器官とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 器官 > 器官の意味・解説 

き‐かん〔‐クワン〕【器官】

読み方:きかん

多細胞生物において、いくつかの組織集まって一定の形・大きさおよび生理機能をもつ部分。「消化―」


器官

「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  嗅神経  嗅脳  嗅覚器  器官  四肢  基底核  基底膜

器官、臓器

【仮名】きかん
原文organ

特異的な機能実行する身体の一部分例えば、心臓1つ臓器である。

器官、臓器

【英】Organo-
読み方:きかん、ぞうき

器官、臓器を表す接頭語

器官

作者堕落

収載図書うそ日記57人のブロガーによる初のアンソロジー
出版社アメーバブックス
刊行年月2005.12


器官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 10:17 UTC 版)

器官(きかん、: organ)とは、生物のうち動物植物などの多細胞生物の体を構成する単位で、協同して一定の機能を営んでいる組織の集合体[1]。生体内の構造の単位としては、多数の細胞のうち形態と機能を同じくする細胞が集まって組織を構成し、複数の組織が集まって器官を構成している[1]


  1. ^ a b c 河野邦雄、伊藤隆造ほか 『解剖学第2版』医歯薬出版、2006年、2頁。 
  2. ^ 「腸間膜」は「臓器」だった!解剖学の定説を塗り替える新発見!しかし、その役割や働きは?”. 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS. 2019年5月31日閲覧。


「器官」の続きの解説一覧

器官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:54 UTC 版)

「におい」の記事における「器官」の解説

物質匂い分子空気によって運ばれ、鼻から(食べ物の場合は喉から嗅上皮到達し嗅上皮にある嗅細胞粘膜になっているひげ状の嗅繊毛に付くことで匂い分子捉え嗅神経通って大脳まで伝達される

※この「器官」の解説は、「におい」の解説の一部です。
「器官」を含む「におい」の記事については、「におい」の概要を参照ください。


器官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 15:54 UTC 版)

相似 (生物学)」の記事における「器官」の解説

相似な器官を相似器官という。 昆虫の翅鳥類の翼は空を飛ぶという機能は共通だが、昆虫の翅外骨格腹部背板伸張してできた物であるのに対し鳥類の翼は脊椎動物前足変形した物であり、その由来が別であるため相似である。 同様に相似例としては、魚類背鰭イルカ背鰭サツマイモイモジャガイモイモなどがある。 見方変えると、同一の機能的目的のために、別個の器官を起源として、類似の構造生まれたものであると考えられる

※この「器官」の解説は、「相似 (生物学)」の解説の一部です。
「器官」を含む「相似 (生物学)」の記事については、「相似 (生物学)」の概要を参照ください。


器官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 09:25 UTC 版)

「胸」の記事における「器官」の解説

解剖学的に胸として扱われる器官として、次が挙げられる心臓横隔膜 食道 気管 鎖骨 肺動脈 肺静脈 脊柱一部 胸筋

※この「器官」の解説は、「胸」の解説の一部です。
「器官」を含む「胸」の記事については、「胸」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「器官」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「器官」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



器官と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「器官」の関連用語

器官のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



器官のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2023 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2023 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの器官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのにおい (改訂履歴)、相似 (生物学) (改訂履歴)、胸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの器官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS