除去とは? わかりやすく解説

じょ‐きょ〔ヂヨ‐〕【除去】

読み方:じょきょ

[名](スル)じゃまなものをのぞき去ること取りのけること。「障害物を―する」


アブレーション、切除、焼灼、除去


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 08:53 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「除去」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「除去」を含むページの一覧/「除去」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「除去」が役に立つかも知れません。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 15:32 UTC 版)

ハザード対策の階層構造」の記事における「除去」の解説

危険源そのもの物理的に除去することが最も有効なハザード対策である。例え高所での作業であれば作業対象の部材地上移して高所作業必要性無くすことでハザードが除去できる。

※この「除去」の解説は、「ハザード対策の階層構造」の解説の一部です。
「除去」を含む「ハザード対策の階層構造」の記事については、「ハザード対策の階層構造」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/23 00:30 UTC 版)

スピン汚染」の記事における「除去」の解説

ROHF法はスピン汚染受けないものの、これを実行できる量子化学計算プログラム比較少ない。そこで、UHF波動関数からスピン汚染を除去、もしくは最低限抑える方法提案されている。 Annihilated UHF (AUHF) 法では、SCFの各イテレーションごとに得られる密度行列中のスピンコンタミナントを状態特異レフディン消滅演算子により消滅させるその結果得られる波動関数は、完全に汚染除去されるわけではないが、特に高次汚染項が消えるなど通常のUHFに比べ劇的に改善される射影UHF (PUHF) では全てのスピン汚染成分セルフコンシステントUHF波動関数から消滅させる射影されたエネルギー射影された波動関数期待値として評価されるスピン拘束UHF (SUHF) では、ハートリー=フォック方程式にλ(Ŝ2 − S(S + 1)) の形の拘束条件導入する。λが無限に発散するにつれてROHF解が再現される傾向にある。 GAMESS (US)では拘束条件付きUHF(CUHF; constrained UHF)法を実行できる

※この「除去」の解説は、「スピン汚染」の解説の一部です。
「除去」を含む「スピン汚染」の記事については、「スピン汚染」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 17:26 UTC 版)

鼻糞」の記事における「除去」の解説

鼻の穴に指を入れて鼻糞除去する行為を「鼻(糞)をほじる」という。さらに、鼻をかむ際に鼻糞が出ることもある。鼻毛一緒に出る場合もある。 また、鼻糞除去している際に鼻の粘膜傷つけ鼻血誘発してしまう場合もある。指を使って鼻糞除去は鼻血鼻の感染症引き起こす可能性があるので、ほとんどの専門家は指ではなくティッシュペーパーを使うことを薦めている。ただし、指で鼻糞取り除いて嗅覚には悪影響及ばないと思われる。これはにおいを感じ嗅上皮がある鼻腔の上部まで指が届くことはないからである

※この「除去」の解説は、「鼻糞」の解説の一部です。
「除去」を含む「鼻糞」の記事については、「鼻糞」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 14:07 UTC 版)

フォレスト・スヴァスチカ」の記事における「除去」の解説

ブランデンブルク州この地方のイメージの悪化懸念するとともにナチ支持者にとって巡礼の地となる可能性恐れ1995年カラマツ木の一部切り倒させて図像ぼかした。しかし残ったカラマツでも十分に鉤十字の形は認識可能である上に切った木は翌年以降にまた成長した2000年ドイツのタブロイド紙浮き出たスヴァスチカの空撮写真掲載して話題となり、このときは同時に激しい非難声があがった木々生えた土地半分ほどは売り払われて所有権私人移っていたが、2000年12月1日政府が所有する土地にある25本の木について切り倒す許可が下り実行されたことで、やっと図像はほとんどわからなくなった

※この「除去」の解説は、「フォレスト・スヴァスチカ」の解説の一部です。
「除去」を含む「フォレスト・スヴァスチカ」の記事については、「フォレスト・スヴァスチカ」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 19:12 UTC 版)

不斉補助剤」の記事における「除去」の解説

オキサゾリジノン補助基は簡単に取り除くことができ、以下に示す様々な官能基変換することができる。

※この「除去」の解説は、「不斉補助剤」の解説の一部です。
「除去」を含む「不斉補助剤」の記事については、「不斉補助剤」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 19:12 UTC 版)

不斉補助剤」の記事における「除去」の解説

プソイドエフェドリンアミドは、カルボン酸アルコールアルデヒドケトンなど様々な官能基持ったキラル化合物変換できる

※この「除去」の解説は、「不斉補助剤」の解説の一部です。
「除去」を含む「不斉補助剤」の記事については、「不斉補助剤」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 19:12 UTC 版)

不斉補助剤」の記事における「除去」の解説

不斉補助剤は、プロトン性溶媒下で塩酸理を行うことにより除くことができ、対応するアミン生成する

※この「除去」の解説は、「不斉補助剤」の解説の一部です。
「除去」を含む「不斉補助剤」の記事については、「不斉補助剤」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 09:57 UTC 版)

タンパク質凝集」の記事における「除去」の解説

細胞内にはタンパク質凝集体の除去を担う2つ主要なタンパク質品質管理システム存在する。ミスフォールドタンパク質はbi-chaperone systemによってリフォールディングされるか、ユビキチンプロテアソームシステムまたはオートファジーによって分解される

※この「除去」の解説は、「タンパク質凝集」の解説の一部です。
「除去」を含む「タンパク質凝集」の記事については、「タンパク質凝集」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/30 19:04 UTC 版)

「5'キャップ」の記事における「除去」の解説

盛んに翻訳が行われているmRNAの場合は翻訳開始因子キャップ保護しているため、キャップの除去は起こりにくい。ただし能動的にキャップの除去を行う様々な機構知られているキャップ除去酵素によってキャップ構造除去されると、5'リン酸末端生じてエキソヌクレアーゼによる分解可能になる

※この「除去」の解説は、「5'キャップ」の解説の一部です。
「除去」を含む「5'キャップ」の記事については、「5'キャップ」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/29 15:06 UTC 版)

ルートキット」の記事における「除去」の解説

ルートキットの除去が事実上禁止されているくらい非実用的なものだとする一定の意見存在する。たとえルートキット正体特性わかっていても必要な技術経験をもつシステム管理者時間労力ゼロからオペレーティングシステムインストールすることに費やしたほうがましだというものである。「現存するルートキット発見されたとしてももっと除去しらいよう作ることはできたはずだと思うが、そうするだけの充分な動機づけないように思う。なぜなら経験あるシスアドルートキット汚染されたシステム見つけた時の典型的な反応は、データセーブして再フォーマットをかけることだからだ。これはルートキット良く知られていて100%削除可能である場合ですらそうだ」Rootkit Question システムオンラインの時に他のファイルシステムドライバを用いてルートキット削除する方法存在する。Rkdetector v2.0はシステム作動中時に自分自身NTFSもしくはFAT32ファイルシステムドライバを用いて隠しファイル削除する方法実装している。一度消去されシステム再起動されると、データ壊れてしまうたルートキット動作しなくなる。

※この「除去」の解説は、「ルートキット」の解説の一部です。
「除去」を含む「ルートキット」の記事については、「ルートキット」の概要を参照ください。


除去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/02 17:19 UTC 版)

歯石」の記事における「除去」の解説

歯肉縁上歯石歯肉縁下歯石を問わずいったん歯石になってしまうとブラッシングでの除去は困難であるそのためスケーリングによる歯石物理的排除が必要となる。 ただし、歯肉縁下歯石については探針等による触知しかできない場合触知すら困難な場合がある歯肉縁下歯石歯周ポケット深部蓄積した歯石スケーラー到達困難だったり、触知できず取り残すおそれがあるため、歯肉剥離により歯石除去を行う歯外科手術を行うこともある。

※この「除去」の解説は、「歯石」の解説の一部です。
「除去」を含む「歯石」の記事については、「歯石」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「除去」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

除去

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:46 UTC 版)

名詞

じょきょ

  1. 邪魔なものなどを、取り除くこと。

関連語

翻訳

動詞

活用

翻訳


「除去」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「除去」の関連用語

除去のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



除去のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2023 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの除去 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハザード対策の階層構造 (改訂履歴)、スピン汚染 (改訂履歴)、鼻糞 (改訂履歴)、フォレスト・スヴァスチカ (改訂履歴)、不斉補助剤 (改訂履歴)、タンパク質凝集 (改訂履歴)、5'キャップ (改訂履歴)、ルートキット (改訂履歴)、歯石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの除去 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS