コピーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > コピー > コピーの意味・解説 

コピー【copy】

読み方:こぴー

[名](スル)

写し取ること。複写模写また、そのもの。「—を取る」「資料を—する」

コンピューターで、データ複製すること。

ペースト目的として、文章図形などのデータ一時的にメモリー上に複製すること。「—アンドペースト」

ハードディスク・光ディスク・メモリーカードなど記憶媒体にあるデータを、別の記憶媒体複製すること。→ムーブ2コピーワンスダビング10(テン)

物まね模倣。「ブランド品の—」「—バンド

広告文章広告文案。「キャッチ—」「—ライター


コピー 【copy】


コピー [copy]

複数の同じデータを必要としたり、バックアップ目的として、マザーマスターからデータ複写すること。または、複写されたデータ。⇒マザー・テープマスター・テープ

コピー/移動

「コピー」はすでにある画像、音声をそのまま複製すること。一方「移動」は記録データをメディア間で移すことで、オリジナルの「コピー」にはならない。コピーワンス信号入りの番組は「コピー」はできないが「移動」なら可能だ。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 藤原陽祐)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


コピー


コピー[copy]


コピー

作者メアリー・モリス

収載図書ラヴ・ストーリーズ 2
出版社早川書房
刊行年月1989.7


コピー

作者ポール・ジェニングス

収載図書先の読めない物語
出版社トパーズプレス
刊行年月1995.3
シリーズ名PJ傑作集


コピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/28 07:21 UTC 版)

コピー英語:copy)


  1. ^ Definition of copy in English”. 2018年7月14日閲覧。
  2. ^ 住民票市役所が複製(印字)することはコピーと言わずに「住民票の写し」というが、それ以降の世代を複製することはコピーと呼ぶ。(住民票のコピー無効という表現もある)。新聞切符CDDVDなど、権利者が販売のために複製する場合はコピーと呼ばないが、それを複製することはコピーと呼ばれる


「コピー」の続きの解説一覧

コピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 17:43 UTC 版)

横浜市立図書館」の記事における「コピー」の解説

横浜市立図書館では1999年から、コピー機管理リース業者委託することで著作権法第31条適用外第30条私的利用)だと主張し利用者一切の手続きなく無制限にコピーができるようになった

※この「コピー」の解説は、「横浜市立図書館」の解説の一部です。
「コピー」を含む「横浜市立図書館」の記事については、「横浜市立図書館」の概要を参照ください。


コピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 03:32 UTC 版)

cpio」の記事における「コピー」の解説

cpioは-pオプション付すことで、第3のファイルコピー(英語版操作モードであるコピーパス(コピースルー)モード起動する。このモード実際にファイルアーカイブすることなくコピーアウト、コピーイン・ステップを組み合わせ、あるディレクトリ・ツリーからファイルコピーすることを可能にする。このモードでは、cpioはコピーアウト・モード同様、標準入力上でパス名を読み取るが、アーカイブ作成せず代わりにコマンドライン引数一部として与えられたパス相当するファイルシステム上の別のディレクトリディレクトリ並びにファイル再生成する。 次のコマンド例は、カレント・ディレクトリ起点ファイルシステム上の別のディレクトリディレクトリ・パスは new-path)にカレント・ディレクトリ・ツリーごとコピーしファイル・パーミッション保存(-m)必要に応じてディレクトリ作成(-d)ユーザプロンプトすることなく無条件で存在するファイル上書き(-u)し、そして標準出力に処理済ファイルの一覧を出力する(-v)cpio標準入力からはコピー元であるカレント・ディレクトリ・ツリーの全ファイルパスリスト読み込んでいる。 $ find . -depth -print | cpio -pdumv new-path

※この「コピー」の解説は、「cpio」の解説の一部です。
「コピー」を含む「cpio」の記事については、「cpio」の概要を参照ください。


コピー(複写)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 19:05 UTC 版)

クリップボード」の記事における「コピー(複写)」の解説

選択されデータクリップボード複写する元のデータには影響及ぼさない

※この「コピー(複写)」の解説は、「クリップボード」の解説の一部です。
「コピー(複写)」を含む「クリップボード」の記事については、「クリップボード」の概要を参照ください。


コピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:34 UTC 版)

カービィ」の記事における「コピー」の解説

タックからコピー。

※この「コピー」の解説は、「カービィ」の解説の一部です。
「コピー」を含む「カービィ」の記事については、「カービィ」の概要を参照ください。


コピー(4巻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 14:41 UTC 版)

星のカービィ デデデでプププなものがたり」の記事における「コピー(4巻)」の解説

ゲーム星のカービィスーパーデラックス』に登場する「コピー」とは異なり自らがコピー機となる。デデデ大王学校授業で、漢字の書き取り練習めんどくさがったときに使用した

※この「コピー(4巻)」の解説は、「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の解説の一部です。
「コピー(4巻)」を含む「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の記事については、「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コピー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コピー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/24 00:09 UTC 版)

語源

英語 copy からの借用

名詞

コピー

  1. 写すこと。複製すること。またそうしてできたもの。
  2. (情報技術) データクリップボード保存すること。
  3. 模倣すること。またそうしてできたもの。模造品
  4. 広告文言宣伝文句キャッチフレーズ

発音

熟語

動詞

活用


「コピー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コピーと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「コピー」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コピーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2022 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコピーの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコピー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの横浜市立図書館 (改訂履歴)、cpio (改訂履歴)、クリップボード (改訂履歴)、カービィ (改訂履歴)、星のカービィ デデデでプププなものがたり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコピー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS