血液とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 血液 > 血液の意味・解説 

けつ‐えき【血液】


血液

「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  虹彩  血しょう  血体腔  血液  血清  血管系  表皮

血液

【英】Hemo- [Hem-,Hema,Hemat-]
読み方けつえき

血液を表す接頭語

血液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 14:50 UTC 版)

血液(けつえき、: blood)は、動物の体内を巡る主要な体液で、全身の細胞栄養分や酸素を運搬し、二酸化炭素や老廃物を運び出すための媒体である[1]


注釈

  1. ^ 通常、血液細胞はこの分類がされることが多いが、リンパ球をさらに細かく分類することもある。また組織中の肥満細胞は同じく造血幹細胞から分化し、同じく組織中に存在するマクロファージは造血幹細胞から単球を経て分化するため、これらも広義には血液細胞の1種に数えられることもある。 - 参考文献・巽典之 編集『血液細胞ノート』文光堂、2005年、ISBN 4-8306-1418-8
  2. ^ 」は「平和」を象徴し、「血」は「暴力」を象徴する。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 生化学辞典第2版、p.420 【血液】
  2. ^ 『三輪血液病学』p179
  3. ^ ワークブックで学ぶ生物学の基礎第2版 著:ケント・プライアー、トレーシー・グリーンウッド、リチャード・アーラン p190
  4. ^ 栄養を運ぶ血液 NHK for School
  5. ^ Flindt、p.219
  6. ^ a b 佐藤・佐伯(2009)、p22、第2章 血液 1.血液bloodの成分と機能 (3)血液の成分
  7. ^ a b 生化学辞典第2版、p.1210 【ヘモグロビン】
  8. ^ 生化学辞典第2版、p.204 【エリスロクルオン】
  9. ^ 生化学辞典第2版、p.1214 【ヘモシアニン】
  10. ^ 生化学辞典第2版、p.1009 【バナドクロム】
  11. ^ a b 生化学辞典第2版、p.425 【血液細胞】
  12. ^ 浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、ISBN 4-8306-1419-6、pp.2031-2036
  13. ^ 関正利、他 編集 『実験動物の血液学』ソフトサイエンス社、1981年、pp.13-19
  14. ^ a b c d 佐藤・佐伯(2009)、p.24-25、第2章 血液 2.赤血球 (1)形状と機能
  15. ^ a b 佐藤・佐伯(2009)、p.25-26、第2章 血液 2.赤血球 (2)ヘモグロビン(血色素)
  16. ^ a b c 佐藤・佐伯(2009)、p.29-30、第2章 血液 3.白血球 (1)形状と機能
  17. ^ 生化学辞典第2版、p.430 【血小板】
  18. ^ a b c 佐藤・佐伯(2009)、p.30-31、第2章 血液 4.血小板 (1)形状と機能
  19. ^ 佐藤・佐伯(2009)、p.32、第2章 血液 5.血漿 (1)血漿の成分と機能
  20. ^ a b c d 生化学辞典第2版、p.760 【造血器官】
  21. ^ 血液は体の外からやってきた 独立行政法人 理化学研究所
  22. ^ a b c d 佐藤・佐伯(2009)、p.23、第2章 血液 1.血液bloodの成分と機能 (4)血液blood cellの産出と幹細胞stem call
  23. ^ 佐藤・佐伯(2009)、p.27-28、第2章 血液 2.赤血球 (3)生成と破壊
  24. ^ a b 生化学辞典第2版、p.915 【糖尿病】
  25. ^ a b 生化学辞典第2版、p.1092 【貧血】
  26. ^ 生化学辞典第2版、p.433 【血友病】
  27. ^ 生化学辞典第2版、p.1007 【白血病】
  28. ^ a b c 佐藤・佐伯(2009)、p.39-40、第2章 血液 7.血液型
  29. ^ 黒崎嘉子, 天野光彦, 栗田吾郎 ほか、「食用に供する豚血液の加工と細菌汚染」『日本獣医師会雑誌』 40巻 2号 1987年 p.108-112, doi:10.12935/jvma1951.40.108
  30. ^ The Watchtower 15 June 2004, p. 22, "Be Guided by the Living God"
  31. ^ Flindt、p.72



血液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 05:49 UTC 版)

潰瘍性大腸炎」の記事における「血液」の解説

炎症強さ指標として赤沈赤血球沈降速度)・C反応性蛋白 (CRP) , 出血指標としてHbなどが用いられるが、赤血球沈降速度C反応性蛋白は必ずしも腸内炎症状態を反映していないと指摘されている。

※この「血液」の解説は、「潰瘍性大腸炎」の解説の一部です。
「血液」を含む「潰瘍性大腸炎」の記事については、「潰瘍性大腸炎」の概要を参照ください。


血液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:34 UTC 版)

食のタブー」の記事における「血液」の解説

ユダヤ教徒イスラム教徒エホバの証人信者は、飲血や血から作られた食物をとることを禁じられている。生きたまま動物食べ踊り食いも、血を含むため禁じられるユダヤ教では血抜き徹底するため、食肉塩水漬ける必要があるキリスト教において律法規制大幅に緩和したエルサレム会議でも血液食の禁止維持されている。しかし西方教会信仰される地域ではそれ以前からの血液の食材利用伝統存続している。また、ポルトガルではアロース・ドゥ・カビデラ(Arroz de cabidela)というニワトリアヒルの血入りリゾット郷土料理となっている。 屠殺主要な副産物である血液は非常に栄養価が高いため、世界各地食用とされてきた。ブーダンスンデブラックプディングなどのブラッドソーセージ世界多くの地域で非常に有名であるにもかかわらず一部社会では気持ちがられることがある

※この「血液」の解説は、「食のタブー」の解説の一部です。
「血液」を含む「食のタブー」の記事については、「食のタブー」の概要を参照ください。


血液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 07:15 UTC 版)

症状と徴候」の記事における「血液」の解説

アシドーシス - アルカローシス 高尿酸血症 - 高ピルビン酸血症 - 高脂血症 塩基過剰base excessBE塩基過剰(えんきかじょう、以下BE)は、アルケミア補正するのに必要な酸の量。 意義BE+幾つアルケミア意味して補正必要な酸の量を表しBE-幾つアシデミア意味して補正必要な塩基の量を表す。 汎血球減少

※この「血液」の解説は、「症状と徴候」の解説の一部です。
「血液」を含む「症状と徴候」の記事については、「症状と徴候」の概要を参照ください。


血液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 07:49 UTC 版)

免疫性血小板減少性紫斑病」の記事における「血液」の解説

白血球数正常で貧血通常伴わない慢性多量に出血している場合には貧血を伴う)。白血球分画にも異常はみられない

※この「血液」の解説は、「免疫性血小板減少性紫斑病」の解説の一部です。
「血液」を含む「免疫性血小板減少性紫斑病」の記事については、「免疫性血小板減少性紫斑病」の概要を参照ください。


血液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 07:58 UTC 版)

関節リウマチ」の記事における「血液」の解説

重症関節リウマチ患者においては脾腫白血球好中球のみ)減少をきたし、フェルティ症候群呼ばれる病態呈することがある

※この「血液」の解説は、「関節リウマチ」の解説の一部です。
「血液」を含む「関節リウマチ」の記事については、「関節リウマチ」の概要を参照ください。


血液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 04:37 UTC 版)

哺乳類」の記事における「血液」の解説

赤血球循環系では無で、その形は円盤状である(ラクダ類では楕円状)。

※この「血液」の解説は、「哺乳類」の解説の一部です。
「血液」を含む「哺乳類」の記事については、「哺乳類」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「血液」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「血液」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




血液と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

血液のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



血液のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
サイボクサイボク
Copyright(C)2022株式会社埼玉種畜牧場
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの血液 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの潰瘍性大腸炎 (改訂履歴)、食のタブー (改訂履歴)、症状と徴候 (改訂履歴)、免疫性血小板減少性紫斑病 (改訂履歴)、関節リウマチ (改訂履歴)、哺乳類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの血液 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS