そのものとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > そのものの意味・解説 

その もの [4][2]の物・其の者

いま問題になっているもの。それ自体当のもの。 -ずばり
他のなにものでもなく、まさしくそれ自身上の語と同格の関係にたち、その語を強める。 計画-に無理があった まじめ-
とりたてていうほどのもの。 -ともなけれど、やどり木といふ名、いとあはれなり/枕草子 40

そのもの

作者マイケル・ブラムライン

収載図書器官切除
出版社白水社
刊行年月1994.4
シリーズ名ライターズX



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「そのもの」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う債券の一覧

    CFDで取り扱う債券は、日本やアメリカ合衆国などの国債先物が銘柄として用意されています。国債先物は、主に機関投資家などが取引を行っているものです。なお、先物は期限の決められた商品のため、期日までに決済...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「そのもの」の関連用語

そのもののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



そのもののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS