チューブとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > チューブの意味・解説 

チューブ【tube】

読み方:ちゅーぶ

流体を通す筒・管。

絵の具練り歯磨きなどを、押し出して使用する容器

タイヤ中側にある、空気入れたゴム管

ブラウン管のこと。また、テレビ近年ではインターネット動画配信する媒体の名にも用いられる

筒状のもの。サーフィンでいう、波のトンネルなど。

Tubeロンドン地下鉄通称トンネルの形が筒状であることから。

チューブの画像
チューブ(5)

チューブ(タイヤ)

英語 tube

チューブ付きタイヤ部品で、タイヤ内部で空気保持するゴム製の袋のこと。チューブには気密保持性、耐熱性耐久性、耐パンク性が要求され、それに適した材料として、ブチルゴム用いられている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

チューブ

読み方ちゅーぶ
【英】:Tube

うねりが深い所から急に浅いところに来ると、波は上部からだらだら崩れずに、リップ飛び水空洞できることがある。或いはその空洞のことをチューブと言う。そのチューブにライディングしながら入り、また出てくることが究極テクニックとされている

チューブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 06:45 UTC 版)

チューブ (tube)




「チューブ」の続きの解説一覧

チューブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 01:40 UTC 版)

ビーストウォーズネオ 超生命体トランスフォーマー」の記事における「チューブ」の解説

緑あふれ絶滅寸前野生動物多く生息する惑星ランディーが「動物の保護監視」の単独任務に就いていた。

※この「チューブ」の解説は、「ビーストウォーズネオ 超生命体トランスフォーマー」の解説の一部です。
「チューブ」を含む「ビーストウォーズネオ 超生命体トランスフォーマー」の記事については、「ビーストウォーズネオ 超生命体トランスフォーマー」の概要を参照ください。


チューブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/24 04:41 UTC 版)

鉄1〜電車でバトル!〜」の記事における「チューブ」の解説

海沿いを走る最も長距離のコース途中で浜名湖らしき場所を通過する富士山出てこない。

※この「チューブ」の解説は、「鉄1〜電車でバトル!〜」の解説の一部です。
「チューブ」を含む「鉄1〜電車でバトル!〜」の記事については、「鉄1〜電車でバトル!〜」の概要を参照ください。


チューブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 23:01 UTC 版)

自転車用タイヤ」の記事における「チューブ」の解説

チューブはクリンチャータイヤ特有の部品で、タイヤ内の空気保持するための浮き輪と同じドーナッツ状のゴム風船のようなものである。 チューブにはバルブがあり、弁機構により空気充填できる。チューブはブチルゴムラテックスポリウレタンなどで作られる。チューブはタイヤ側とリム側に接しているが、リム側のスポークなどの突起物で穴が開きパンク起こす場合がある。これを防ぐため、リム側にはリムテープ(「リムフラップ」「ふんどし」とも呼ばれる)を張りパンク防止する空気保持力高く安価で耐寒性も高いブチルゴムが、材質としてもっとも普及しているが、競技用自転車では、より軽量なラテックスゴムが用いられることも多くポリウレタン樹脂用いられるこれらのチューブは、軽量しなやかだ空気抜けやすく、空気圧こまめな点検必要であるまた、耐久性ブチルゴムに劣る。 チューブは自転車走行磨り減る消耗品である。タイヤ転がると接地面タイヤ変形し内部のチューブとタイヤとがこすれあうタイヤ転がるとタイヤ内面がチューブを削り薄くなることで空気漏れ起こしたりパンク起こすのである。これを防ぐために、タイヤ内面タルク粉末タルカムパウダー)を塗りすべりをよくすることもある。空気圧低ければタイヤ変形量が大きくなりチューブの減り早くなるパンク防止には、リム打ちパンクを防ぐという意味でも、タイヤ空気圧適正に保つこと重要であるまた、適正空気圧ほとんどの場合タイヤ横部〇〇PSI、〇BARなどと表示されている。仏式バルブ米式バルブの場合は、この数値参考に一般販売されている空気圧ゲージ付き自転車用空気入れ手軽に適正空気圧まで空気充填加圧できる。シティサイクルママチャリ等に多く採用されている英式バルブの場合は英式から米式変換するアダプター外側米式バルブにすることにより空気圧計測しがら空気を充填出来るようになる現在ではチューブ部分ウレタン素材になっているノーパンクのものも存在する

※この「チューブ」の解説は、「自転車用タイヤ」の解説の一部です。
「チューブ」を含む「自転車用タイヤ」の記事については、「自転車用タイヤ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「チューブ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

チューブ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 01:57 UTC 版)

名詞

  1. 管、筒。
  2. 絵の具軟膏ペースト状のもの等を入れ押し出して使用する管状容器
  3. タイヤ内側入れて空気圧力タイヤ伝えゴムの管。inner tubeの略。
  4. 金属真空管metal tubeの略.
  5. サーフィン)波が砕けようとする時、内側につくり出す中空部分パイプ

語源

英語:tube から。

関連語


「チューブ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



チューブと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

チューブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チューブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
i92i92
Copyright(c)2022 i92surf.com All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチューブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビーストウォーズネオ 超生命体トランスフォーマー (改訂履歴)、鉄1〜電車でバトル!〜 (改訂履歴)、自転車用タイヤ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのチューブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS