鼻腔とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 慣用読み > 鼻腔の意味・解説 

び くう [0] 【鼻腔

「びこう(鼻腔)」の医学での慣用読み

び こう -かう [0] 【鼻腔

鼻の内腔気道始まりをなし、嗅覚つかさどる吸気暖め空気中の異物取り除く働きがある。 〔医学では「びくう」と慣用的に読む〕

骨鼻腔

読み方こつびくう、びくう
別名:鼻腔
【英】:Cavitas nasalis ossea,Bony nasal cavity

骨鼻腔は顔面頭蓋中央位置し、西洋梨状の梨状口前方に開いている。梨状口鼻骨上顎骨とで囲まれる。正中矢状面にある鼻骨中隔によって左右分けられている。骨部腔には上・下内側外側の4壁と、前方後方の2個の交通路がある。上壁は大部分篩骨篩板一部分鼻骨前頭骨蝶形骨よりなる。下壁は上顎骨口蓋突起口蓋骨平板よりなる。内側壁は鼻中隔篩骨垂直板と鋤骨よりなる。口側壁はその構造が複雑で上顎骨体、上顎骨前頭突起口蓋骨垂直板、蝶形骨翼状突起内側板、下鼻甲介篩骨涙骨よりなる。前方交通路は梨状口をもって顔面開口する。後方交通路は上鼻道中鼻道下鼻道の3個の鼻道が合して鼻咽道につづき後鼻孔をもって外頭蓋底開口する。鼻骨腔の後上部蝶形骨体前面上鼻甲介篩骨垂直板との間にある部分蝶篩陥凹といい篩骨垂直板との間にある部分蝶篩陥凹といい蝶形骨洞がここに開口する。下鼻道には涙骨管が開口しているが、鼻液管は上顎骨の涙嚢溝涙骨涙骨鈎下鼻甲介の涙骨突起内側からおおって形成されている。また外側壁の後部口蓋骨垂直板よりなるが、その眼突起蝶形骨突起との間の深い切れ込み蝶口蓋切痕といい、これが蝶形骨体底部と合して蝶口蓋孔形成し、この孔をもって骨鼻腔は翼口蓋窩交通している。

A02100089.jpg (35651 バイト)

A02100093.jpg (62951 バイト)


鼻腔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/06 00:24 UTC 版)

鼻腔(びこう、医学用語:びくう)とは、鼻の穴(鼻孔)の内で、外鼻孔から内鼻孔までの空隙を指す。鼻中隔によって左右の2室に分けられ、呼気の通り道となる。






「鼻腔」の続きの解説一覧



鼻腔と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鼻腔」の関連用語

鼻腔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鼻腔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2019 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鼻腔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS