契約書とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 文書 > 契約書の意味・解説 

けいやく‐しょ【契約書】

読み方:けいやくしょ

契約の成立証明する書類。「土地売買の—」


契約書

作者井伏鱒二

収載図書井伏鱒二全集 第11巻 侘助引越やつれ
出版社筑摩書房
刊行年月1998.8


契約書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 05:57 UTC 版)

契約書(けいやくしょ)とは、契約内容を明確にし、また後日の証拠とするために作成される[1]、当該契約の内容を表示する文書をいう。


脚注

  1. ^ 以前は不文の原則であったが、2017年の改正民法(2020年4月1日施行)において明文化された。
  2. ^ 実務上、両者は「調印」と呼ばれる。

出典



「契約書」の続きの解説一覧

契約書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 10:28 UTC 版)

DEFENSE DEVIL」の記事における「契約書」の解説

罪人弁護契約を結ぶための書。これにサインする自動的に依頼人元い世界へ送られる

※この「契約書」の解説は、「DEFENSE DEVIL」の解説の一部です。
「契約書」を含む「DEFENSE DEVIL」の記事については、「DEFENSE DEVIL」の概要を参照ください。


契約書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 02:53 UTC 版)

金銭消費貸借契約」の記事における「契約書」の解説

金銭消費貸借契約は、判例によれば要物・不要契約であるから借主将来弁済約束し貸主借主金銭交付した段階有効に成立するしかしながら一般的に金銭消費貸借契約締結する場合には、金銭消費貸借契約書または借用証書作成されることが多い。これは、契約存在確認証明し後日紛争未然に防ぐためになされる金銭消費貸借契約書または借用証書効力には差がないが(どちらも紛争際に証拠となりうる)、金銭消費貸借契約書は借主貸主それぞれの手元に置くために、正本を2通又は正副2通を作成することが多いのに対し借用証書の場合は借主署名押印して貸主差し入れる事が多いので1通しか作成されない場合が多い。 金銭消費貸借契約書は貸付けを行う前に締結することも多いため、この場合には、当該契約内容自体は、判例理論から金銭消費貸借契約予約であるが、学説では、諾成金銭消費貸借契約として理解する見解有力である。

※この「契約書」の解説は、「金銭消費貸借契約」の解説の一部です。
「契約書」を含む「金銭消費貸借契約」の記事については、「金銭消費貸借契約」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「契約書」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「契約書」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



契約書と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「契約書」に関係したコラム

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

契約書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



契約書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの契約書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDEFENSE DEVIL (改訂履歴)、金銭消費貸借契約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS