見出しとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 見出しの意味・解説 

み‐だし【見出し】

新聞雑誌などで、記事内容一見してわかるように、文章前に示す簡単な言葉標題タイトル

書籍帳簿などの目次索引

見出し語」の略。「親見出し」「子見出し

多くの中からすぐれたものを見つけだすこと。

手前事は天理教祖様のお―にあずかりまして」〈志賀暗夜行路


見出し

読み方:みだし

サ行五段活用動詞見出す」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

見出し

通常データ編集先立ち基本的書類 2の上で、一定数の記載事項について符号づけ 1が必要である。符号づけの設計 3によって、記載事項数字またはアルファベット符号への変換との間に対応関係が確立される。符号表(コード・ブック)は、特定の基本的書類に用いられる符合づけの設計をまとめ、記述したものである。符号づけの設計通常後で行うデータ仕分けを容易にするように考案されている。対照的に、分類 4個々符号一覧表である。この表では、各見出し 5一個または数個数字で示される。データ符号づけされた後、それらは機械読み取り可能用紙変換できるファイル(213-3*)にまとめられる。編集の第2段階では、内容検査 7整合性検査 7による誤り除去を行うことによって、ファイルクリーニング 6を行う。これらは、各統計単位(110-1参照内の内部的査照によるか、あるいは異な統計単位との比較によって行われる誤りが見つけ出された後、それらはもとの書類上あるいはファイル上で自動的手続き通じて修正される。


見出し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/23 05:20 UTC 版)

見出し (みだし、英語: headline)とは、新聞を始めとする様々な記事、文章において内容の要点を非常に短い言葉にまとめ、本文より大きな字で(チャプター)や(セクション)の最初に置かれる言葉。


注釈

  1. ^ 流通している名称が複数ある場合はコンマで区切って示した。表記の順番は推奨の程度や流通の規模とは何ら関係しない。

出典

  1. ^ 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部 (2016年12月24日). “数値(表)、文章、地理空間情報のデータ作成に当たっての留意事項 (pdf)”. 首相官邸. p. 37. 2019年3月25日閲覧。
  2. ^ 前野譲二; 楠元範明 (2013年4月). “アカデミックリテラシー (pdf)”. 早稲田大学. p. 86. 2019年3月25日閲覧。
  3. ^ 科学技術情報流通技術基準 (2010年3月25日). “学術論文の構成とその要素”. 科学技術情報流通技術基準. 2019年3月25日閲覧。
  4. ^ a b Japanese TeX Development Community (2017年2月5日). “japanese.ldf”. TeX Users Group. 2019年3月25日閲覧。
  5. ^ 横井隆志「論文執筆のためのWord活用法(2)」『LEC東京リーガルマインド大学院大学』第15巻、LEC会計大学院、2018年5月9日、 53-63頁、 doi:10.24660/lecgsa.15.0_532019年3月25日閲覧。
  6. ^ 寺脇拓 (2011年12月15日). “データの入力手順 (pdf)”. 立命館大学. p. 1. 2019年3月25日閲覧。
  7. ^ The LaTeX3 Project (2014年9月29日). “article.cls”. TeX Users Group. 2019年3月25日閲覧。


「見出し」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「見出し」の関連用語

見出しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



見出しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの見出し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS