維管束とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 維管束の意味・解説 

いかん‐そく〔ヰクワン‐〕【維管束】

シダ植物種子植物にあって、篩部(しぶ)と木部からなり道管仮道管篩管などを含む組織集まり。束状となって根・茎貫き水や養分通路となるほか、体を支持する。管束


維管束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 00:19 UTC 版)

維管束(いかんそく、英語: vascular bundle)とは、植物が持つ内部組織の1つ。植物体の全体に亘ってその内部を貫く。役割としては液体(主に水や養分)の運搬と植物体の機械的な支持である。維管束を持つ植物は、シダ植物種子植物であり、これらをまとめて維管束植物という。ただし、"維管束"とは繊維と管からなる束の意味であるがシダ植物裸子植物には維管束に繊維が無い。






「維管束」の続きの解説一覧

維管束

出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 11:19 UTC 版)

名詞

  いかんそく

  1. シダ植物種子植物みられる道管師管が束になった構造

発音

い↗か↘んそく

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「維管束」の関連用語

維管束のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



維管束のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの維管束 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの維管束 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS