生化学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 化学 > 生化学の意味・解説 

せい‐かがく〔‐クワガク〕【生化学】


生化学

「生物学用語辞典」の他の用語
学問の分野:  分子系統学  化学  比較ゲノム学  生化学  生物情報科学  疫学  細胞遺伝学

生化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 14:26 UTC 版)

生化学(せいかがく、英語:biochemistry[1])は、生命現象を化学的に研究する[2]生物学または化学の一分野である。生物化学(せいぶつかがく、biological chemistry)とも言う[3][4](若干生化学と生物化学で指す意味や範囲が異なることがある。生物化学は化学の一分野として生体物質を扱う学問を指すことが多い)。生物を成り立たせている物質と、それが合成分解を起こすしくみ、そしてそれぞれが生体システムの中で持つ役割の究明を目的とする[2]


  1. ^ Mu, P., & Plummer, D. T. (2001). Introduction to practical biochemistry. Tata McGraw-Hill Education.
  2. ^ a b c d e 生化学辞典第2版、p.713 【生化学】
  3. ^ 生化学辞典第2版、p.725 【生物化学】
  4. ^ Da Silva, J. F., & Williams, R. J. P. (2001). The biological chemistry of the elements: the inorganic chemistry of life. Oxford University Press.
  5. ^ a b Harborne, J. B. (1993). Introduction to ecological biochemistry. Gulf Professional Publishing.
  6. ^ a b Bonner, J., & Varner, J. E. (Eds.). (2012). Plant biochemistry. Elsevier.
  7. ^ a b Brody, T. (1998). Nutritional biochemistry. Elsevier.
  8. ^ a b Kaneko, J. J., Harvey, J. W., & Bruss, M. L. (Eds.). (2008). Clinical biochemistry of domestic animals. Academic press.
  9. ^ 斉藤正行. (1961). 臨床化学分析. 分析化学, 10(10), 1150-1158.
  10. ^ 医化学入門, 荒谷真平, 阿南功一, 小林茂三郎 (1962) 南山堂.
  11. ^ Arya, D. P. (2007). Aminoglycoside antibiotics: from chemical biology to drug discovery (Vol. 5). John Wiley & Sons.
  12. ^ Ojima, I. (Ed.). (2009). Fluorine in medicinal chemistry and chemical biology. John Wiley & Sons.
  13. ^ タンパク質の科学1 (生化学実験講座 1), 日本生化学会編, 岩永貞昭 (1976) 東京化学同人.
  14. ^ 平松茂樹. (2009). 糖質の化学 (講座: 生命に係わる化学物質・反応). 化学と教育, 57(6), 290-293.
  15. ^ Totani, K. (2010). 化学で拓く糖タンパク質品質管理. Trends in glycoscience and glycotechnology, 22(128), 296-307.
  16. ^ Pietrini, P. (2003). Toward a biochemistry of mind?. American Journal of Psychiatry, 160(11), 1907-1908.
  17. ^ a b Wohler, F. (1828). Ueber kunstliche Bildung des Harnstoffs. Ann. Phys. Chem., 37, 330-333.
  18. ^ Jacob, H. E. (2007). Six thousand years of bread: Its holy and unholy history. Skyhorse Publishing Inc..
  19. ^ Lennartson, A. (2017). The Chemical Works of Carl Wilhelm Scheele. Springer, Cham.
  20. ^ 「はじめて学ぶ科学史」p70 山中康資 共立出版 2014年9月25日初版1刷
  21. ^ Payen, A., & Persoz, J. F. (1833). Memoir on diastase, the principal products of its reactions, and their applications to the industrial arts. Ann. Chim. Phys, 53, 73-92.
  22. ^ 「現代化学史 原子・分子の化学の発展」p132 廣田襄 京都大学学術出版会 2013年10月5日初版第1刷
  23. ^ Cornish-Bawden, A. (Ed.). (1997). New Beer in an Old Bottle. Eduard Buchner and the Growth of Biochemical Knowledge. Universitat de València.
  24. ^ Manchester, K. (1998). Eduard Buchner and the origins of modern biochemistry. South African journal of science, 94(3), 100-102.
  25. ^ 「現代化学史 原子・分子の化学の発展」p128 廣田襄 京都大学学術出版会 2013年10月5日初版第1刷
  26. ^ 「現代化学史 原子・分子の化学の発展」p338 廣田襄 京都大学学術出版会 2013年10月5日初版第1刷
  27. ^ Smith, I. (Ed.). (2013). Chromatography. Elsevier.
  28. ^ Poole, C. F. (2003). The essence of chromatography. Elsevier.
  29. ^ Poole, C. F., & Poole, S. K. (2012). Chromatography today. Elsevier.
  30. ^ 長谷川賢. (1967). 放射性同位体標識化合物の合成. 有機合成化学協会誌, 25(2), 116-126.
  31. ^ 『電子顕微鏡の理論と応用』電子顕微鏡学会、丸善、1959年。
  32. ^ 外村彰、黒田勝広『電子顕微鏡技術』丸善、1989年。ISBN 4621033956
  33. ^ Ruska, E. (1987). The development of the electron microscope and of electron microscopy. Bioscience reports, 7(8), 607-629.
  34. ^ Karplus, M., & Petsko, G. A. (1990). Molecular dynamics simulations in biology. Nature, 347(6294), 631-639.
  35. ^ Karplus, M., & McCammon, J. A. (2002). Molecular dynamics simulations of biomolecules. Nature structural biology, 9(9), 646-652.
  36. ^ 八田秀雄. (2009). 乳酸と運動生理・生化学: エネルギー代謝の仕組み. 市村出版.
  37. ^ Davis, L. (2012). Basic methods in molecular biology. Elsevier.
  38. ^ Karp, G. (2009). Cell and molecular biology: concepts and experiments. John Wiley & Sons.
  39. ^ Carroll, S. B., Grenier, J. K., & Weatherbee, S. D. (2013). From DNA to diversity: molecular genetics and the evolution of animal design. John Wiley & Sons.
  40. ^ Watson, J. D., & Crick, F. H. (1953, January). The structure of DNA. In Cold Spring Harbor symposia on quantitative biology (Vol. 18, pp. 123-131). Cold Spring Harbor Laboratory Press.
  41. ^ Bansal, M. (2003). DNA structure: Revisiting the Watson–Crick. Current Science, 85(11), 557.
  42. ^ Alphey, L. (1997). DNA sequencing: from experimental methods to bioinformatics. BIOS scientific publishers Ltd.
  43. ^ Kress, W. J., & Erickson, D. L. (2008). DNA barcodes: genes, genomics, and bioinformatics. Proceedings of the National Academy of Sciences, 105(8), 2761-2762.
  44. ^ Reeder, J., Höchsmann, M., Rehmsmeier, M., Voss, B., & Giegerich, R. (2006). Beyond Mfold: recent advances in RNA bioinformatics. Journal of biotechnology, 124(1), 41-55.
  45. ^ Backofen, R., Engelhardt, J., Erxleben, A., Fallmann, J., Grüning, B., Ohler, U., ... & Stadler, P. F. (2017). RNA-bioinformatics: tools, services and databases for the analysis of RNA-based regulation. Journal of biotechnology, 261, 76-84.
  46. ^ Wilchek, M., & Miron, T. (1999). Thirty years of affinity chromatography. Reactive and Functional Polymers, 41(1-3), 263-268.
  47. ^ Striegel, A., Yau, W. W., Kirkland, J. J., & Bly, D. D. (2009). Modern size-exclusion liquid chromatography: practice of gel permeation and gel filtration chromatography. John Wiley & Sons.
  48. ^ Voller, A., Bidwell, D. E., & Bartlett, A. (1979). The enzyme linked immunosorbent assay (ELISA). A guide with abstracts of microplate applications. Dynatech Europe, Borough House, Rue du Pre..
  49. ^ Hillenkamp, F., Jaskolla, T. W., & Karas, M. (2014). The MALDI process and method. MALDI MS. A Practical Guide to Instrumentation, Methods, and Applications, 2nd Ed.(Ed.: F. Hillenkamp, J. Peter-Katalinic), Wiley Blackwell, Weinheim, Germany.
  50. ^ Cockell, C. S. (2020). Astrobiology: understanding life in the universe. John Wiley & Sons.
  51. ^ Horneck, G., & Baumstark-Khan, C. (Eds.). (2012). Astrobiology: the quest for the conditions of life. Springer Science & Business Media.
  52. ^ Chyba, C. F., & Hand, K. P. (2005). Astrobiology: the study of the living universe. Annu. Rev. Astron. Astrophys., 43, 31-74.


「生化学」の続きの解説一覧

生化学(生物化学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 19:03 UTC 版)

化学」の記事における「生化学(生物化学)」の解説

生化学または生物化学は、生物生命現象化学的な理論実験手法導入して研究する分野であり生物学化学両方にまたがる領域である。酵素の研究を軸にホルモンなどのタンパク質や糖、核酸脂質などの生体内物質群や、生体のエネルギー獲得輸送および代謝機能などを扱うことが多い。生体高分子を扱うことが多いため高分子化学とも関連する生命現象分子単位研究する分子生物学分子遺伝学含み遺伝子工学などに応用されるまた、組織化学とは細胞など組織中の特定物質分布する状況を、化学反応用いて染色させ判断する技術言い免疫組織化学そのひとつに含まれる衛生化学とは、物質生体及ぼ影響研究する予防薬分野応用に当たる分野である。

※この「生化学(生物化学)」の解説は、「化学」の解説の一部です。
「生化学(生物化学)」を含む「化学」の記事については、「化学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生化学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生化学

出典:『Wiktionary』 (2021/04/13 03:25 UTC 版)

名詞

   (せいかがく)

  1. 生命現象生体物質化学的に研究する学問、またはそのような方法論

発音(?)

せいかがく
IPA: /??/
X-SAMPA/??/

翻訳

関連語


「生化学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生化学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生化学」の関連用語

生化学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生化学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生化学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの化学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生化学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS