逆遺伝学とは?

逆遺伝学

英訳・(英)同義/類義語:reverse genetics, DNA cloning; Genetic engineering

遺伝子構造から、機能形質解明することを目指し研究手法組換えDNA技術ゲノム研究進展で可能になった。
「生物学用語辞典」の他の用語
実験方法装置単位など:  追試  逆翻訳  逆転写PCR法  逆遺伝学  連鎖地図  連鎖解析  過マンガン酸塩滴定

逆遺伝学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/26 01:30 UTC 版)

逆遺伝学(ぎゃくいでんがく、: reverse genetics)とは、着目した遺伝子の発現を抑制あるいは亢進することによって起こる表現型の変化を調べ、その遺伝子の機能解析しようとする研究手法である。従来の遺伝学と全く逆の手順を踏んでいることから、「逆」遺伝学と呼ばれる。ただし、ウイルス学の分野においては、合成したウイルス核酸を使って、完全なウイルス粒子を人工的に作り出すことも reverse genetics と呼び、この場合の方法論は、他の生物のものとは異なる。






「逆遺伝学」の続きの解説一覧



逆遺伝学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「逆遺伝学」の関連用語

逆遺伝学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



逆遺伝学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの逆遺伝学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS