亜麻とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 亜麻 > 亜麻の意味・解説 

あ‐ま【亜麻】

アマ科一年草。高さ約1メートル小さく線形互生する。夏、青紫色または白色の5弁花を開く。果実は丸く、中に長楕円形で平たい黄褐色種子がある。種子から亜麻仁油(あまにゆ)を絞りから繊維をとる。中央アジア原産で、各地栽培ぬめごま。《 花=夏 実=秋》「—の花日ざし洽(あまね)くつゆ涵(ひた)す/汀花」


あ‐ま【亜麻】

〔名〕 アマ科一年草中央アジア・アラビア原産ヨーロッパでは紀元前から栽培されていた。日本への渡来元祿一六八八‐一七〇四)時代で、亜麻仁油(あまにゆ)をとるために栽培された。繊維用の栽培明治時代北海道開拓使によって成功したのが最初亜麻仁油用の品種は、やや寒地の粘土質好み、おもに北海道東北地方栽培され、繊維用のものは熱帯を好む。高さ約一メートル長さ二〜三センチメートル線形またはササ形。夏、青紫色または白色の五弁の花が咲く。実は球形のさやとなり、種子黄褐色扁平な長楕円体で、亜麻仁油搾るからとれる繊維は、麻布原料大半占める。ぬめごまあかごまいちねんあま。


アマ (植物)

(亜麻 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 08:49 UTC 版)

アマ(亜麻; 学名: Linum usitatissimum)は、アマ科一年草。ヌメゴマ(滑胡麻)、一年亜麻、アカゴマなどの異称もある。その栽培の歴史は古い(リネン#歴史も参照)。日本では江戸時代に種を薬として使うために限られた範囲で栽培され、明治から昭和初期にかけて繊維用に北海道で広く生産された。


  1. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 277. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358296 
  2. ^ Food and Agricultural Organization of the United Nations: Economic and Social Department: The Statistical Division
  3. ^ a b c d 妹尾清子「亜麻について」『民俗服飾研究論集』第12号、1998年、 29-38頁。
  4. ^ a b 福山和子「北海道の麻事業の歴史概説」『民俗服飾研究論集』第2号、1987年、 23-26頁。
  5. ^ a b c 塩田公子、正地里江、岡野和子「埼玉県の麻について」『民俗服飾研究論集』第11号、1997年、 17-26頁。
  6. ^ 永井佳史「なるべくしてなったわらしべ長者 大塚農場 代表取締役 大塚慎太郎」『農業経営者』第259号、2017年10月、 4-9頁。
  7. ^ 大澤俊彦、「がん予防と食品」『日本食生活学会誌』 2009年 20巻 1号 p.11-16, doi:10.2740/jisdh.20.11
  8. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  9. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  10. ^ http://ndb.nal.usda.gov/
  11. ^ シアン化合物を含有する食品の取り扱いについて(医薬食品局食品安全部監視安全課、平成20年9月3日)


「アマ (植物)」の続きの解説一覧

亜麻

出典:『Wiktionary』 (2020/01/13 04:23 UTC 版)

名詞

  (あま)

  1. アマ目アマ科アマ属属す一年草一種学名:Linum usitatissimum

翻訳




亜麻と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「亜麻」の関連用語

亜麻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



亜麻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアマ (植物) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの亜麻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS