少した

※この「イギリス (1970–80年代)」の解説は、「ワクチン忌避」の解説の一部です。
「イギリス (1970–80年代)」を含む「ワクチン忌避」の記事については、「ワクチン忌避」の概要を参照ください。


イギリス(BRDC F4)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 04:43 UTC 版)

フォーミュラ4」の記事における「イギリス(BRDC F4)」の解説

イギリスではブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ (BRDC) の主催で、2013年よりBRDC Formula 4 (BRDC F4) の名称でレースが行われた。 元々は2006年より同国750 Motor Club主催していたレース前身2013年にBRDCとモータースポーツ・ビジョン (MSV) が主催引き継ぎRalph Firman RacingRFR)が製造するシャシーに2リッターエンジンを搭載したワンメイクレースである。 2015年FIA-F4公認シリーズMSAフォーミュラ後述)がスタートすると、2016年3月、BRDC F4はBRDC イギリスF3選手権 (BRDC British Formula 3 Championship) として再出発することになったタトゥースMSV F4-016シャーシコスワース製2リッターエンジンを搭載しF4F3GP3間のギャップ埋め位置付けになる。これによりMSAフォーミュラ2016年シーズンから「イギリスF4選手権」を名乗ることになった。 なお、伝統イギリスF3選手権2014年末にヨーロッパF3選手権統合されており、BRDC イギリスF3はその系統ではない。

※この「イギリス(BRDC F4)」の解説は、「フォーミュラ4」の解説の一部です。
「イギリス(BRDC F4)」を含む「フォーミュラ4」の記事については、「フォーミュラ4」の概要を参照ください。


イギリス(グレートブリテン・北アイルランド連合王国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 13:52 UTC 版)

世界遺産の一覧 (ヨーロッパ)」の記事における「イギリス(グレートブリテン・北アイルランド連合王国)」の解説

詳細は「イギリスの世界遺産を参照 画像登録名登録年分類登録基準ID備考 ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸 1986年 自然 (7), (8) 369 ダラム城と大聖堂 1986年 文化 (2), (4), (6) 370 アイアンブリッジ峡谷 1986年 文化 (1), (2), (4), (6) 371 ファウンテンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園 1986年 文化 (1), (4) 372 ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群 1986年 文化 (1), (2), (3) 373 グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁 1986年 文化 (1), (3), (4) 374 セント・キルダ 1986年2004年、2005年拡大複合文化的景観(3), (5), (7), (9), (10) 387 ブレナム宮殿 1987年 文化 (2), (4) 425 バース市街 1987年 文化 (1), (2), (4) 428 ローマ帝国の国境線 1987年2005年2008年拡大文化 (2), (3), (4) 430 ドイツ共有ドイツ領内への拡大2005年)。構成資産3件のうち、2件(ハドリアヌスの長城アントニヌスの長城)を保有ウェストミンスター宮殿ならびに聖マーガレット教会を含むウェストミンスター寺院 1987年2008年拡大文化 (1), (2), (4) 426 ヘンダーソン島 1988年 自然 (7), (10) 487 ロンドン塔 1988年 文化 (2), (4) 488 カンタベリー大聖堂聖オーガスティン修道院聖マーティン教会 1988年 文化 (1), (2), (6) 496 エディンバラの旧市街と新市街 1995年 文化 (2), (4) 728 ゴフ島イナクセシブル島 1995年2004年拡大) 自然 (7), (10) 740 マリタイム・グリニッジ 1997年 文化 (1), (2), (4), (6) 795 オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地 1999年 文化 (1), (2), (3), (4) 514 バミューダ島古都セントジョージ関連要塞群 2000年 文化 (4) 983 ブレナヴォン産業景観 2000年 文化文化的景観(3), (4) 984 ソルテア 2001年 文化 (2), (4) 1028 ドーセットと東デヴォン海岸 2001年 自然 (8) 1029 ダーウェント峡谷の工場群 2001年 文化 (2), (4) 1030 ニュー・ラナーク 2001年 文化 (2), (4), (6) 429 キュー王宮植物園2003年 文化文化的景観(2), (3), (4) 1084 海商都市リヴァプール 2004年 文化 (2), (3), (4) 1150 危機遺産2012年 - 2021年)のちに、世界遺産リストからの抹消2021年7月21日)。 コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観 2006年 文化文化的景観(2), (3), (4) 1215 ポントカサステ水路橋と運河 2009年 文化 (1), (2), (4) 1303 フォース橋 2015年 文化 (1), (4) 1485 ゴーラムの洞窟群 2016年 文化 (3) 1500 イングランド湖水地方 2017年 文化文化的景観(2), (5), (6) 422 ジョドレルバンク天文台 2019年 文化 (1), (2), (4), (6) 1594 ヨーロッパの大温泉保養都市群 2021年 文化 (2), (3) 1613 ほか6か国共有。イギリスは構成11都市のうち、1件(バース)を保有ウェールズ北西部スレート関連景観 2021年 文化 (2), (4) 1633

※この「イギリス(グレートブリテン・北アイルランド連合王国)」の解説は、「世界遺産の一覧 (ヨーロッパ)」の解説の一部です。
「イギリス(グレートブリテン・北アイルランド連合王国)」を含む「世界遺産の一覧 (ヨーロッパ)」の記事については、「世界遺産の一覧 (ヨーロッパ)」の概要を参照ください。


イギリス(コマンド作戦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 16:26 UTC 版)

コマンド部隊」の記事における「イギリス(コマンド作戦)」の解説

イギリス軍支援されコマンド部隊によるノルウェーにおけるドイツの重水製造施設破壊工作イギリス連邦オーストラリア軍ニュージーランド軍・在豪イギリス軍参加した「Zフォース英語版)」は、主にシンガポール停泊中の日本船少人数襲撃し戦果挙げ1943年9月26日ジェイウィック作戦では7隻の日本船沈めることに成功し全員が無事帰還果たしている。しかし、1944年10月10日実施されリマウ作戦では、停泊中の日本船3隻を沈めたところで参加したZフォースメンバー23人中13人射殺され、残る10名も翌年5月までに全員逮捕されている。

※この「イギリス(コマンド作戦)」の解説は、「コマンド部隊」の解説の一部です。
「イギリス(コマンド作戦)」を含む「コマンド部隊」の記事については、「コマンド部隊」の概要を参照ください。


イギリス(イングランドおよびスコットランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 05:56 UTC 版)

王政復古」の記事における「イギリス(イングランドおよびスコットランド)」の解説

詳細は「イングランド王政復古を参照 ジェームズ1世 エリザベス チャールズ1世 ゾフィー チャールズ2世 メアリー ジェームズ2世 ジョージ1世 ウィリアム3世 メアリー2世 アン 1642年イングランド清教徒革命起こった革命の指導者オリバー・クロムウェル1649年チャールズ1世処刑し王政廃止された。議会派クロムウェル護国卿任命したが、その死後護国卿継承した子のリチャード・クロムウェルには政治力無く、自ら辞任申し出たそのため、議会チャールズ1世の子チャールズ2世王権返還し1660年ステュアート朝復活した

※この「イギリス(イングランドおよびスコットランド)」の解説は、「王政復古」の解説の一部です。
「イギリス(イングランドおよびスコットランド)」を含む「王政復古」の記事については、「王政復古」の概要を参照ください。


イギリス(イングランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 07:37 UTC 版)

拷問台」の記事における「イギリス(イングランド)」の解説

イギリス(イングランド)に始めて拷問台登場したのは、ロンドン塔管理長官英語版であった第2代エクセター公ジョン・ホランド1447年導入したのが始まりと言われている。このため拷問台は「エクセター公の娘(the Duke of Exeter's daughter)」という愛称知られたリンカンシャー騎士ウィリアム・アスキュー卿の娘で、プロテスタントの殉教者アン・アスキュー(英語版)は、1546年25歳没)に火炙り刑にされる前に拷問台による拷問受けた彼女は聖書研究し詩の暗唱でも知られていた。そして、処刑まで自分の信念貫いた考えられている。拷問台によって身体障害受けた彼女は椅子乗せられ火炙り処刑台に送られたという。彼女が非難され理由は、(1)女性聖書について語ること許されない大司教)、(2)聖餐式聖体祭儀)が文字通りキリストの肉、血、骨であることを公言しない(ウィンチェスター司教)、であったイングランド宗教改革はこの10年前から始まっていたにも関わらずである。 カトリック殉教者・聖ニコラス・オーウェンは、聖職者の巣穴カトリック司祭を匿った隠し部屋)の建築有名な人であったが、1606年ロンドン塔において拷問台掛けられ獄死した。また、1605年火薬陰謀事件加担したガイ・フォークスも、拷問許可した王室令状残っていることから拷問台掛けられたとみなされている。ただし、この令状では最初は「軽度の拷問」とし、それでも自白しない場合に、拷問台使用許可与えるというものであった1615年大逆罪問われたエドモンド・ピーチャムという聖職者拷問台掛けられている。 1628年枢密院で、初代バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ暗殺したジョン・フェルトンに対して拷問台を施すという提案がなされ、その合法性問題視された。裁判官たちは提案抵抗し全会一致拷問台使用イングランド法反すると宣言したこの前年、チャールズ1世アイルランド法廷においてカトリック司祭拷問台用いることを許可していた。このため、これがアイルランドにおける最後の拷問台使用例見られている1679年尊敬されている治安判事エドモンド・ベリー・ゴッドフリー卿の殺害容疑取り調べ受けた銀細工師マイルズ・プランスは、少なくとも拷問台掛けるという脅しを受けていた。

※この「イギリス(イングランド)」の解説は、「拷問台」の解説の一部です。
「イギリス(イングランド)」を含む「拷問台」の記事については、「拷問台」の概要を参照ください。


イギリス(1986年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 22:54 UTC 版)

納税者権利憲章」の記事における「イギリス(1986年)」の解説

1986年7月に「納税者憲章」が作成公表された1991年7月に「市民憲章」が公表されたことに伴い1991年8月に「納税者憲章」の改訂が行われた。

※この「イギリス(1986年)」の解説は、「納税者権利憲章」の解説の一部です。
「イギリス(1986年)」を含む「納税者権利憲章」の記事については、「納税者権利憲章」の概要を参照ください。


イギリス(大英帝国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 09:38 UTC 版)

従属国」の記事における「イギリス(大英帝国)」の解説

かつて、イギリスは世界最大帝国だった。また、アフリカアメリカ大陸アジア、オセアニアなどさまざまな地域植民地支配をしていた。

※この「イギリス(大英帝国)」の解説は、「従属国」の解説の一部です。
「イギリス(大英帝国)」を含む「従属国」の記事については、「従属国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イギリス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

イギリス


「イギリス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「イギリス」に関係したコラム

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • CFDの株価指数と為替との関係

    CFDの株価指数には、日経平均株価(日経225)指数やS&P500種株価指数、イギリス100種株価指数などがあります。これらの株価指数の値動きと為替レートの値動きは連動している場合が多いようです。CF...

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

  • 海外のFX業者一覧

    海外のFX業者とは、日本に現地法人を設立していないFX業者のことです。海外のFX業者と日本国内のFX業者との大きな違いは、日本国内の法律が適用されるかどうかです。日本国内のFX業者の場合は「金融商品取...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イギリスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イギリスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2022, WorldCoin.Net All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイギリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ合衆国51番目の州 (改訂履歴)、ワクチン忌避 (改訂履歴)、フォーミュラ4 (改訂履歴)、世界遺産の一覧 (ヨーロッパ) (改訂履歴)、コマンド部隊 (改訂履歴)、王政復古 (改訂履歴)、拷問台 (改訂履歴)、納税者権利憲章 (改訂履歴)、従属国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイギリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS