植物界とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > > 植物界の意味・解説 

しょくぶつ‐かい【植物界】


植物界

英訳・(英)同義/類義語:plant kingdom, Plantae

生物大分類で、動物界菌類界に対比する植物の一群
「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  桿菌  棘皮動物  植物プランクトン  植物界  極相林  極相種  構造多糖類

植物

(植物界 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 23:31 UTC 版)

植物(しょくぶつ、: plant)とは、生物区分のひとつ。


注釈

  1. ^ 「植物界」の定義によって上位分類は異なる。
  2. ^ 2012年2月時点で、このグループが単系統群であるか否かは分かっていないが[8][9]、本項では伊藤12に従い、ハクロビアを分類群として記述した

出典

  1. ^ 広辞苑第五版
  2. ^ 生物学の文脈であっても、「植物界」の定義 と 「植物」という言葉の用法 では違う、と指摘する人がいる。
  3. ^ 岩波『生物学事典』【植物】
  4. ^ 伊藤12 pp 3-6.
  5. ^ 伊藤12 p 6.
  6. ^ 伊藤12 p7
  7. ^ Adl, Sina M.; Simpson, Alastair G. B.; et al. (2012), “The Revised Classification of Eukaryotes”, J. Eukaryot. Microbiol. 59 (5): 429–493, http://www.paru.cas.cz/docs/documents/93-Adl-JEM-2012.pdf 
  8. ^ Burki, F.; Okamoto, N.; Pombert, J.F. & Keeling, P.J. (2012). “The evolutionary history of haptophytes and cryptophytes: phylogenomic evidence for separate origins”. Proc. Biol. Sci.. doi:10.1098/rspb.2011.2301. 
  9. ^ Zhao, Sen; Burki, Fabien; Bråte, Jon; Keeling, Patrick J.; Klaveness, Dag; Shalchian-Tabrizi, Kamran (2012). “Collodictyon—An Ancient Lineage in the Tree of Eukaryotes”. Molecular Biology and Evolution 29 (6): 1557–68. doi:10.1093/molbev/mss001. PMC 3351787. PMID 22319147. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3351787/ 2012年3月2日閲覧。. 
  10. ^ a b c d 伊藤12 pp. 6-8
  11. ^ 野崎久義 (2007年6月12日). “植物の出生20億年の秘密を解き明かす “超”植物界 (“Super” Plant Kingdom) の復権”. 東京大学東京大学大学院理学系研究科. 2018年8月1日閲覧。
  12. ^ Adl, Sina M.; Bass, David; Lane, Christopher E.; Lukeš, Julius; Schoch, Conrad L.; Smirnov, Alexey; Agatha, Sabine; Berney, Cedric et al. (2018-09-26). “Revisions to the Classification, Nomenclature, and Diversity of Eukaryotes” (英語). Journal of Eukaryotic Microbiology. doi:10.1111/jeu.12691. ISSN 1066-5234. PMC 6492006. PMID 30257078. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jeu.12691. 
  13. ^ 井上勲著『藻類30億年の自然史 第2版』、東海大学出版会、ISBN 978-4-486-01777-6
  14. ^ 渡邉信 ・西村和子等編『微生物の事典』、朝倉書店、ISBN 978-4-254-17136-5 C3545
  15. ^ 伊藤12 p 9.
  16. ^ https://www.nies.go.jp/kanko/news/32/32-5/32-5-03.html 「一次生産を測る -魚と人の暮らしを支えるもの-」広木幹也 国立環境研究所 2013年12月28日 2022年4月3日閲覧
  17. ^ 「地球環境論 緑の地球と共に生きる」p26 山田悦編著 電気書院 2014年4月10日第1版第1刷発行
  18. ^ 「地球環境論 緑の地球と共に生きる」p27 山田悦編著 電気書院 2014年4月10日第1版第1刷発行
  19. ^ 「地球環境論 緑の地球と共に生きる」p28 山田悦編著 電気書院 2014年4月10日第1版第1刷発行
  20. ^ 「生物多様性」p34-35 本川達雄 中公新書 2015年2月25日発行
  21. ^ 「樹木学」p105 ピーター・トーマス 築地書館 2001年7月30日初版発行
  22. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p14-17 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  23. ^ 「新訂 食用作物」p7 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  24. ^ 「新訂 食用作物」p8-9 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  25. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p324-325 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  26. ^ 「ビジュアル版 世界有用植物誌 人類の暮らしを変えた驚異の植物」p132-133 ヘレン&ウィリアム・バイナム著 栗山節子訳 柊風舎 2015年9月22日第1刷
  27. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p304-305 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  28. ^ 「ビジュアル版 世界有用植物誌 人類の暮らしを変えた驚異の植物」p82-83 ヘレン&ウィリアム・バイナム著 栗山節子訳 柊風舎 2015年9月22日第1刷
  29. ^ https://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/2003/02.html 「農作物には工芸作物というものがあると聞きました。工芸作物とはどのようなものを言うのですか?」日本国農林水産省 令和2年3月 2022年7月14日閲覧
  30. ^ https://kotobank.jp/word/%E6%9E%97%E6%A5%AD-150288 「林業」コトバンク 2022年7月16日閲覧
  31. ^ 「木材と文明」p260-270 ヨアヒム・ラートカウ著 山縣光晶訳 築地書館 2013年12月10日初版発行
  32. ^ 「森林と木材を活かす事典 地球環境と経済の両立の為の情報集大成」p472-473 産調出版 2007年1月30日発行
  33. ^ 「地域資源を活かす 生活工芸双書 竹」p46-50 内村悦三・近藤幸男・大塚清史・紀州製竿組合・前島美江・田邊松司著 農山漁村文化協会 2019年1月20日第1刷発行
  34. ^ 「ビジュアル版 世界有用植物誌 人類の暮らしを変えた驚異の植物」p120-126 ヘレン&ウィリアム・バイナム著 栗山節子訳 柊風舎 2015年9月22日第1刷
  35. ^ 「トコトンやさしい紙と印刷の本」(今日からモノ知りシリーズ)p10-15 前田秀一 日刊工業新聞社 2018年12月19日初版1刷発行
  36. ^ 「ものがつなぐ世界史」(MINERVA世界史叢書5)p251-254 桃木至朗責任編集 中島秀人編集協力 ミネルヴァ書房 2021年3月30日初版第1刷発行
  37. ^ 「自然環境学の創る世界」p157 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学研究系編 朝倉書店 2011年3月20日書版第1刷
  38. ^ 「エネルギー資源の世界史 利用の起源から技術の進歩と人口・経済の拡大」p343-347 松島潤編著 一色出版 2019年4月20日初版第1刷
  39. ^ 「ビジュアル版 世界有用植物誌 人類の暮らしを変えた驚異の植物」p156-159 ヘレン&ウィリアム・バイナム著 栗山節子訳 柊風舎 2015年9月22日第1刷
  40. ^ https://www.pref.kagawa.lg.jp/shitsugei/sitsugei/history/urushi.html 「漆とは」香川県漆芸研究所 2020年12月10日 2022年7月17日閲覧
  41. ^ 「緑の環境デザイン 庭から国立公園まで」p38-41 斉藤一雄・田端貞寿編著 日本放送出版協会 昭和60年4月20日第1刷発行
  42. ^ 「緑の環境デザイン 庭から国立公園まで」p42 斉藤一雄・田端貞寿編著 日本放送出版協会 昭和60年4月20日第1刷発行
  43. ^ 「造園学概論」p60-61 亀山彰監修 小野良平・一ノ瀬友博編 朝倉書店 2021年9月1日初版第1刷
  44. ^ 「考える花 進化・園芸・生殖戦略」p100-123 スティーブン・バックマン 片岡夏実訳 築地書館 2017年8月21日初版発行
  45. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p61-62 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  46. ^ 「森と人間の物語」p90-92 小澤普照 KKベストセラーズ 1991年8月5日初版発行
  47. ^ 「現代森林政策学」p107 遠藤日雄編著 日本林業調査会 2008年3月16日初版第1刷発行
  48. ^ 「図解 知識ゼロからの林業入門」p176-179 関岡東生監修 家の光協会 2016年11月1日第1版発行
  49. ^ 「ビジュアル版 世界有用植物誌 人類の暮らしを変えた驚異の植物」p180-181 ヘレン&ウィリアム・バイナム著 栗山節子訳 柊風舎 2015年9月22日第1刷
  50. ^ 「考える花 進化・園芸・生殖戦略」p136-147 スティーブン・バックマン 片岡夏実訳 築地書館 2017年8月21日初版発行
  51. ^ 「考える花 進化・園芸・生殖戦略」p181-192 スティーブン・バックマン 片岡夏実訳 築地書館 2017年8月21日初版発行
  52. ^ 「森と人間の物語」p105 小澤普照 KKベストセラーズ 1991年8月5日初版発行
  53. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』(養賢堂 2010年8月10日第1版)p.5
  54. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p54-55 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  55. ^ 「考える花 進化・園芸・生殖戦略」p167-170 スティーブン・バックマン 片岡夏実訳 築地書館 2017年8月21日初版発行
  56. ^ 「植物気候学」p36-37 福岡義隆編 古今書院 2010年3月10日初版第1刷発行
  57. ^ https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/invasive.html 「侵略的な外来種」日本国環境省自然環境局 2022年7月19日閲覧
  58. ^ https://www.env.go.jp/nature/intro/1law/outline.html 「どんな法律なの?」日本国環境省自然環境局 2022年7月19日閲覧



植物界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 07:23 UTC 版)

門 (分類学)」の記事における「植物界」の解説

植物界(Kingdom Plantae)の門(division)一覧。 上位分類亜界)門綱門(従来版)アーケプラスチダArchae-plastida 紅色植物門 Rhodophyta 真正紅藻綱 Florideophyceaeなど イデユコゴメ綱 Cyanidiophyceae 灰色植物門 Glaucophyta 緑色植物亜界 Viridi-plantae 緑藻植物門 Chlorophyta 緑藻綱 Chlorophyceae トレボウクシア藻綱 Trebouxiophyceae アオサ藻綱 Ulvophyceae プラシノ藻綱 (ペディノ、クロロデンドロン、ミクロモナスストレプト植物門Streptophyta 車軸藻綱 Charophyceae接合藻綱Zygnematophyceae、等 陸上植物有胚植物) Embryophyta ゼニゴケ植物門苔類) Marchantiophyta マゴケ植物門蘚類Bryophyta ツノゴケ植物門Anthocerotophyta 維管束植物 Tracheo-phyta ヒカゲノカズラ植物門 Lycopodiophyta 真葉植物 Euphyllo-phyta シダ植物門 Pteridophyta 種子植物 Spermato-phyta 裸子植物門 Gymnospermae 被子植物門 Angiospermae

※この「植物界」の解説は、「門 (分類学)」の解説の一部です。
「植物界」を含む「門 (分類学)」の記事については、「門 (分類学)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「植物界」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「植物界」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



植物界と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

植物界のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



植物界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの植物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの門 (分類学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS